カードローン審査のスコアリングと属性とは ? 

皆さんはローンの審査というと、時間が掛かるというイメージを持たれていませんか ?

たしかに金融業者で事業資金を借りる場合、審査に時間が掛かるし、時には資金を得るのに申込みから1ケ月も2ケ月も掛かることもあります。

しかしカードローンの場合はさすがにそこまで掛かりません。早い場合は申込みしたその日のうちに、審査が受けられてお金を借りることもできるし、遅くても数日から1週間程度で借入できます。

なぜだか分かりますか ?
それは審査にスコアリングを取り入れているからです。

スコアリングでは、金融業者が申込者から入手した個人情報(属性ともいいます)を元に、信用判定を行い審査結果を出します。

そこでこの記事では、そのスコアリングに焦点を当てて、そもそもスコアリングとは何か、なぜスコアリングでは審査が早くなるのか、スコアリングでは何が重視されているのか、スコアリングを良くするためには申込者は何に気を付けたらいいのかなど、読者の疑問に沿ってしっかり解説します。

※カードローンのみならず、クレジットカードや各種銀行ローンでもスコアリング方式で審査をおこなっています。

この記事の目次☞

カードローン審査とスコアリング

カードローンの審査にスコアリングという手続きは欠かせません。またスコアリングの基礎になるのが申込者の個人情報、いわゆる属性です。

そこでこの章では、そもそもスコアリングとは何か、属性とは何かについてしっかり学んでいきましょう。

属性とは何か ?

属性とは、個人に関係したさまざまな情報のことをいいます。

具体的には、その本人が現在何歳で、どのような仕事に就いて収入はどれくらい、住んでいる自宅は持ち家か賃貸か、家族はいるのか、などの個人情報のことです。

カードローンの審査では、申込者のこの個人情報を知ることが最初の重要な一歩になります。

スコアリングとは属性を点数化して評価を加えたもの

属性と言っても、人にはそれぞれ個性があるように、属性もまたバラバラです。

そのバラバラな属性を、申込者の返済能力を図ることを目的に、一定の基準に沿って比較することで、カードローンの審査に応用した手法がスコアリングです。

属性そのものは、人により大きなばらつきがあるので、そのまま単純に比較することはできません。しかしそれを、金融業者の顧客データに基づき属性ごとにグループ化し、さらにグループごとに点数をつけて評価を行えば、誰でも比較ができるようになります。

たとえば、本人年収が400万円だったと仮定します。
一方、収入という属性を5区分に分けてそれぞれに評価の点数を割り振り

  • 200万円以下…2点
  • 200万円以上350万円未満…4点
  • 350万円以上500万円未満…6点
  • 500万円以上700万円未満…8点
  • 700万円以上…10点

とすると、この申込者の場合、年収という属性の評価は6点になります。

この作業をすると本人が、年入において全体の中でどのレベルにあるか、一目瞭然になるので評価ができるという仕組みです。

またこれを全ての属性においてスコアリングを行い、その合計点で金融業者の審査の合格基準と比較して信用判定を行ないます。

これがスコアリングという仕組みの基本的な考えです。

スコアリングの属性及び評価は金融業者で異なっている

もちろん金融業者によって、スコアリングの判定に使う属性項目は違っているし、各属性に対する点数のウェイトも異なっています。

単純に言えば、その金融業者がどの属性を重要視しているかで、審査での結果も変わってくるとも言えるでしょう。

ただしそのスコアリングの内容そのものが、金融業者から公表されていないので、われわれ申込者としては、カードローン申込書の内容や担当者から聞かれる質問から、その金融業者は審査で何を重視しているか、おおよそ判断するしか方法はありません。

スコアリングは個人ローンでは昔から使われていた判定方法

筆者はじつは元地方銀行の行員です。そのため実際に多くの個人ローン審査の体験があり、その手続きの中でスコアリングもやっています。

このスコアリングは、決して最近の新しい審査手法でなく、昔から住宅ローン、マイカーローンやカードローン等を審査する時の伝統的方法でした。

ただ現在のスコアリングとの違いは、かつては書類ベースで行員による人的対応で行われていたスコアリングが、スコアリング専用の機械による自動審査に変わったという点です。

