アコムで1万円を借りる方法!金利と利息と返済額はいくら?

アコム

「次の給料日まで生活費ギリギリだけど、欲しいものがあるから1万円だけどうしても…」

日々の生活を送っていると、予想外の出費でふとお金に困ることってありますよね。

1万円、2万円、3万円くらいの少額なら、家族や友人や職場の同僚から借りるのが一番手っ取り早い解決法になるかと思いますが、身近な人にお金を借りるのは恥ずかしいし気が引けます。

そんなときに便利なのがアコムのカードローンです。
アコムは契約時の極度額を1万円単位で希望することができるので使いすぎないか心配という方でも安心です。

またアコムは最短審査30分回答、さらに即日融資に対応しており、今すぐ今日中に1万円だけ借りたいという方にもマッチします。

この記事ではアコムで1万円を借りると金利や利息や毎月の返済額がいくらになるのか、そして最短で1万円借りる方法などについて解説します。

アコムのキャッシング・カードローン
お急ぎの方&はじめての方はコチラ

アコムで1万円だけ借りる

1万円、2万円、3万円の借り入れにアコムをおすすめする理由として、「1万円だけ借りられる」「審査が早い」「即日融資に対応」の3つが挙げられます。

  • 1万円だけ借りられる
  • 審査が早い
  • 即日融資に対応

1万円だけ借りられる

アコムの融資額は1万円~800万円まで。最小単位は1万円からなので、ちょっとだけ借りたい方に便利です。

アコムのカードローン
融資額(極度額) 1万円~800万円
貸付利率(実質年率) 3.0%~18.0%

銀行カードローンは低金利ですが限度額の最少単位が10万円からなので、1万円だけ借りても残り9万円がいつでも引き出せることになります。

借りることができる金額は多いにこしたことはありませんが、利用枠が大きいとどうしても使いたくなってしまうのが人間の性です。

ついつい誘惑にかられてしまって「あと1万円」「もう1万円だけ…」と余計にお金を借りるリスクがそこには潜んでいます。

最短30分審査回答・最短1時間で即日融資も可能

アコムの審査時間は最短30分回答、さらに最短1時間で即日融資も可能です。審査スピードが早いので今すぐ一万円を借りるのに適しています。

銀行カードローンが2018年より即日融資の停止を発表したため、今すぐ今日中にお金を借りたいのであれば消費者金融以外に選択肢はありません。

銀行カードローンは借り入れまで最短3~5営業日程度かかりますのでその差は歴然です。

大手の消費者金融で即日融資に対応しているのはアコムを含め、プロミス、アイフル、SMBCモビットの4社です。

即日融資も可能な消費者金融一覧
消費者金融 審査時間 融資時間
アコム 最短30分 最短1時間
プロミス 最短30分 最短1時間
アイフル 最短30分 最短1時間
SMBCモビット 10秒簡易審査 最短即日
レイクALSA 最短即日 Webで最短60分融資も可能
J.Score 仮審査最短30秒 最短即日

※申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

この中でもアコムは業界屈指の貸付実績を誇り、また人気や知名度の面でも他社をリードしています。

自動契約機(むじんくん)の設置台数も他3社と比べて多いという点もアコムが支持されているポイントです。

30日間金利0円サービス

アコムは消費者金融だから金利が高いのは仕方がないと諦めている方は多いかと思いますが、はじめてアコムと契約される方は「30日間金利0円サービス」を実施中なのでその心配はありません。

30日間金利0円サービスとは、初回契約日の翌日から30日間の金利が0円になるお得なサービスです。適用期間中は利息が無料(タダ)になるので使わない手はありません。

金利0円サービスの適用期間
開始日 契約日の翌日から
適用期間 30日間

金利0円サービスの開始日が「初回借入日の翌日」ではないところに注意してください。契約日の翌日から自動的にサービスの適用期間が始まるので、契約後にすぐに借りないとせっかくの無利息期間が少なくなってしまいます。

アコムの30日間金利0円サービスの利用条件は以下の通りです。

  • アコムとの契約がはじめて
  • 返済期日「35日ごと」で契約

アコムで1万円借りると金利はいくら?

