アコムの在籍確認は番号を非通知にして会社へ電話連絡する

アコム

アコムの審査担当者が勤務先へ電話をかけて、本人が会社に在籍しているのか確認する審査のことを「在籍確認」といいます。

在籍確認は勤務先情報が間違っていないか、嘘をついていないかなどを確認するための電話連絡のことをいい、審査の最終段階でおこなわれます。

アコムから職場に電話がある在籍確認ですが「電話番号から職場にお金を借りることがバレてしまったらどうしよう?」と不安に思う方も少なくないのではないでしょうか?

アコムの在籍確認は非通知で行われます。そのため、電話番号からアコムと特定されてしまう心配はありません。

しかし非通知だからこそ在籍確認をスムーズに完了させるためにはいくつかの注意点があります。

この記事では非通知で行われるアコムの在籍確認の注意点などについて解説します。

«最短即日!アコムの借入審査回答は最短30分»
アコムのキャッシング・カードローン

アコムの在籍確認は非通知で行われる

アコムの在籍確認は、原則的に電話の受信先に電話番号を通知しない非通知で行われます。

これは、申込者の都合にできる限り配慮するというアコムの方針から行われているものです。

電話番号からアコムが特定されるリスクがある

アコムは在籍確認の際に、会社にアコムからの借入であるということがバレないように、本人が電話に応対するまでは、「アコム」ということは名乗らずに、担当者の個人名を名乗ります。

また、ローンの内容についてアコムから会社の人に話すようなことは絶対にありません。

しかし、会社に電話番号を通知してしまったら、その電話番号から電話の発信者がアコムであるということがバレてしまうリスクがあります。

非通知は借入がバレないためアコムの配慮

アコムは個人名で電話をかけ、ローンの内容を会社の人に話さないなどの配慮を行っていますが、電話番号から「アコムから電話がかかってきた」と特定されてしまったら元も子もありません。

そこで、アコムは電話番号から「お金を借りる」ということを申込者の会社の同僚などに推測されないように、あえて非通知で電話をかけているのです。

アコムは申込者の「会社にバレたくない」という要望に最大限答えるために、基本的に非通知で在籍確認の電話をかけています。

会社の人に番号を教えてくれと言われても大丈夫

会社に申込者本人がいない場合には、通常、会社の電話応対としては「こちらから折り返し電話をいたします」となるのが社会常識です。

このような場合でも、在籍確認ではアコムの電話番号を伝えることは絶対にありません。

アコムは会社の人に電話番号を教えない

本人不在のときに会社の人が「折り返し電話をするから、電話番号を教えてください」と言ったとしても、アコムは「またこちらから電話をかけるから」と言って電話を切ってくれます。

そもそも、本人が不在ということが分かった時点で、申込者がその会社に在籍しているということは確認できているため、在籍確認は完了しているのです。

この上に、わざわざアコムの電話番号を会社の人に伝えて、ローンの借入が知られてしまうような証拠を残すようなことはアコムは絶対にしないので安心です。

非通知で在籍確認ができないケースに注意

アコムは「勤務先にバレたくない」という申込人のニーズに答えるために非通知で在籍確認をしてくれますが、非通知であるがために在籍確認ができないような場合があります。

会社の方針などによって非通知では在籍確認ができないケースに自分の会社が該当しないかどうか確認をしておきましょう。

会社の方針で非通知では着信できない

法人などに電話をかけて「番号を通知してお掛け直しください」という自動音声が応対したことがあるという経験をお持ちの人もいるのではないでしょうか?

このような応答をする会社は、会社の電話の設定が、最初から非通知では電話を着信しない設定になっています。

このような方針の会社に勤務している人は、アコムから非通知電話での在籍確認ができないため注意しましょう。

非通知の電話には出ない個人企業

自宅の電話や個人の携帯電話に非通知での着信があっても応答しないという人も多いのではないでしょうか?

個人企業の中にも、非通知の電話には基本的に応対しないという方針の会社が存在します。

このような企業に勤務している人の場合には、何回アコムが在籍確認をしても誰も電話に出ず、アコムから「そもそも本当に勤務しているかどうか疑わしい」と判断されてしまうリスクがあります。

自分が会社にいる時間帯に在籍確認の電話を依頼するか、アコムに番号通知での在籍確認を依頼する必要があります。

アコムは通知での電話にも対応

アコムが非通知で在籍確認を行っているのは、あくまでも申込者が「ローンの借入内容を会社にバレたくない」という意思を忖度したものです。

このため、必ずしも非通知で在籍確認を行わなければならないというわけではありません。

非通知での在籍確認が難しい場合には、アコムにその旨を伝えれば、番号通知での在籍確認に切り替えてくれます。

非通知では在籍確認ができない場合はアコムに相談を

アコムにローンの申込を行うと、アコムから本人確認の電話がかかってきます。通常は、ここで在籍確認の電話の相談を行います。

「何時頃に電話をしたらよいか」などの相談を行うのが通常ですが、この際に「非通知だと会社の電話に繋がらないため、通知で在籍確認をしてほしい」と伝えることができます。

通知番号で在籍確認をしてくれる

アコムは電話回線を何本も持っていますので、事前に番号通知で在籍確認をしてほしいと伝えれば、要望通りに番号通知で在籍確認をしてくれます。

ただし番号を通知して在籍確認があると、電話番号から会社の人に「アコムからの電話」とバレてしまう可能性もゼロではありませんので、できる限り自分が会社にいる時間に在籍確認をしてもらったほうが、会社にバレる可能性を排除することができるでしょう。

アコム在籍確認まとめ

アコムの在籍確認は、電話番号から会社の人に「お金を借りる」ということがバレないように非通知で行われます。

このため、電話番号からアコムからお金を借りることがバレてしまうということはありません。

しかし、非通知であるがゆえに、非通知ではそもそも着信しない会社や、非通知での着信には電話に出ない会社にお勤めの人は在籍確認ができません。

このような会社の人は、アコムに「番号通知で在籍確認の電話をかけてくれ」と依頼すれば、アコムは要望に応じてくれます。

アコムは最大限、利用者のニーズに答えようとしてくれますので、最も会社の人にバレない方法で在籍確認をしてもらうようにしましょう。