プロミスの審査の流れと審査基準

プロミスの審査の流れと審査基準

プロミスのカードローンを借りて生活にゆとりを持ちたいと考えているけど審査に落ちないか不安ですよね。なぜなら審査というのは誰でも通るわけではありませんから…。

しかし、プロミスのカードローンに申し込みする以上、どうにかして審査に通ってほしい!そこで大事な点はプロミスの審査の流れや審査基準を知っておくことです。

プロミスはSMFGグループの消費者金融事業であるSMBCコンシューマーファイナンス(株)のサービスブランドです。

また、プロミスは5社ある大手消費者金融のうち貸付残高1位のアコムに継ぐ貸金業者として知られており、個人向けキャッシングを中心に幅広い層に活用されています。

プロミスのカードローン「フリーキャッシング」は利用限度額が最大500万円、借入金利4.5%~17.8%(実質年率)。借入れを急でいる方でもWeb申込みから最短30分で審査回答、即日融資も可能です。

この記事では、最初にプロミスの審査の流れを説明し、続けてプロミスはどんな審査基準で貸出をしているのかを解説します。

さらにプロミスの審査を通るために申込者はどんな対策や準備をしたらいいかなども詳しく紹介します。

プロミスのキャッシング・カードローン
はじめての方&お急ぎの方はコチラ

プロミスの審査の流れ

プロミスは審査が早いと口コミでも評判のカードローン「フリーキャッシング」を発行している消費者金融業者です。

また、プロミスはローン商品の品揃えも豊富で、多種多様な社会的背景を持つどの層にも利用可能なキャッシングサービスを目指しており、新サービスのアプリローンの開発など、申し込みから借入れ・返済までさまざまな工夫を凝らしています。

しかし、お金を借りたくても審査を通らないことにはいくらプロミスといえどもカードローンを発行してくれません。

そこで思うことは、プロミスはどのような審査基準で融資の判断をおこなっているのか?当然そんな疑問が沸いてきますよね。

プロミスの審査の流れは基本的には他の貸金業者と特別異なったものではありません。顧客からキャッンシグの申し込みがあれば仮審査〜本審査の手続きを経て融資の決定が行われます。

ただし、一見すると同じような内容でも、それぞれの業者では独自に審査をおこなっているので当然プロミスも他社とは異なる審査基準を用いて融資の可否を判断しています。

そこでまずは、プロミスの審査の流れがどのようになっているか、その点についてしっかり押さえておきましょう。

プロミスの仮審査と本審査の流れ

プロミスは仮審査と本審査の2段階方式です。仮審査を通らないことには本審査へと進むことはできず、プロミスのカードローンを利用できない仕組みとなっています。

プロミスの仮審査では申込者から申告された個人情報に基づきコンピュータがスコアリングをおこない、スコアの合計点がプロミスの基準値を超えていれば一次審査(仮審査)を通過できます。

仮審査を通過したあとの本審査の主な項目は以下の3つです。

  1. 提出書類と申込内容の再チェック
  2. 個人信用情報の確認
  3. 勤務先への在籍確認

確認書類に基づく申込内容の再チェックでは、申込者から送られてきた本人確認書類や所得証明書等に基づき申告内容が正しいものか、嘘が混じっていないかなど、審査担当者の目視により詳しく審査されます。

信用情報の調査では、プロミスが外部の信用情報機関(JICCおよびCIC)に申込者の個人信用情報を問い合わせ、ローンの利用状況や返済履歴などをチェックします。

信用照会の結果、本人の信用がなくなる深刻な情報が登録されていれば、スコアリングの結果に関係なく審査落ちします。

在籍確認では、プロミスが申込者の勤務先に電話をかけて本人が働いているかどうか確認します。

在籍確認は信用情報と並び最も重要な審査項目ですので、必ず在籍確認できることがプロミスの利用条件となっています。

以上3つの主な本審査の過程を経て特に問題がなければプロミスのカードローンが利用できるようになります。

  1. プロミス公式サイトからカードローンの申し込み
  2. プロミスの仮審査が開始
  3. 属性情報をスコアリング
  4. 本人確認の電話(申込意思の確認)
  5. 仮審査結果および契約可能額の回答(メールまたは電話)
  6. プロミスの本審査が開始
  7. 勤務先への在籍確認の実施
  8. 本審査結果の回答(メールまたは電話)
  9. 契約手続き完了
プロミスは最短30分で審査回答、最短1時間で即日融資も可能です。プロミスの審査時間は9:00~21:00(土日祝日含む)までです。受付時間外に申し込むと審査は翌日の回答となるので、急いでいる方は早めの申し込みを心がけましょう。