さらにネットとパソコン・スマホ等の発達で、金融業者において、膨大な個人データが大量に効率よく扱えるようになってきたので、それに合わせてスコアリングの精度も極めて高くなってきました。

そのため、昔は金融機関内で担当者の経験と勘でやっていた信用判定が、現在はより客観的な数値に基づく自動判定になっており、審査結果にもばらつきがなくなっています。

逆に言えば、属性について、事前にしっかりした対策さえ取っておけば、申込者が審査で落ちるという確率も減らすことができるようになったとも言えます。

スコアリングで審査が早くなる理由

現在のカードローン審査では、スコアリングは全て機械による自動審査です。

そのため審査結果が出るのが極めて早くなっており、かつての人による書類ベースの審査とは比べ物になりません。

申込者がネットから、金融業者の公式サイトにアクセスして申込を行うと、申込書画面で入力された個人情報はそのままスコアリング判定に回される仕組みになっています。

そのため早い人なら、申込みして30分以内で審査結果が分かる時代です。昔なら考えられないような状況が今のカードローン審査には起こっているのです。

スコアリングは審査のどのタイミングで行われる ?

スコアリングが審査のどのタイミングで行われているかというと、仮に申込者がネット申込した場合、その入力された個人情報(属性)が同時にスコアリングに反映されるので、まさに申込みと同じタイミングといえるでしょう。

さらにスコアリング結果が良くて、金融業者の決めた基準を超えた場合、即日で利用限度額や適用金利も出てきます。だからこそ、大手消費者金融業者のように、「最短30分で審査回答」という対応ができるようになってきたのです。

ただし銀行カードローンの場合は、同じようにネット申込みしても、最近はすぐに審査結果が得られなくなりました。

理由は信用情報のチェックで、銀行が申込者情報を預金保険機構経由で、警察庁に問い合わせる手続きが増えたためで、その結果、審査結果が得られるのは、早くて1~3日後※となったからです。

しかしスコアリングが行われるタイミングは、依然として、銀行も消費者金融も全く同じで、審査の初期段階である点は変わりありません。

※申込者の個人情報が警察庁のデータベース照会に掛かった場合、さらに追加の調査が必要で、最長で2週間掛かるようになりました。

各属性の重要度と注意しておきたいこと

それでは次に、スコアリングの基礎となる属性についてより詳しくみていきましょう。

スコアリングに使う属性項目については、多少金融業者によって異なりますが、おおむねよく似たもので構成されています。

ただしそれぞれの属性を、どれぐらい重視して審査するかについては、金融業者によって幅があります。当然重視する属性については、他の属性より配点が高くなっています。

それでは代表的な属性について、ひとつずつ、重要なポイントや注意しておきたい点を解説します。

申込時年齢は金融業者の基準を満たしておくこと

カードローンの申込みでは、申込時年齢を満たしていないと借りることができません。

多くの業者では、申込時年齢は満20歳以上であること、そして最終年齢は、金融業者によってばらつきはあるが65歳前後が多いです。

もちろん申込みは、どちらかというと若いほど有利で、満60歳を超えてからの申込みはかなり不利になり、仮に高齢で審査が通っても、カードローン限度額は10万円~30万円など、かなり小さくなります。年齢のスコアリング配点も上記の方針に沿って割り振られています。

