契約社員がカードローン審査を通りやすくする方法とは

カードローン審査

契約社員がカードローン審査を通りやすくする方法にはどのようなものがあるでしょうか?またそのためにはどんな準備をしたらいいでしょうか。

契約社員は派遣社員やパート・アルバイト同様、非正規雇用者です。身分的には正社員ほど収入が安定していないためカードローン審査でも不利になるのではないかと考えてしまいます。

しかし今では派遣社員やパート・アルバイトでも、その雇用形態のまま多くのカードローン利用者があることが知られており、その事実がそのまま契約社員でも申込みすればカードローン審査には通る可能性があるということを示しています。

そこでこの記事では、契約社員を対象に、どうすればカードローンの審査に通るのか、審査に通りやすくする方法はどのようなものがあるかなど、詳しく解説します。

契約社員のカードローン審査

現在、個人向けカードローンを発行している金融業者のサイトをチェックしてみると、ほとんどが申込みの条件を「本人に安定した収入がある方」としており、雇用形態による制限を設けていません。

つまり身分が正社員ではなく契約社員や派遣社員であっても、普通にカードローンを申込みできて審査が受けられる業者がかなりあります。

これは契約社員でこれからカードローンの申込みを考えている方にはうれしい状況ですね。

ところで契約社員というのはどのような雇用形態の労働者を指すのでしょうか?また派遣社員との違いは何なのでしょう?まずその点から解説します。

契約社員増加の原因とは?

契約社員とは有期雇用を前提に勤務先企業と直接雇用契約を結んだ労働者のことをいいます。

また契約社員は雇用した会社の正社員と同じ職場に配属され一緒に働きます。

雇用した企業から契約社員に求められるのは、本人の持つ一定範囲の労働力やスキルで、それを会社に提供することで給料を手にします。

雇用する会社としても、事業の閑散に合わせて契約社員を雇用でき労働力調整できるので、人件費等コストのかかる正社員を多く抱えておく必要もありません。

会社にとって、とても便利な労働形態となっています。

また近年、労働市場において契約社員や派遣社員等の非正規用者の数が一段と増加していますが、これは日本の雇用環境にも原因があります。

それは日本では労働法の力が強く、正社員に手厚い法体系になっているからです。

そのため、よほどの理由がない限り会社経営者は正社員の首を切れず、結果として正社員がひとつの職場に長期間留まることが多くなるため、会社としても増員が必要な時には契約社員や派遣社員に頼らざるを得ないのが実情です。

また正社員としても、たとえ仕事に不満があっても正社員の地位は魅力的なため、なかなか辞めようとしません。

これらの要因が絡み合って、雇用市場において契約社員や派遣社員の数が増える状況になっているのです。

契約社員と派遣社員の共通点と違い

それでは契約社員と派遣社員の共通点と違いとはどのようなものでしょうか?

まず契約社員と派遣社員は非正規雇用者という点では一緒になります。

また契約期間が有限である、つまり有期雇用という点でも同じです。

しかしながら雇用関係や給与の支払方法では全く異なっています。

まず契約社員ですが、契約社員は仕事をする企業と直接雇用契約を結ぶので、その労働条件も契約社員自ら会社と交渉して決めなければなりません。

またいったん条件が決まったら、当面その会社との専属契約となるので他社と掛け持ちすることはできません。

一方で派遣社員の場合、派遣社員が雇用先である派遣元に登録し、労働は派遣元が契約した派遣先企業においておこないます。

そのため、派遣先での仕事内容や勤務時間等の労働条件は派遣元の正社員が事前に相手と決めてくれるので、派遣社員自ら派遣先と交渉する必要もありません。

また当然ですが派遣社員の給与は派遣元が支払います。

このように雇用形態も給与の支払い方法も契約社員と派遣社員の間では大きく異なっているのです。

カードローン審査における契約社員と派遣社員の違い

それでは派遣社員と契約社員の間でカードローン審査での違いはあるのでしょうか?