アコムで1万円を借りると金利はいくらになるのでしょうか?その前にまずはアコムの金利の決まり方について知っておきましょう。

まずアコムの貸付利率(金利)は実質年率3.0%~18.0%です。金利とは「借りたお金(元本)に対して支払う利息の割合」のことを指します。

金利を基準に利息の計算がおこなわれるので、金利が高ければ高いほど毎月の利息負担は大きくなります。

また実質年率とは、契約時の事務手数料や保証料、印紙代、契約書の用紙代など、契約にかかるすべての費用を年率に換算したものを言います。

アコムは契約時に担保や保証人はいりません。年会費や会員費も無料です。それはすべて金利の中に含まれているためです。

極度額1万円の適用金利は18.0%

以下の表はアコムの適用金利の一覧です。

アコムの適用金利一覧
契約極度額(借入限度額) 適用金利(実質年率)
501万円~800万円 3.0%~4.7%
301万円~500万円 4.7%~7.7%
100万円~300万円 7.7%~15.0%
1万円~99万円 7.7%~18.0%

アコムでは契約時の極度額(限度額)に応じて適用される金利が決まります。

アコムの金利表を見ると、極度額1万円~99万円に対する適用金利が7.7%~18.0%と幅があります。もしかしたらと期待させますが、基本的に100万円を超えない限りは金利18.0%が適用されることになります。

アコムで1万円借りると利息と返済額はいくら?

アコムで1万円を借りると金利は18.0%です。ではこの金利に対して利息はいくらになるのでしょうか?

アコムの利息は日数計算されるので、借入期間が長いほど利息が増えます。利息の計算方法は以下の計算式を使えば誰でも簡単にできます。

利息=借入残高×借入利率(金利)÷365日×利用日数
*1円未満は切り捨て
*うるう年は365日が366日です
*借り入れの当日は利用日数には含まれない

アコムで1万円を金利18.0%で借りると、利息がいくらになるのか計算しました。

1日の利息:1万円×18.0%÷365日×1日=約4円
1ヵ月間(30日)の利息:1万円×18.0%÷365日×30日=約147円
1年間(365日)の利息:1万円×18.0%÷365日×365日=約1,800円

この計算式では毎月の返済額が考慮されないため正確性にやや欠けます。より正確にアコムの利息を知るために、利息のシミュレーションができるツールを使って計算しました。

利息と返済額をシミュレーション

アコムの利息をシミュレーションするにあたって、返済回数は1~3回(1~3ヵ月間)までとします。

条件は以下の通りです。

借入額:1万円
金利:18.0%
返済回数:1~3

返済回数1回
借入額 回数 返済額 元金 利息 残高
1万円 1 10,147円 10,000円 147円 0円
累計 10,147円 10,000円 147円
返済回数2回
借入額 回数 返済額 元金 利息 残高
1万円 1 5,112円 4,962円 150円 5,038円
2 5,113円 5,038円 75円 0円
累計 10,225円 10,000円 225円
返済回数3回
借入額 回数 返済額 元金 利息 残高
1万円 1 3,433円 3,283円 150円 6,717円
2 3,433円 3,333円 100円 3,384円
2 3,434円 3,384円 50円 0円
累計 10,300円 10,000円 300円

*シミュレーションによる結果は参考値です
*アコム「30日間金利0円サービス」は適用していません
*最終回の利息は端数調整のため多少変動します
*実際の利用の際は、月の日数の相違などにより、上記表の金額とは多少異なる場合があります

上記のシミュレーションはアコムの「金利0円サービス」を適用しておりませんが、無利息期間を活用すると返済額と利息は以下のようになります。

30日間無利息になった場合
回数 返済額 元金 利息 返済後残高
1 3,000円 3,000円 0円 7,000円
2 3,000円 2,897円 103円 4,103円
3 3,000円 2,940円 60円 1,163円
4 1,180円 1,163円 17円 0円
累計 10,180円 10,000円 180円