プロミスの審査前に「お借入れシミュレーション」で対策

プロミスではキャッシング審査に不安を持つ申込者のために、まずは安心感を持ってもらうため、「お借入れシミュレーション」というシステムを用意しています。

「お借入れシミュレーション」に簡単な個人情報を入力することで、申込者はプロミスで借れるかどうかの目安を立てることができます。

プロミスのお借入れシミュレーションの入力項目は、「生年月日」「年収」「現在の他社借入金額」の3つのみ。

そこで「ご融資可能と思われます」という結果が表示されたら、そのまま正式な申込みに入れるようになっています。

参照お借入れシミュレーション|プロミス公式

※ただし、「入力した内容だけでは判断できません」と表示された場合でも、そのまま「新規申込み」で正式に申込みをし、追加情報を入れていくことで、融資が可能になる場合もあります。表示結果を見てダメだと簡単に判断しない方がいいと思います。

プロミスの審査基準

プロミスの審査の流れを見てきましたが、どの申込方法でも共通していることはすべてに審査があることです。

また、プロミスの審査は仮審査と本審査より成っており、申込者はまず仮審査を通過しなければなりません。

プロミスの仮審査では主にスコアリング審査が行われ申込者が絞り込まれます。そして仮審査を通過した申込者がプロミスに本人確認書類などを送るとそこで本審査が始まります。

本審査では、主に確認書類のチェックと申込内容との突合、個人信用情報に基づく外部審査、そして在籍確認が行われて、最終的に融資の可否が決定されます。

ところで、どの金融業者でも共通していることですが、それぞれの貸金業者で行われている審査に関して、その審査基準は公表されていません。

また、業者に問い合わせたところで答えてくれるものでもありません。審査基準はあくまでも企業秘密として取り扱いされています。

そこで、審査基準は行外秘という前提で、プロミスで行われている審査について、申し込みフォームの入力項目や外部から得られる情報を元に、審査の基準や方法について考えてみたいと思います。

プロミスの審査基準①属性スコアリング審査

プロミスの仮審査では、まずスコアリングを実施して申込者の絞り込みをおこないます。

スコアリングでは、プロミスに提供された個人情報を基に、過去の取引から得られたビッグデータを参考にして統計的処理をおこない申込者の属性をスコア化、一定以上のスコアを取った人のみ次の本審査へと進むことができます。

プロミスの審査基準②個人信用情報に基づく審査

外部審査とは、プロミスが指定信用情報機関に本人の信用照会をおこない、その結果を融資の合否判断に利用する審査のことです。

プロミスの加盟している信用情報機関は、CIC(シーアイシー)とJICC(日本信用情報機構)の2つです。

これらの信用情報機関に問い合わせて、もしプロミスの与信判断に重大な影響を与える情報が登録されていればそれだけで審査落ちの原因となります。

これはスコアリングの結果がいくらよくても関係なく、この結果だけで審査を落とされることも多いです。それだけ信用情報照会は審査全体の中で最も重要な審査基準のひとつと捉えてください。

プロミスの審査基準③勤務先への在籍確認

プロミスの審査では、勤務先への在籍確認がおこなわれます。在籍確認は審査の最終段階でおこなわれるのが一般的です。

在籍確認とは、信用照会と共に審査で最も重要な手続きのひとつで、その方法はプロミスが本人の勤務先または自宅(自営業者の場合等)に電話をかけて、申込者がプロミスに申告した勤務先(または自宅)で本当に在籍して働いているかどうか確認します。

在籍を確認することで、申告された収入が間違いなくあることを間接的にチェックできるのです。

ただし、申込者の信用情報や収入、申込額等から、プロミスが総合的に判断して在籍確認の取り扱いを決めるので、もし申込者が電話での在籍確認について何か要望があれば、申込後にすぐにプロミスに電話して相談するようにしてください。

そうしないと、プロミスに申し込んだあと自動的に在籍確認の電話連絡が実施されることとなります。

在籍確認は、電話を受ける申込者の職場関係者を巻き込んで行われる手続きですので、プロミスにとっても神経を使う手続きです。

それだけにプロミスとしても、在籍確認は本審査の合否がほぼ確定した時点でおこなうことが最も合理的なので、結果的に審査の終わりのタイミングで行われることが多いのです。

