カードローンの審査に通る方法!通りやすい理由を解説

カードローンを手にするためにはまず所定の審査に通る必要があります。ではカードローンの審査って簡単に通ることができるのでしょうか?

もちろん人によって結論は違います。ある方にとってカードローン審査は通るのが簡単だし、また別の方はいくら準備や対策をしても審査に通るのが難しい。

いや、それどころか、審査を受けても一発で落ちる方もいれば、カードローン会社に受付で門前払いされてしまう方もいます。

一体この対応の差というのはどこからくるのでしょう?

またカードローンの審査に通りやすい人の特徴ってどんなものなのでしょうか?

このページでは、カードローンの審査に通る方法や審査に通りやすい人の特徴を分かりやすく詳しく解説しています。

カードローン審査に不安を抱いている方、審査に落ちたくない方は、カードローン審査に通るためぜひ読んで活用してください。

カードローンの審査を通るには?

カードローンの審査に通るための万能な方法はありません。

なぜならカードローン会社によって審査手法も審査基準も違っているし、審査を受ける側も年齢や職業、収入など属性もバラバラです。

審査に必要なそれらの要素をまとめて、簡単にカードローンの審査に通る方法などは存在しません。

しかし個人向けカードローンは定型商品です。万人向けに必要なスキルとして車の運転技術とそれを証明するため運転免許試験がありますが、カードローン審査もそれによく似ています。

運転者として必要な知識と運転技能が一定レベルに達すれば、誰でも運転免許証がもらえて公道で車が運転できるように、定型商品であるカードローンも、本人の信用力、返済能力がカードローン会社の基準を満たしていると認められれば、誰でもカードローンを借りられて利用することができます。

この章では、まずはカードローンの審査に通る方法をさまざまな視点から詳しく解説し、次の章ではカードローン審査に通りやすい人の特徴を紹介します。

ひとつの項目を満たしても他の項目が著しく劣っていれば、もちろんカードローンの審査に落ちることもあります。

必要なことはすべての審査に関する項目を業者の審査基準に沿ってまんべんなく満たし、カードローン審査に通りやすくすることです。そのような視点からこの記事を読み進めてください。

カードローンの審査に通る方法

この章では、カードローンの審査に通る方法を以下の7点から解説しています。

  • 記入ミスの防止
  • 必要書類の迅速対応
  • 質問に対する明確な回答
  • 限度額を低くして申込み
  • 総借入額をコントロール
  • カードローン契約件数の制限
  • 返済遅延対策

カードローン申込時の入力ミスを減らす

カードローンの審査に通るために、最善の注意を払って申込フォームに必要事項を入力し、ミスをできるだけ少なくしましょう。

カードローンの審査では、最初の仮審査においてスコアリングで自動判定しますが、入力された内容が不十分、不正確だと申込者の信用力・返済能力を正確に判定することができません。

審査結果も申込者に良くない結果で判定されることが多くなります。仮審査通過を期待する申込者にとってそれは決して望ましいことではないですよね。

さらに本審査では、審査担当者が目視で申込内容を再チェックすることが多く、その際に入力された内容が、与信判断に必要な箇所が十分に満たされていない、肝心な箇所が抜けている、記入ミスが多すぎて判断できないとなると、担当者の申込者の対する印象は極めて悪くなります。

また、担当者が内容是正のため申込者に内容を問い合わせるなど、余計に時間と労力をかけてしまいます。

申込者が最初に注意を払ってきちんと正確に事実を入力しておけばこのような無駄は省けます。二度手間とならないよう、カードローンの申し込みではきちんとした入力を心がけましょう。

カードローン会社からの書類提出要請に迅速に対応する

カードローンの審査に通る方法の2番目は、カードローン会社からの書類提出依頼に迅速に対応することです。

個人向けカードローンの審査で必要な書類は、サラリーマンだと本人確認書類と所得証明書です。

しかし、申込者が会社経営者や自営業者になると、さらに必要書類が増えて決算書や確定申告書、納税証明書等まで提出しなければなりません。

審査担当者も常に多くの案件を抱えているので、申込者から迅速に書類が送られてくれば、その審査案件を優先的に早く処理し、一方、いくら要請してもなかなか書類が送られてこなければ、そちらの案件は後回しにします。