*指定日返済の場合です。「35日ごと」ではありません。

返済回数が4回に増えたにも関わらず利息総額が一番少なくなりました。また同じ条件でアコムの金利0円サービスを適用しない場合、返済総額の差額は約153円になります。

返済額は一定の割合を掛けた金額

アコムでは「定率リボルビング方式」で返済額の計算がおこなわれます。

定率リボルビング方式とは、返済額を決めるときの計算方式のことを言います。具体的には、最終の借入残高に一定の割合を掛けた金額を最小の返済額として定めます。

一定の割合は、アコム契約時の契約極度額(借入限度額)を基準に決まります。

一定の割合
契約極度額(借入限度額) 一定の割合
30万円以下の場合 借入残高の4.2%以上
30万円超、100万円以下の場合 借入残高の3.0%以上
100万円超の場合 借入金額の3.0%以上
借入金額の2.5%以上
借入金額の2.0%以上
借入金額の1.5%以上

定率リボルビング返済方式による返済額の計算は実に簡単で、例えば極度額(借入限度額)1万円、借入残高(借りたお金)も1万円だとすると「1万円×4.2%=420円」となります。

千円未満がある場合は切り上げて千円単位になるので、最小の返済額は420円=1,000円です。

アコムで1万円を借りて、毎月1,000円ずつ返済していくと利息や返済回数は次のとおりです。

毎月の返済額1,000円
借入額 回数 返済額 元金 利息 残高
1万円 1 1,000円 850円 150円 9,150円
2 1,000円 863円 137円 8,287円
3 1,000円 876円 124円 7,411円
4 1,000円 889円 111円 6,522円
5 1,000円 903円 97円 5,619円
6 1,000円 916円 84円 4,703円
7 1,000円 930円 70円 3,773円
8 1,000円 944円 56円 2,829円
9 1,000円 958円 42円 1,871円
10 1,000円 972円 28円 899円
11 912円 899円 13円 0円
累計 10,912円 10,000円 912円 0円

*金利0円サービス適用外

また都合に合わせて最少返済額以上の返済も可能です。繰り返しになりますが、利息は日割り計算されるので返済は早ければ早いほど節約効果が高まります。

アコムは1万円未満、千円単位でも借りられる

アコムの極度額は最低1万円からですが、1万円未満、千円単位で借りたい場合はどうすればいいんでしょうか?

直接アコムに問い合わせをしたところ、借り入れは千円単位、返済は1円単位でも可能とのことです。

1万円未満、千円単位でお金を借りたい場合、借り入れ方法によって出金できる金額が異なります。

千円単位で借り入れできるATM一覧

アコムではATM利用に限り一万円未満でも借り入れすることができます。千円単位で出金できるのはアコムATM、三菱UFJ銀行ATM、セブン銀行ATMの3つだけです。これ以外はすべて1万円単位でしか借りられません。

最低借入額と最低返済額の単位
出金方法 最低借入額 最低返済額
アコムATM 1,000円 1,000円
三菱UFJ銀行ATM 1,000円 1円
セブン銀行ATM 1,000円 1,000円
その他提携ATM 10,000円 1,000円
インターネット振込 10,000円 1円

なお手数料無料なのはアコムATMとインターネット振込だけです。提携ATMを利用する際には以下の手数料がかかります。

提携ATMの利用手数料
取引金額 借入 返済
1万円以下 108円
1万円超 216円

全額返済時に1,000円未満の端数が残る場合

ATMは千円単位の取引(小銭不可)になるため、借入金を完済するときに1,000円未満の端数が残高として残る場合があります。

アコムではATMで完済するときに残った千円未満の端数は「無利息残高」として利息や手数料が付かず、支払期限も設定されない無利息の残高として扱われます。

完済時にもし1,000円未満の端数が残ったら「インターネット返済」「店頭窓口」「銀行振込」にて支払が可能です。

1万円をアコムで借りる方法

アコムで1万円を借りるための申込方法や手順を解説します。

まずアコムの申込方法は以下の4つから選択できます。

  • インターネット申込み(スマホ・パソコン・モバイル)
  • 店頭窓口・自動契約機(むじんくん)
  • 電話
  • 郵送

即日融資を希望する場合には、申込方法の選択を誤ると当日中に借り入れできないので注意してください。

アコムが推奨する申込方法は「1.インターネット申込み」です。

アコム公式サイトでも、お金を借りる最短ルートとしてオススメされており、まずパソコンやスマートフォンから事前申込みしておくことにより、契約までの手続き時間を短縮することができます。