ただし、例外として申込者の事情や要望を聞いてプロミスが在籍確認を早めに済ませた方がいいと判断すれば、在籍確認のタイミングを早めるとか、ときにはその他の審査を先に終わらせてから後日あらためておこなうという判断をすることもあります。

プロミスの審査基準に通らない要因と対策

プロミスの審査の流れと大まかな審査基準を理解してもらったところで、いよいよプロミスの具体的な審査の中身について解説します。

審査はいろいろな項目から形成されているので、確実にプロミスの審査に通るためにはそれらの項目を知ったうえで申込前に改善しておく必要があります。

そうしないと、現状維持のままプロミスに申し込んでも審査落ちする可能性が高くなります。筆者の考える審査の重要な項目とは以下の10点です。

安定した収入がない

申込者本人に安定した収入がなければプロミスの審査に通ることはできません。

特にプロミスは消費者金融業者なので総量規制を受けており、収入のない人にはお金を貸せないようになっています。

ただし、学生や主婦でもパート、アルバイトなどで働いて安定した収入があればプロミスのカードローンに申込みができます。

勤続年数が短い

プロミスの審査に通らない原因のひとつとして勤続年数が短いことが挙げられます。一般的には勤続年数が極端に短いとカードローンで審査落ちの原因になります。

どれくらいを短いとするかは貸金業者により異なりますが、一般的には6ヵ月以内だと審査では低く評価され、1年以上勤務実績があればそれほどデメリットではないと考えられています。

ただし、プロミスは新規貸出にも積極的な金融業者なので、たとえ勤務開始から3ヵ月~6ヵ月以内でも総合的に判断して特に問題なしと見てくれれば審査を受けることは可能です。

ただし、その場合は、本人に他社借入がなく、信用情報にも何も問題点がないという前提で、例えば限度額で○○万円以下なら借りられるなどの条件がつくでしょう(金額は人により異なるのであえて表示していませんが、かなり低くなることは事実です)。

収入に対して希望金額が高すぎる

申込額が収入対比で高すぎるとプロミスで審査落ちの可能性があります。

申し込みフォームに書く希望限度額が、本人の収入に比べてあまりも高すぎると、プロミスの審査担当者にも「お金の管理がきちんとできない人」と悪いイメージを持たれる可能性があります。

仮に他に借入がない前提でも、プロミスの申込額が年収の5割を超えるような限度額だと、実際借りても途中で返済が厳しくなることが確実です(もちろんプロミスは総量規制で年収の3分の1を超えて貸せません)。

申し込みフォームには、返済できる節度を持った希望限度額を入力してください。

参照プロミスで借入可能かすぐに結果がわかるシミュレーション

年収の3分の1を超えてしまう

プロミスを含む総借入額が年収の3分の1を超えてしまう場合、審査落ちの可能性があります。

消費者金融は、総量規制により、他社含む全社の融資合計で本人年収の3分の1を超えて貸出をすることが禁じられています。

それだけに、すでに他社の融資総額が収入の3分の1近くに達していたらプロミスは審査落ちしますし、仮に審査通過しても、借入総額が収入の3分の1以内になるよう、希望限度額がかなり減らされることになります。

他社借入件数が多すぎる

プロミスのカードローンを申し込むときに、すでに他社の借入件数が多いと審査に落ちてしまいます。

一般的には、他社借入件数がすでに3~4社もあればどの貸金業者も多すぎると判断します。

そのためプロミス審査の事前対策としては、利用していない契約枠だけのカードローンがあれば、解約して数を減らすとか、利用残高が少ないカードローンがあれば、他の枠空きがあるカードローンに一本にまとめるなどして契約数を減らしておくことが効果的です。

どうしても在籍確認が取れない

以前に解説したように在籍確認はプロミスにとって大切な審査手続きのひとつです。したがってプロミスがどうしても在籍確認が取れないと審査に落ちてしまいます。

ただし、在籍確認が取れないケースにはさまざまな背景や理由があり、事前に申込者がプロミスとうまくコミュニケーションを取って確認作業に協力することで在籍確認が取れる場合もあります。

在籍確認が取れない恐れがあるなら申込後すぐにプロミスに相談されることをおススメします。

申告内容に嘘が混じっている

申し込みフォームの内容に嘘が混じっており、その虚偽の内容が悪質だった場合はプロミスで審査落ちします。

プロミスとしても申し込みフォームの内容や送られてきた確認書類の中身に疑問を感じたら時間をかけて慎重に審査しますので嘘がバレる可能性が高くなります。

もちろん嘘がバレたら審査に落ちることは確実ですし、そのあとも嘘をついた事実と個人名が長くプロミス内部で負の記録として保存されるので二度とプロミスを利用できることができなくなります。