しかも業者によっては、書類の提出に一定の期限を設けている先もあり、期限までに申込者から必要書類が送られてこないと、申込み自体がキャンセルされることもあります。

このように、カードローン会社から書類提出を依頼されて、必要書類の提出を遅らすことで申込者が受けるメリットはひとつもありません。

ローン会社に依頼されたらできるだけ迅速に必要な書類を送る、これだけでもカードローン審査に通る可能性が上がります。

書類提出では迅速な対応を心がけましょう。

審査担当者の質問に矛盾なくスラスラ答える

カードローンの審査に通る方法の3番目は、審査担当者の質問に対して矛盾なく答えることです。

個人向けカードローンは無担保扱いの信用商品なので、審査担当者に申込者の信用を疑われたらその審査は間違いなくアウトです。

カードローンの本審査では、担当者が申込者に電話をかけて申込内容を確認することがよく行われます。

その際、担当者の質問に対して、申込者が答えることを変に躊躇(ちゅうちょ)したり、事前申告した内容と矛盾したことを答えてしまったりすると、「申告内容に嘘が混じっているのではないか?」と担当者に疑われてしまいます。こういう時は審査担当者の質問に矛盾なくスラスラと答えることが肝心です。

そのためには、最初の申込みで事実を正確に申告すること、そして担当者からの確認に備えて資料を手元に置いて準備を十分にしておくことが必要です。

そうすれば突然の電話に対しても対応もスムーズで担当者からの信用も得られてカードローンの審査に通る可能性が上がります。

借入希望額をかなり低くして審査を受ける

カードローンの審査に通る方法の4番目は、借入希望限度額を低くして審査を受けることです。

あなたは「とにかくカードローンをまずは手に入れたい」派ですか、それとも、「最初から大きなカードローン限度額を手に入れて利用したい」派ですか?

「カードローンをまずは手に入れたい」派なら、当初の希望額をできるだけ低く(例えば10万円)申込みして審査通過を図ってください。

もし年収が利用限度額に対して十分返済余力があれば、カードローン会社にとっても貸出リスクが下がるので審査を通しやすくなります。

カードローンには増額審査もあるので、まずはカードローンを確実に手に入れて、その後で利用実績を作ってから増額審査で最終的に必要な限度額のカードローンを手にするという方法も使えます。

急がば廻れです。戦略的にカードローンの審査を通るようにしてください。

総量規制を超える借入れをしない(銀行、消費者金融共通)

カードローンの審査に通る方法の5番目は、総量規制を超える借入れをしないことです。

貸金業法における総量規制は、消費者金融等の貸金業者に本人年収の3分の1を超える貸出をすることを禁じています。

そのため、消費者金融でカードローンを申込みしても、その時点で総量規制に触れる借入れがあれば、審査落ちすることになります。

また銀行カードローンも同様で、2018年以降自主規制が進んでおり、今では多くの銀行で本人年収の3分の1を超える貸出をしなくなっています。

それだけにカードローンの審査では、審査落ちを避けるために、事前に「今、自分にどれぐらい債務があるのか、総量規制に触れていないか」きちんと確認しておくことが大切です。

カードローンの契約数を少なくしておく

カードローンの審査に通る方法の6番目は、カードローン(含むクレジットカード)の契約数を少なくしておくことです。

カードローン会社にとって、審査時に他社の債務件数が少なければ少ないほど、カードローン審査を通しやすいです。

他社契約数が多すぎると、それだけで多重債務者と判断せざるを得ない上に、カードローンは極度額方式なので他社が勝手に増額でもしてしまうと、さらに申込者の与信管理が難しくなります。