職業・雇用の形・勤務先のポイントは安定性

職業・雇用の形で言えば、正社員か、パート・アルバイト等かに分かれますが、当然正規雇用が非正規雇用より属性評価が高くなります。

なぜなら非正規雇用者(パート、アルバイト、契約社員、派遣社員)はいつ首を切られるか分からないリスクがあるからです。

また勤務先では、公務員を筆頭に、上場企業の従業員、中小企業の従業員、自営業者・契約派遣社員、パート・アルバイトの順に属性評価が低くなります。

特に自営業者は、現在の収入が高くても属性評価は低く、理由は

  1. 収入に上下の波があり安定性に欠ける
  2. 自営業なので個人向けカードローンの資金を営業資金に回されるリスクがある

などがあり、これは同じ理由で中小企業経営者も属性評価が低くなっています。

さらに専業主婦(主夫)は年収がゼロなので、最も評価が低く、そもそもカードローンの受付をしてくれない業者がほとんどです。

ただし一部の銀行カードローンでは、今でも公式サイトで、専業主婦(主夫)もカードローンを借れる表示をしている金融機関もあるので、全てではありません。

※専業主婦(主夫)に対する最高限度額はおよそ50万円となっており、専業主婦(主夫)の配偶者に安定した収入がある場合に限ります。

勤務年数は長く勤めているほど有利

勤務年数の場合、申込み時点で、勤務開始から3年~5年経っていれば特に問題ありません。

逆に勤務年数が勤めてから1年以内は要注意で、スコアリングではかなり評価が低く、これは正社員でも同じです。ただし新入社員は勤務年数が短いのは当然なので対象から除かれます。

また転職して1年以内でも、「前職と現在の仕事が同じ」場合とか、「転職の目的が、以前より給料を上げることで、実際それを実現している」場合などはほとんどデメリットになりません。

一方で自己都合による転職はダメで、特に何度も転職を繰り返していたらかなり評価が落ちます。

もし申込者がそのようなケースなら、少しでも属性を良くするため、当面の間、勤続年数を増やすことに専念し、申込みのタイミングを先に延ばした方がいいと思います。

年収は高い・収入の形は固定給が有利

年収に関しては、もちろん年収が高いほうが一般的に有利ですが、その取扱いは金融業者で異なります。

銀行の場合、当然年収が高いほうがスコアリングで有利ですが、消費者金融では収入の安定性を重視しているため、必ずしも収入の高さにこだわらない傾向が強いです。

なにより消費者金融は、総量規制で「本人年収の3分の1を超えて貸付けできない」制限を受けているので、本人の収入が高くてもそれほど意味がない点もあります。もちろん収入が高ければ、それだけ返済余力が高い場合が多く、良いことに違いはありません。

収入の形としては、固定給と歩合給があり、会社員の給与などは固定給で安定性が高く、属性評価では有利です。一方歩合給は、収入の安定性に欠け、カードローンの属性としては不利になります。

歩合給の対象者としては、たとえば住宅販売の営業マン、請負で働くトラックの運転手、プロスポーツ選手や芸能人、水商売関係者などがあります。

年収に対するローンの返済比率は重要な属性

あらゆる属性の中で、年収に対するローンの返済比率は最も重要な属性のひとつです。

収入の高さだけの比較では正確に返済能力を図れないので、あわせてローン返済額の本人年収に対する比率、「返済比率」を評価することで、スコアリングでのバランスを取ります。

なおこの場合、ローンの合計には、住宅ローン、教育ローン、他行のカードローンや今回申込みのカードローンも含まれて計算されます。もちろん返済比率が低いほど属性評価では点数が高いです。

居住の形・居住年数・家族構成は個別判断

居住の形としては、一般的に賃貸より持ち家が有利ですし、かつ持ち家に住宅ローンがなければ負債が少ないので、さらに高く評価されます。

持ち家の評価が高い理由は、申込者に持ち家があれば、返済が遅れても金融業者から連絡が取りやすく、さらに夜逃げなどされにくいからです。

賃貸の場合は、簡単に行方が分からなくなり、連絡不能となる可能性が高いので、どうしても評価が下がります。

居住年数は持ち家・賃貸に関わらず、長いほど有利ですが、あまり短いと評価が下がります。特に賃貸で1年未満だと、審査に影響が強く出る可能性あり、場合によってはその理由を金融業者から聞かれることもあります。