プロミスで嘘の内容を申告することや、まして虚偽書類を提出するなどは絶対やってはなりません。

個人信用情報に傷がある

プロミスでは審査にあたり信用情報機関に信用照会します。

その信用照会で登録内容に無視できないレベルの情報があれば審査落ちの対象です。

例えば5年以内に自己破産等の債務整理をしていた、直近で返済の遅延を3~4回起こしている、などの情報も十分に審査落ちの原因となります。

とにかく自分の信用情報に傷をつけないことがプロミスの審査を通過する一番の近道です。

過去にプロミスとの取り引きでトラブルを起こした

過去にプロミスでトラブルを起こして金銭的に被害を与えていた場合、かなりの確率で審査落ちします。

申込者の中には過去にそのようなトラブルを起こしたことさえ忘れてまた、同じ業者に申込みする人もいないとは限りません。

また、プロミス含む貸金業者も定期的な人事異動があって審査担当者も交代するので、人の記憶だけではその事実を覚えておくのに限りがあります。そのようなトラブル情報は社内に永久保存して、審査の都度活用してトラブルの再発に備えています。

短期間に複数のカードローンを同時に申し込んだ

プロミスの申込前に短期間で複数のカードローンに申し込みしていた場合も審査落ちの対象です。

短期間の定義は各社によって違いはあるものの、1~2ヵ月以内に3社以上申込みしている状態は、貸金業者からすればあまり好ましい状況ではありません。

貸倒れリスクを回避するために、そのような申込者からの依頼は業者としても極力受けたくないと思います。

信用情報機関では各社からの申込情報が6ヵ月間保存されています。申し込みする側もできれば申し込みのサイクルを6ヵ月空けておこなえば信用情報機関に記録も残らないので、次のプロミスの審査でも影響を受けにくいと考えています。

申し込みフォームへの入力は正確に漏れなく

ここからはプロミスの審査項目とは直接関係ないものの、カードローンの審査を受ける申込者の心構えとして必ず備えておかねばならない姿勢について解説します。

どのようなものでも人に見てもらう書類は丁寧かつ整然と書かれているものが適切です。消費者金融に提出するキャッシングの申し込みフォームもその例外ではありません。

プロミスの審査担当者が申込者から送られてきた申し込みフォームをみて入力が必要な個所の内容が不十分とか、肝心な点が抜けているのが目立つようなものだったら良い印象を持つでしょうか?

私は持てるはずがないと考えています。下手したらそれだけの理由で審査落ちを引き起こしてしまうかもしれません。

とにかく、申込者は審査を受けるという立場から謙虚な姿勢で申込書の記載は丁寧かつ漏れなく記入するよう心がけてください。

プロミスからの電話はいつでも取れる状態にしておく

最近は貸金業者の審査もネット活用が多くなっており、申込みから書類の受け渡しまで多くがネット経由です。

しかし、適宜、電話も手続きでネットと並行して利用されているので、もしプロミスから電話がかかってきたら、いつでも取れる状態にしておいてください。

電話がかかってきても無視するとか自分の仕事優先で電話に出ずに後のフォローもしていない状態だと、場合によってはそれだけでプロミスの審査に落ちてしまうケースもあります。

プロミスがわざわざ電話をかけてくるのはそれなりの目的があるからです。例えば本人確認です。

金融取引は必ず本人と契約することが絶対ですが、他人が本人のふりをして貸金業者に申込みするとこもあります。

そのため本人確認のために本人の生年月日など、本人しか知りえない事実を質問して本人確認をするのです。また、本人の借入意思を口頭で確認する目的もあります。

このように電話確認にはいろいろな目的があり、それを無視するのは自ら審査で落としてくださいといっているような行為です。少なくてもプロミスとの契約が終了するまでは、プロミスを優先して電話の応対をしてください。

まとめ

プロミスの審査について、その流れや審査基準、そしてその対策や心構え等について解説してきました。

プロミスも大手消費者金融である以上、基本に沿ってオーソドックスな審査をおこないます。それだけに審査を受ける側も、きちんと自身の申込条件を整えたうえでプロミスの審査に臨むべきと考えています。

ただし、申込条件を整えるには一定の期間が必要です。また、地道な取り組みからしか良い結果は生まれません。プロミスの審査に通るためにも、焦らずに一つひとつ自身の属性や条件を改善していきましょう。

NEXTプロミスのカードローンを借りるメリット・デメリット