それだけに、カードローンの審査に確実に通るためには、他社の契約数は多くても2社以内に留めておくほうがいいでしょう。

また多くの方が利用しているクレジットカードにも、ショッピング枠に付属でキャッシング枠が付いているので、審査に厳格なカードローン会社ではこれも契約数にカウントします。もちろんカードローンの審査にも悪く影響してきます。

カードローンの審査に通るためにも日頃から他社の契約数に配慮し、できるだけ不必要な契約はしないようにしましょう。

返済遅延をしない、または遅延回数を2回以内に留める

カードローンの審査に通る方法の7番目は、カードローンや他の返済で絶対に返済遅延をしないことです。

また、うっかりミスや止むに止まれぬ事情で返済遅延を起こしたとしても、返済遅延回数をトータルで2回以内までに留めるようにしてください。

返済遅延は、長期の返済滞納と共に、カードローン会社が最も嫌う出来事のひとつです。返済遅延を起こしたら、それは起こした本人の信用低下に直結します。

返済遅延の取り扱いに関しては、銀行に比べて消費者金融がややおおらかですが、それでも連続して3回も返済遅延を起こしていてはカードローンの審査に通らなくなります。

銀行カードローンだと、信用情報機関に問い合わせて返済遅延の登録が2回あれば、ほぼ審査に通らないほど厳格です。

カードローンや他の商品・サービスの利用で返済を始めたら、期日を守ってしっかり返済し、返済遅延を絶対に起こさないようにしてください。

カードローンの審査に通りやすい人の特徴

「カードローンの審査に通る方法」に続けてこの章では、「カードローンの審査に通りやすい人の特徴」について紹介します。

もちろん個々の項目を満たしたからといってすぐに審査に通るわけではありません。

しかし、以下の特徴を持つ人は、すでに他者よりカードローン審査に通りやすい人であることは間違いなく、あとの必要なことは、カードローン審査において自分の弱点は何か、それをきちんと知ることです。

そこで弱点を補強することで総合的な信用力が上がり、審査通過の可能性が上がってきます。

勤務先が安定している方、または勤続年数が長い

勤務先が安定している方、または勤続年数が長い方はカードローンの審査に通りやすい人です。

業歴や知名度もあり安定した勤務先に勤めている人は、勤務態度が誠実で勤勉である限り、引き続きその職場で勤められる可能性が高く、その結果、勤続年数も長くなります。

ひいては、カードローン審査で最も重視されている「安定継続した収入」を確保できるため、審査に通りやすくなります。

逆に転職を繰り返しているとか、勤続年数の短い人は、カードローン会社からの信用も低く、いつまで経っても審査落ちを繰り返す傾向が強いです。

安定継続した収入がある

安定継続した収入がある方はカードローンの審査に通りやすい人です。

安定継続した収入とは、正規・非正規雇用者関係なく、またサラリーマンや自営業者関係なく、毎月1回の頻度で安定して収入が入ってくる状態をいいます。

歩合給や日給のように、または1回当たりの金額は大きくても、明らかに入ってくる収入が不安定な職業に就いている方はカードローン会社が「安定した収入がある人」と認めてくれません。

このような収入形態の人がカードローンを申込みしても審査では落ちやすいです。

カードローン審査を受けるなら、まずは安定した仕事に就いて安定した収入の確保を目指しましょう。

勤務先での身分が非正規雇用から正規雇用に変わった

最近、勤務先での身分が非正規雇用(パート・アルバイト)から正規雇用(正社員)に変わった方はカードローンの審査に通りやすい人です。

職場での身分が上がると、労働者として安定性が増すので収入が増えますし、健康保険も国民健康保険から社会保険に切り替わります。(入社時点から社会保険の適用者除く)

これらの属性の変化はすべてカードローンの審査にはプラス要因です。勤務先での身分が非正規雇用から正規雇用に変わった方は、間違いなく、カードローンの審査が通りやすくなります。