結論からいえば、あるようでないというのが答えです。

両者とも非正規雇用者という点では同じであり、正社員など正規雇用者に比べて身分の安定性や収入の高さでは確実に劣ります。

一方、契約社員と派遣社員の間で給与の高さや安定性を比べた場合、総じて契約社員の方がカードローンの審査では有利になります。

契約期間を見ても契約社員なら最長5年、派遣社員なら最長3年というそれぞれ法律上のしばりもあるので、この面からも契約社員の方がやや勝っているといえるでしょう。

ただしそれも、個々の労働者が持つスキルのレベルによって労働市場での評価も違うし、身分が派遣社員でも個人としての労働スキルが高く、会社から高く評価されていれば、同期間働いている契約社員より総収入が多くなる場合もあります。

また労働時間や曜日を調整して派遣元の掛け持ちができるのも派遣社員のメリットです。

そういう意味では、派遣社員だからといってカードローン審査で常に契約社員より劣るというわけではありません。

ただ総じて契約社員の方が派遣社員より労働条件で勝っている場合が多く、カードローン審査ではやや有利になる傾向があります。

派遣社員や派遣バイトがカードローン審査を通りやすくする方法

審査ポイントその1、安定した収入と一定の勤務年数

ここからは契約社員のカードローン審査で、どんな点が重点的に審査されるのか、審査のポイントを絞り込んで解説します。

まずは「安定した収入」と「一定の勤務年数」です。

契約社員は収入が低くても借りられる

契約社員のカードローン審査で一番不安な点は「正社員より収入が低いのに借りられるのか」でしょう。

しかし心配はいりません。

カードローンの利用限度額で本人収入と返済とのバランスが取れてさえいれば、契約社員でも審査に通って借りられる可能性は高いです。

つまり収入の高さが審査のポイントではありません。

もちろん収入が高いとさらに審査に通る確率は高いですが、しかし収入の高さを超える借入れがあれば審査で落ちるリスクもあります。

この点からも、契約社員の申込みにおいて収入と返済のバランスが取れていれば、たとえ本人収入が低くても審査に通って借りられます。

またその際の目安ですが、できれば希望限度額は最大でも年収の3分の1以内で申込みすれば審査に通りやすくなるでしょう。

ただし申込み案件以外、他に大きな額の借入れがない場合に限ります。

勤務年数は長いほど有利だが契約社員の落とし穴に注意

安定した収入を担保しているのが、ひとつの職場における一定の勤務実績です。

もちろん勤務年数が長ければ長いほどカードローンの審査では有利になります。

ただし契約社員の場合は有期契約なので、申込みのタイミングで気を付けなければいけない点があります。例えば一つの契約先と雇用契約が終了し、少し間を置いて他社と契約した直後などの場合です。

このケースではカードローン会社も審査で前職での勤務年数は考慮に入れない場合が多くなります。なぜならすでに雇用関係が切れているからです。

そのタイミングで申込みすると、新規雇用者と同じ扱いにされる可能性があるので、できれば新しい契約先で1年ほど勤務実績を積んでから申込みしたほうがいいでしょう。

ただし銀行カードローンは別にして、大手消費者金融では勤務年数の取扱いはかなり弾力的になってきているので、勤務開始から数回でも出社した実績があれば業者によっては審査してくれる場合もあります。

自分の勤務年数に応じて業者を使い分けて利用するようにしましょう。

審査ポイントその2、個人信用情報

契約社員のカードローン審査の重要ポイントの2点目は信用情報です。

審査ではカードローン各社が申込者の個人情報を信用情報機関に問い合せして信用調査をおこないます。

本人のクレジットヒストリーがきれい

個人の信用履歴をクレジットヒストリー(略称:クレヒス)といいますが、このクレヒスが汚れておらずキレイなままだと、収入や勤務先など本人の属性が良好な限り、かなりの確率で審査に通ります。

ちなみにクレヒスが汚れている状態とは、たとえば次のことを指します。

  • 過去に61日以上、または3カ月以上の返済延滞(滞納)があった
  • 過去に破産や債務整理を行っており取引金融機関に迷惑をかけた
  • 個人ローンの代位弁済やクレジットカードの強制解約を受けていた
  • 何度も返済日に遅れて返済している(返済遅延)

このような情報登録があれば、仮に本人が正社員であっても審査に落ちるので、カードローン審査を通るためにも本人のクレヒスがきれいであることがとても重要な条件となります。