家族構成は一人暮らし・独身より、家族持ちが一般的に有利です。もちろん生活者として安定性からの評価です。ただし場合によって属性項目の中に、本人年収を家族数で割って評価する項目が入っている場合があります。

私が勤務していた銀行が、まさにこの属性をスコアリング項目に入れていました。この場合、本人年収に比べて家族数が多いと、この比率が悪くなって評価が低くなり、スコアリングで不利になります。

この比率は、年収に対する返済比率のようなもので、仮に一人暮らしで評価が低くなっても、本人の年収が高ければ、この比率で評価をカバーできます。

またもし同居している配偶者に収入があれば、合算できる収入として属性で評価する金融業者もいますが、本来配偶者は申込者と別人格なので、評価しない業者もおりその取扱いは定まっていません。

賃貸の家賃負担額は住宅ローン返済額と同じ扱い

申込者に住宅ローンがあった場合、その返済額は返済比率の計算に組み込まれて評価されます。

しかし本人が賃貸に住んでいた場合、その家賃は住宅ローンの返済と同様、毎月の定期収入から出ていくものなので、家賃負担分は住宅ローン返済額と同じものとみなされ、返済比率を出すときに、家賃負担額も計算に組み込まれて評価されます。

電話・保険の種類についての注意点とは ?

元銀行員としての経験から説明すると、電話種類と保険種類の二つの属性については、スコアリングの評価項目から除かれて計算されている可能性が高いです。

もちろん個々の取扱いについては、金融業者によって異なるので断言するのは避けますが、筆者が銀行員の時、この二つの属性は、住宅ローンほか、全ての個人ローンのスコアリング計算シートには入っていませんでした。もちろんカードローンのスコアリングでも同じです。

しかし他のネット上のサイトを見ると、スコアリングの説明で、「固定電話が携帯電話より評価が高い」とか「国民健康保険が他の3保険(共済組合、組合保険、社会保険)より評価が低い」のような解説をたまに見かけますが、私はこれらの説明は読者を混乱させるだけのものと考えています。

そこで、以下でこの点につき、筆者が体験した事実に基づき解説するので、他サイトの説明をそのままうのみにされないよう注意して下さい。

電話は金融業者が本人に連絡が付けばOK

過去には固定電話か携帯電話はどちらが有利という議論がありましたが、今はだれでも携帯電話を持っている時代であり、かつ節約の観点から固定電話を自宅に引かない人も増えているので、金融業者としても電話の種類をあまり重視していません。

せいぜい携帯電話でもいいので、肝心な時に本人に連絡が付けばいいという立場です。

ただし本人の携帯電話に加えて、申込書に固定電話の記入があれば、それだけ支払いに余裕がある証拠でもあり、また連絡も付きやすいので金融業者の持つ印象は良いと思います。

健康保険の種類確認はあくまで勤務先のチェック

保険の種類は、職業に応じて共済組合、組合保険、社会保険、国民健康保険の4種類があります。

過去には前者3保険に比べて国民健康保険は属性で不利という意見もありましたが、今は国民健康保険該当者でカードローン利用者はいくらでもいるし、お金持ちで国民健康保険利用者もいることから、この議論自体、ほとんど意味がないと考えています。

繰り返しますが、元銀行員の筆者の経験でも、上記電話種類とこの保険種類がスコアリングの項目に入っていた記憶はないし、さらに記事執筆前に、これについて現役の知人行員にも電話してその事実を確認しています。