自己所有または家族所有の自宅がある

自己所有または家族所有の自宅がある方はカードローンの審査に通りやすい人です。

現在住んでいる自宅が申込者本人の所有か、または家族所有の物件だった場合、不動産を所有しているという理由でカードローン会社の評価も上がりやすく審査にもプラスです。

また賃貸物件に暮らしている方と比べて、自己所有物件に住んでいる方は居住年数が長いケースが多く、これもまた信用面ではプラス要因となります。

一方、賃貸物件に暮らしている方は、いざ支払不能な状態になったときでも簡単に逃げられるので、カードローン会社にとって賃貸物件の利用者は貸出リスクが高いのです。

いったん債務者に逃げられて行方不明になられると、探すことも困難になるので、債務が焦げ付くリスクも高く割が合いません。

その点、長く自己所有物件に住んでいる方は、仮に返済が厳しくなってきても、簡単に自宅を捨てて逃げるわけにもいかず、事態が悪化する前には返済額の軽減も含めて貸金業者に相談してきます。

その点からも、自宅が自己所有の方はカードローン会社に取って安心して貸出できる対象なのです。

同居の家族があり、共働き夫婦の方

同居の家族があり共働き夫婦の方はカードローンの審査に通りやすい人です。

妻や子ども等、同居家族のあるカードローン申込者は、独身者に比べて移動の自由も少なく、また家族を支える気持ちも強いので、借入れしても絶対に返済しようとする責任感もあります。

さらに配偶者も働いて収入を得ている共働き夫婦なら、その分だけ可処分所得も高くなり、カードローンの返済に回せる資金の余力もあります。

カードローン会社も審査においては独身より、家族持ち、さらに共働きを高く評価する傾向が強いです。

親と同居中で独身の人

親と同居しており、独身で自身の収入はすべて個人で使えるような方はカードローンの審査に通りやすい人です。これは申込者本人が独身にもかかわらずカードローン会社が審査で高く評価する事例です。

本人は独身ですが親と同居中のため食費や公共料金など日常生活を送るのに必要な出費は親持ちの場合が多く、自分が仕事で得た収入は個人ですべて使えることが多くなります。

そうなれば可処分所得も大きいのでカードローンを借りても返済に大きな負担にはならず、総じて返済比率も低いです。

このような属性の方は、申し込みすればカードローン会社も前向きに応じてくれるでしょう。

住宅ローンの返済、または家賃の支払がない

住宅ローンの返済、または家賃の支払がない方はカードローンの審査に通りやすい人です。

カードローン会社の審査では、申込者の信用力、返済能力を主に審査するので、もし申込者に住宅ローンの返済があれば、その分収入からの返済余力が下がるため、カードローン審査では辛めに審査せざるを得ません。

同様に、申込者が自宅所有者でなく家賃を払って生活しているときには、家賃の支払いが返済面の余分な負担となるので、その分を加えて本人の返済能力をチェックすることになります。

住宅ローンの毎月返済額、家賃の支払額にもよりますが、計算した結果、借り入れに対する返済比率が高くなりすぎるとカードローン審査に落ちやすくなります。

逆に申込時点で住宅ローン返済や家賃の支払が一切ない方はカードローンの審査に通る可能性が高くなります。

自宅に固定電話がある

自宅に固定電話がある方はカードローンの審査に通りやすい人です。

近年はケータイやスマートフォンの発達で若い人だけでなく高齢者でも自宅に固定電話を置いている方は少なくなっています。

それでもカードローン会社にとって自宅に固定電話があるということは審査でプラスに評価しています。

どのカードローン会社の申込フォームをチェックしても依然として固定電話の電話番号を入力する欄があり、これはカードローン会社が自宅に固定電話がある方を評価している証拠です。

固定電話回線を引いているということは一定の自宅に長く住んでいる証にもなりますし、また今の時代に固定電話を置き続けているという事実がその対象者に信用力や返済余力がある証拠にもなります。