審査ポイントその3、在籍確認

契約社員に対するカードローン審査の重要ポイント、その3番目は在籍確認です。

在籍確認はカードローン会社が契約社員の勤務する会社に電話を掛けて、本人が在籍して働いているかどうかを確認する審査の手続きをいいます。

もし勤めていることがウソだと、収入その他もすべて虚偽だということになり、スコアリング審査で出した結果がすべて無駄になるので、勤務先の確認は審査の中でも特別なチェック項目になっているのです。

以下で契約社員が在籍確認を受ける時、ケース別にその対応方法を解説します。

申込書に記入する連絡先は契約先の代表電話と所属部署

在籍確認を受ける上での審査ポイントは、業者に協力して確実に手続きを終わらせることです。

なぜなら在籍確認が終わらないとカードローンを手にすることができないからです。

そこで申込書を入力する際に、契約社員として最も配慮すべき点は、業者が在籍確認の電話した時に電話が確実につながる連絡先を登録することです。

そのためには、最低限契約先企業の代表電話と、もし契約社員の勤務場所が本社と違う場合にはその部署の電話番号もあわせて登録しておいた方がいいでしょう。

個人情報保護を理由に電話に答えてくれない時の対応

個人情報保護を理由に契約社員の勤め先が在籍確認の電話に答えてくれない場合はどうしたらいいでしょうか?

筆者も元は地方銀行に勤めていた行員なので、個人情報保護法が施行されて以後、この個人情報に関する企業側の取扱いで、会社内部にいたものとしてその過剰なほどの対応ぶりは身をもって体験しました。

実際顧客とのやりとりで、通常業務に支障が出るほどのレベルでした。

また企業規模が大きくなればなるほどその反応の度合いが顕著なので、契約社員の多くが大企業で働いていることを考えると、このような過剰反応ぶりは十分考えられます。

それだけに契約社員としてもこれに対する対策も十分考えておかねばなりません。

とにかくこのケースでは、職場が外からの電話に対応してくれないのは明らかなので、申込みと同時にカードローン会社に電話を掛けて事情を話し、電話に代わる別の方法がないかよく相談するべきでしょう。

金融業者にもよりますが、書類対応のほか、色々な方法の組み合わせで在籍確認を行ってくれる可能性もあります。

最初から無理だとあきらめずに真摯に相談する姿勢が大切です。

契約先で電話による在籍確認が難しい場合の対応

先に前段で少し答えも書きましたが、契約社員が契約先で電話による在籍確認が難しい場合、代わりにどのような方法があるのでしょうか。

また在籍確認なしにカードローンを手にすることはできないのか?以下がその回答です。

確認書類による対応

在籍確認の手続きで電話に代わる方法として、書類による確認方法があります。

ただしこの方法は、銀行カードローンの審査ではまず無理で、主に大手消費者金融で使える方法です。

また申込みしたら誰でも書類対応してくれるわけでもありません。

あくまで本人の信用度、希望限度額、カードローン会社の方針などが決め手になります。

もし書類対応ができた場合、業者に提出が必要な書類として以下のような組み合わせがあります。

  • 社会保険証と契約先企業の社員証
  • 組合保険証と会社名の入った源泉徴収票、給与明細書など

なお詳しくは書類対応してくれるかどうかも含めて、カードローン会社に確認してみて下さい。

在籍確認を不要にできるケースとは?

ケースによっては在籍確認を不要にした状態で審査を受けてカードローンを手にすることができます。

ただしこの場合は非常にまれなケースで、たとえば申込み限度額が10万円以下、本人のスコアリングが良好で信用履歴に特段の問題がない時などにのみ適用されるものと考えて下さい。

あくまで在籍確認は業者問わず実施され、確認後にカードローンが発行されるという原則は変わりありません。

電話連絡なし!SMBCモビットのWeb完結カードローン

契約社員がカードローン審査に通りやすくする方法

それではこれまでの解説を踏まえて、この章では契約社員がカードローン審査に通りやすくする方法を解説します。

またそのための対策もあわせて紹介します。

年齢が若い人は正社員になって審査を受ける

近年契約社員のまま長年働き続けている人の数も増えており、同じ契約社員といってもその年齢層にも幅があります。

ただし年齢が高ければ高いほど会社としても契約社員を正社員として雇うのは難しくなるので、やはり契約社員もまだ年齢が若いうち、20歳代から30歳代のうちに正社員を目指すのが理想です。