アコムの借り入れまでの最短2STEP
STEP1:申し込み(インターネット)
STEP2:契約(インターネットまたは来店(店頭窓口・自動契約機「むじんくん」))

契約方法をインターネットにした場合、カードの受取方法で「自宅への郵送」または「店頭窓口・自動契約機(むじんくん)」のどちらかを選択できます。

お急ぎの方は「店頭窓口・自動契約機(むじんくん)」に来店して直接カードを受取ってくださいね。郵送は審査を通過してからカードが手元に届まで約1週間前後はかかります。

振込融資のタイムリミットは平日の14時30分まで

契約後、カード受取り前にアコムから振込融資を受けることも可能です。

振込融資は本人名義の銀行口座に借入金を振込入金してくれるサービスです。

振込融資は銀行の営業時間の都合上、すべての契約手続きを平日の14時30分までに完了しなければいけません。また銀行がお休みの日は入金処理が翌営業日になります。そのため土日・祝日に振込融資を受けることはできません。

早くて簡単!即日融資の流れ

アコムから1万円を急いで借りたい方は、以下の手順で申込みをおこなってください。

  1. パソコンやスマートフォンからアコム公式サイトにアクセス
  2. 「今すぐお申し込み」をクリック
  3. 申込フォーム「お客様情報・自宅情報・勤め先情報」入力→確認→送信
  4. 申込完了後、本人確認の電話あり
  5. 仮審査の結果連絡(メールor電話)
  6. アコム店舗に来店*(店頭窓口or自動契約機(むじんくん))
  7. カード発行・受取
  8. 店舗内にあるアコムATMで借入

*本人確認書類が必要

来店契約する際には、カード発行時に本人確認書類が必要になります。これを忘れるとアコムはカード発行をしてくれないので忘れずに持っていきましょう

本人確認書類は、運転免許証(交付を受けていない方は個人番号カードや健康保険証など)を用意してください。

アコムの自動契約機(むじんくん)の営業時間は、土日・祝日でも8時~22時まで営業しています。

アコムの店頭窓口・自動契約機(むじんくん)の営業時間
アコム店舗 営業時間
平日 土・日・祝日
自動契約機(むじんくん) 8:00~22:00
※年中無休(年末年始は除く)
店頭窓口 9:30~18:00 休業日

自動契約機(むじんくん)は設置場所や曜日によって営業時間が異なるので、事前に確認しておいてください。

【アコム公式】店舗・自動契約機(むじんくん)の営業時間

利用額を増やしたいときは増額も可

「最初は1万円借りるだけでよかったけど、万一の備えとして利用額を増やしておきたい」という時は、増額という方法により限度額を引き上げることも可能です。

増額の申込方法は、アコム公式サイトの会員ログイン後、「極度額等の変更お申し込み」または「アコム総合カードローンデスクへの問い合わせ」にて申請することができます。

増額には初回の契約時と同じように審査がおこなわれ、この増額審査に通らないと限度額を引き上げることはできません。もし仮に増額の審査に落ちたとしても、アコムが利用できなくなるわけではないので安心してください。

増額審査を通るためには、契約してから最低でも6ヵ月以上は返済実績が必要だと言われています。

そのため、利用期間が短いとか、また返済遅れが複数回あったりする場合には、増額の審査で落ちる可能性が高くなります。

最悪の場合、利用枠を減らされるとか、利用停止となる恐れもあるので、増額は審査を通る自信がある方のみおこなってください。

逆に「増額しませんか?」と案内メールが届くこともあるので、これを待つのも一つの手です。

この増額案内メールはアコムが事前に調査をおこない、信用度の高い人だけに限定して送っているものなので、もちろん審査はおこなわれますが、自分で申込するよりも審査に通る確率は高いです。