仮に金融業者が保険の種類を確認するとしたら、その見る目的は、勤務先について電話で在籍確認する以外に、この保険種類で補足的に確認する以外にはないと考えています。

スコアリングと属性で、申込み、その後の対応において気を付けたいこと

カードローン申込みやその後の対応で、スコアリングの結果を良くするために、申込者ができる対応についていくつか注意点を取り上げます。

申込者が最低限できることとして、これらのことはぜひ覚えておいて下さい。

申込書に年収や勤続年数でウソを書かない

当たり前のことですが、スコアリングの結果を良くするために、または見栄を張って、申込書に年収や勤続年数等でウソを申告してはいけません。

もちろん他行で借りているローン等の件数や残高について記入しないのもダメです。これらは絶対やってはいけないことです。

金融業者は審査の過程で、業者の持つ顧客の膨大な取引データを参考に、申込者の申告内容の矛盾を突いてきます。

もちろん他行取引も、加盟している信用情報機関に信用照会すればすぐに内容が分かるので、本人が申告していなくて分かってしまいます。

他の重要度の低い属性で軽いごまかし程度なら言い逃れもできますが、肝心の年収や他行借入等で未申告やウソが混じっていると、他でいくら属性が良くても、ウソが判明した時点ですでに業者の信用を失っているので、後でいくら取り繕うとしても全てアウトです。

当然審査で落とされますし、以後も当面の間、どんなローンも受付さえしてくれません。くれぐれもウソをつくことだけはやめましょう。

審査担当者・電話オペレーター等への対応はきちんとする

カードローンの申込み方法は、ネットや、電話、郵送、店舗窓口など色々ありますが、特に窓口の審査担当者・電話オペレーターなど、直接人を介して申込みする場合、申込者の態度がとても大事です。

担当者やオペレーターへの印象を悪くすると、審査の結果に悪く影響する可能性があります。

もちろん審査の最終決定権は、この窓口担当者やオペレーターにはありません。しかし最初に全ての審査書類を作成するのは彼らなので、もし申込者のまずい対応で彼らへの印象を悪くしてしまうと、上司への意見欄に余計なコメントを書かれてしまうかもしれません。

申込時には、変にへりくだった対応をする必要もありませんが、最低限言葉使いに注意して、ていねいに淡々と応対し、せめて相手に悪い印象だけは与えないよう気を付けて下さい。

申込み後、本人確認の電話があった時はすぐに出る

ネット等で申込み後、折り返し審査担当者から確認の電話が入ることがあります。目的は申込み内容の再確認です。

もしその電話番号が知らない番号や非通知の番号であったとしても、すぐに電話に出ることをおすすめします。金融業者からの電話である可能性が極めて高いからです。

電話があったということは、既にスコアリングが終わって結果も出て、審査担当者がその前提でさらに申込内容について電話で確認しようとしている可能性が高いです。あるいは電話で本人の借入の意思を確認する目的もあるかもしれません。

しかし知らない番号だからと電話に出ず、無視し続けていると、無視した回数にもよりますが、せっかくスコアリングで通過していたにもかかわらず、その態度で申込みが却下されてしまうこともあります。

そんなつまらないことで審査に落ちるのは情けないことですね。掛かってきた電話には必ずすぐに応対するよう十分心がけておいて下さい。

申込フォームの記入はていねい、かつ正確に

前に述べた審査担当者への対応と同じく、申込みが郵送や店舗窓口で申込書を記入する場合でも、申込書にはていねいかつ正確に記入する癖をつけておいて下さい。もちろん誤字脱字は審査ではマイナス要素になるので最終チェックは入念にお願いします。

さらにこれがネット申込みの場合も基本は同じで、本来入力しなければならない箇所も雑に入力したために、審査で落とされることもあります。

とくにネット経由で受けるスコアリングは、機械による自動審査なので、審査担当者対応のような人間的な配慮は期待できません。

申込者による雑な申込書への入力はそのまま、本人に悪い結果として跳ね返ってきます。それだけに時間を掛けてでも、ネットの申込みでは、しっかりと必要な項目は全て詳細に入力することを心掛けて下さい。

AI活用で画期的なスコアリング審査を実現したJ.Score

最近のスコアリングに関する新しい話題として、J.Score(ジェイスコア)があります。

J.Score(ジェイスコア)とは、みずほ銀行とソフトバンクが連携して作った新しい消費者金融会社で、その特徴はAI(人工知能)をカードローン審査のスコアリングに活用したところにあります。