もちろん正社員になるのは口でいうほど簡単ではありません。

それでも相対的な若年労働人口が減っている中では若い人にはチャンスも多いです。一生懸命努力して頑張れば道も開けます。

そして正社員になれば契約社員の時よりカードローン審査でも有利になりますし、より大きな限度額も得られます。

年齢が若い人はまずは正社員を目指して頑張りましょう。

低めの限度額で申込みする

契約社員がカードローン審査に通るには、最初の希望限度額をできるだけ低くして申込みすることが審査を通りやすくするコツです。

その場合、申込み金額の目安として、上限は限度額を本人年収の3分の1以内(他の借入なしの条件付き)、下限を10万円程度として下さい。

さらに申込み後の審査時間を短くするため、できれば所得確認書類提出が原則不要となる限度額50万以内で申込みするようにしましょう。

※限度額が50万円以内であっても、申込み内容により別途収入証明書の提出が必要となる場合もあります。

また申込み後、カードローンを利用していて現在の限度額で足らない分は、6カ月ほど利用実績を積んでからあらためて増額申請するようにしましょう。

すでに利用実績があり、もしその間に本人の信用情報もキレイなままなら、新規申込み時よりも楽に審査通過するものと考えます。

審査が通りやすいカードローン会社を選ぶ

契約社員は正社員に比べてカードローンの審査ではハンディがあります。

そのハンディを克服して審査を通りやすくするために、契約社員はネットでよく調べて、できるだけ審査が通りやすいカードローン会社を選んで申込みするようにして下さい。

その場合、重視するポイントは業者ごとの審査通過率です。決して金利の低さでは決めないように。

金利が低いのは信用度の高い正社員に適用されるものであり、契約社員は総じて割高なレートが適用されます。

そのため契約社員は金利の低さでカードローンの申込先を決めると審査に通らないことが多くなります。

審査通過率を主に公表しているのは大手消費者金融です。

銀行カードローンで公表している先はないので自ずと契約社員が選ぶ先は消費者金融からとなります。

しかも大手消費者金融の場合、申込み条件に雇用形態で制限している先はなく、安定した収入さえあれば誰でも申込みできて審査を受けられるようになっています。

そのため業者ごとのカードローン審査通過率を参考にして申し込みすれば、契約社員でも審査を無理なく通過できる先が見つかるでしょう。

また一方で、どうしても銀行カードローンに申込みしたいなら、各行の申込み条件をしっかりチェックして、条件に「契約社員申込み可」の条件が入っている業者を必ず選ぶようにして下さい。

それが少しでもカードローンの審査通過を容易にする方法だと筆者は考えています。

少額融資なら消費者金融で申込む

もし契約社員が最初から少額融資を前提にカードローンを申込みするなら、迷わず消費者金融で申込みするようにして下さい。

銀行カードローンと違って消費者金融は最初から小口金融を得意とする金融業者です。

そのため小口キャッシングを利用している多くの個人客がおり、またそれを背景に業者の審査ノウハウも豊富です。

当然、契約社員や派遣社員、パート・アルバイトなどの非正規雇用者に対する融資実績も多くあります。

そのため契約社員が申込みしたら、業者は「どのようにしたらこの人に貸せるか」一生懸命考えて対応してくれると筆者は考えています。

社会保険証を手に入れてから申込みする

契約社員が労働者として、社会保険(健康保険と厚生年金保険)の権利を手に入れるには以下の労働条件を満たす必要があります。

社会保険(健康保険・厚生年金保険)は、適用事業所の従業員であれば、一定の要件(1日又は1週間の所定労働時間及び1月の所定労働日数が通常の就労者のおおむね4分の3以上である場合など)を満たせば被保険者になります。
厚生労働省|有期契約労働者の雇用管理の改善に関するガイドライン