健康保険が社会保険または共済保険

健康保険が社会保険または共済保険の方はカードローンの審査に通りやすい人です。

健康保険には職業によってさまざまな種類がありますが、大きく分けて自営者、フリーターなどが加入している国民健康保険と会社員、公務員などが加入している社会保険(含む共済保険)があります。

どちらがカードローン会社の審査における評価が高いかというと、もちろん社会保険(含む共済保険)の加入者になります。

社会保険(含む共済保険)に加入できているということは勤務先の企業に正規の労働者として認められている証拠でもあり、国民健康保険加入者と比べて安定度が高いです。

それは収入の安定にもつながってくるので、カードローン会社にとっても健康保険が社会保険、または共済保険適用の方は貸出リスクの低い対象者なのです。

信用照会で過去に審査落ちした記録のない方

カードローン会社による信用照会で過去に審査落ちした記録のない方はカードローンの審査に通りやすい人です。

カードローン会社は申し込みがあると申込者の個人情報を加盟している信用情報機関に照会して登録されている信用情報のチェックを行うことが審査では必須の手続きとなっています。

その信用照会で過去に一度も審査に落ちた記録のない方は、信用力がある人とカードローン会社に見なしてもらえる確率が高いです。

信用情報機関では審査落ちの記録は残りませんが、申込情報と利用記録(返済状況)を合わせてチェックすれば、申し込みしたにもかかわらず返済していないとなるとその申し込みは審査落ちした可能性が高いので、その結果を自社の与信判断に活用できます。

信用照会で一切そのような記録のない方はカードローン会社も審査で通しやすくなるのです。

クレジットヒストリーがホワイトの方

借入れしたり返済したりした記録が信用情報機関に登録がまったくない方(クレヒスがホワイトの方)はカードローンの審査に通りやすい人です。

クレヒスとは、クレジットヒストリーの略で信用履歴ともいいます。たまに業者の信用情報機関への問い合わせでそのクレヒス情報がまったくない、つまり借り入れや返済、申し込みの記録が一切登録されていない方(スーパーホワイト)がいます。

今の時代にクレジットカードやスマホのアプリ決済などのキャッシュレス決済がどんどん進展しているので、キャッシュカード1枚も持っていない人を見つけるのがむしろ難しいとは思うのですが、人のお金に対する考え方も千差万別なので、よく調べればスーパーホワイトの人もいるかもしれません。

そういう方がカードローン審査を受けるとしたら、債務も一切なく返済余力も十分にあるので審査に通りやすいでしょう。

ただし、スーパーホワイトの中には信用情報機関においてたまたま過去に起こした金融事故情報の保存期間が過ぎて登録された情報が削除されてホワイトの状態になっているケースもありうるので、全員がカードローンの審査にプラスになるか?といえばそうとも言い切れません。

カードローン会社も信用情報がホワイトの方に対しては、「何か問題があるのではないか?」とその理由を求めて慎重に審査をするので、過去に信用ブラックだった方が申込時にたまたまホワイトだった人にまで前向きに融資することはないと考えています。

まとめ

カードローンの審査に通る方法と通りやすい人の特徴をいろいろな事例を取り上げ詳しく解説してきました。

しかし、カードローンの審査に通る方法や審査に通りやすい人の特徴が分かったからといってすぐに審査に通るわけでもありません。

カードローンの審査はさまざまな側面から総合的に審査をするので、ひとつの面の評価が高くても他の面でそれを下回る評価となれば総合力で審査に落ちてしまいます。

ただし、現時点で1つでも2つでも他者より優れた属性があればそれは確実にカードローン審査に有利なので、その面をさらに伸ばして総合的な信用力を高めてほしいと思います。

一方、審査の弱点をカバーするためには一定の時間と改善のための努力が必要です。地道に弱点を補強しながら、念願のカードローンを手にすることを目指してください。

お急ぎならこのカードローン

\みんなが選ぶ!カードローンNo1ブランド/
アコムのキャッシング・カードローン
公式サイトへ

監修:nobu shige/元銀行員