いわばAI(人工知能)とFINANCE(資金調達)の融合で、まさにFintech(金融と技術の造語)の世界そのものです。

みずほ銀行はこれまで3大メガバンクの中で唯一、傘下に大手消費者金融を持っていなかったため、今回のAIによる新しい試みは、金融業界に新しい流れを作るものとして関係先から大きく注目されています。

従来のカードローン審査では、「現時点」の申込者の勤務先や年収、その他の属性をスコアリングで判定して、融資限度額、金利等を決定する方式でしたが、J.Score(ジェイスコア)のAIによるスコアリング審査では、診断する属性の数や入力項目を増やし、「本人の将来の価値まで含めて」AIが与信判断します。

J.Scoreの申込みフォームを見ればよく分かりますが、これまでの審査では考慮されなかった個人情報(150問以上の質問あり)も含めて、属性を入力すればするほど、どんどん審査の精度が上がって、スコアリングで高得点に結びつくように設計されています。

ただし今のところ、AIによるスコアリング結果のみで全てが決まるのでなく、スコアリングの結果を元に、最後の判断は利用限度額、金利も含めて、J.Score審査スタッフが行うルールになっています。

将来的に全ての審査業務が自動化されるかどうかは、AIがどの程度判断能力を持つかにもかかっていますが、大変興味深いチャレンジであることには間違いありません。引き続き関心を持ってJ.Scoreの動きを見ていきたいと考えています。

信用情報照会はスアリングと共に審査の両輪

カードローン審査はもちろん、スコアリングの結果だけで決まるものではありません。金融業者による信用情報機関に対する信用情報の照会も大きな審査の手続です。いわば、信用情報照会はスアリングと共に審査の両輪ともいえます。

そのため、いくらスコアリングの結果が良くても、信用情報照会の結果が悪い場合、審査で落ちることはあります。そこでその点について、もう少し詳しく解説していきましょう。

審査での重要度は、信用情報の照会結果がスコアリングの結果より上

スコアリングの結果は、あくまで「審査を通過するかどうか」より、むしろ「カードローンの極度額をどの程度にするか」という要素が強く、そのため、年収の高さや返済比率が属性で重要視される傾向があります。

しかしスコアリング結果が、仮にカードローンの審査基準を超えていても、信用情報の結果がダメなら審査に通りません。

なぜなら信用情報照会の結果、申込者の過去のローンやクレジットの返済状況、借金の対応、他社の借入の現在の状態が分かるので、もしそれに問題点があれば、仮に今回、金融業者が新たにカードローンを組んだとしても、また本人が金融事故を引き起こす可能性が高いからです。

金融業者としても、わざわざ、そのような貸出リスクの高い人まで顧客に取り込む親切な会社はありませんよね。当然審査で落とすことになります。

つまり結論としては、信用情報がカードローン審査の最終結果に最も大きく影響を与えるのであり、スコアリングの結果はあくまで審査の手続きのプロセスに過ぎません。

そういう意味で、カードローン申込者には、くれぐれも各種信用取引で自分の個人情報を傷つけないという強い決意が求められています。

スコアリングと属性についてまとめ

カードローン審査のスコアリングと属性について、色々な視点から解説を行いました。

各人の属性についても、解説の中で触れたように、属性を良くするため、すぐに対応ができるものと、一定の時間が掛かるものがあります。

たとえば勤務年数のような属性は、同じ職場で長期間、地道に働くことからしか評価は上がりません。同じ職場で、パート・アルバイトの地位から正社員に登用されるのも、その会社への貢献度や勤務年数が深く関係してきます。それだけに属性を上げるためには、忍耐と努力、時間が必要なものが多くあります。

一方で、最後の章で解説した信用情報のように、返済での遅延滞納など、ちょっとした油断で簡単に個人情報に傷をつけて、永久に回復できないか、回復に長い時間を要するものもあります。

カードローンを申込予定の人は、そのような点をしっかり理解して、日頃から自分の属性の向上を心掛けるとともに、ローンやクレジット等の返済をきちんと管理してもらいたいと考えています。

NEXTカードローン審査における信用情報の重要性とその影響とは ?

2018年2月12日