契約社員の場合、ひとつの会社と一定期間雇用契約を結ぶので社会保険証を手にすることはあまり難しくないと考えています。

またカードローン審査においては、保険証は国民健康保険証より社会保険証のほうが信用度高く、また社会保険証を持っていること自体、職場で一定の勤務実績がある証拠なので説得力が違います。

カードローンを申し込みするなら、契約社員はできるだけ先に社会保険証を手に入れてから申込みするようにしましょう。

返済履歴は常にきれいにしておく

契約社員が申込み前に自分が利用中の各種ローンやクレジットカードの利用履歴をきれいにしておくのもカードローン審査を通りやすくする秘訣です。

他社の返済や借入実績があることは業者に対しそれだけで説得力があるし、仮にローンを借りた実績がなくてもクレジットカードは各種の決済手段としてすでに身近な存在なので契約社員も使っていることでしょう。

もしその利用実績が良好なら、それもカードローン審査ではアピールになります。

ただし逆に絶対避けておきたいことは返済の遅延です。

毎月の返済日にルーズな人は、少しくらい返済に遅れても同月内に返済しておけばいいと考えがちです。

しかしこれは業者サイドから見ればとんでもない考えで、数回返済に遅れているだけでローン利用者としては信用するに足らない人物とみなします。

カードローン会社が信用情報機関に問い合せすればこのような履歴はすべて分かります。隠すことなどできないと考えて下さい。

こういう事実を踏まえて、これからカードローンを申込みする契約社員は「絶対に返済履歴を汚さない」、これをしっかり心にとめておいて下さい。

他社の借入件数を少なくしておく

契約社員がカードローン審査を受ける前に、他社の借入件数を少なくしておく、できれば借入残高も減らしておくことは審査を通りやすくする近道です。

あまりに借入件数が多いと、審査で悪い結果に結びつくことは正規・非正規雇用問わず共通事項なので、事前に返済やおまとめでできるだけ借入件数を少なくしておくことは確実に審査通過につながります。

また正社員に比べて平均年収が低い契約社員の場合、借入れに対する返済比率でも余裕がないので、他の借入残高を事前に減らしておくことはそのまま返済比率の改善につながるため審査で有利です。

短期間の同時複数申込みは避ける

短期間の同時複数申込みを避けるのも正規・非正規雇用関係なく、審査を通りやすくするテクニックです。

短期間とは一般的に1~2カ月以内を指し、その間に3社以上固めて申込みすると、申込みを受けたカードローン各社も本人の資金繰りに不安感を持ち、どの業者も審査で落とす行動を取るようになります。

申込み情報はつど業者を通じて信用情報機関に登録されるし、その情報も最低6カ月間は情報機関で保存されます。

また審査落ち情報も同様に記録されるので、無理して申込みを重ねれば審査落ちを繰り返す悪循環に陥ります。

とにかくカードローンの申込みは極力間を開けて、理想からいえば6カ月以上期間を開けてから余裕を持って申込みするようにしましょう。

申込書内容は事実を正確に書きウソは絶対書かない

カードローンの申込み内容については「事実を正確に書いてウソの申告をしない」、結局はこの姿勢こそ申込者が誰であれ審査を通りやすくするコツであることをしっかり認識して下さい。

ウソを書くと全体の申告内容にどこか矛盾が現れるものです。

特に収入や勤務先でごまかしを書くと、スコアリングの結果他、多くの点に影響するので審査する側も真剣にチェックしてきます。

嘘がバレればそれこそ逆効果であり、審査で通るものまで通らなくなってしまいます。

軽いウソでも絶対つかない、すべて事実を申告する、この姿勢でカードローン審査を受けるようにしましょう。

契約社員とカードローンの審査|まとめ

契約社員のカードローン審査について詳しく解説してきました。

あらためてまとめると

・契約社員も正社員同様、一定の条件を満たせばカードローンを申込みして審査を受けられる。

・重点となる審査基準は安定した収入と勤務実績、傷のない個人信用情報、在籍確認を確実にこなす、の3点。

・筆者の考える契約社員がカードローン審査に通りやすくする方法は9点、これをしっかり読みこなして応用して欲しい。

となります。

この記事がこれからカードローン審査を受けようとする契約社員の方に参考になれば幸いです。