債務整理後で信用情報に履歴のないスーパーホワイトはカードローンやクレカの審査に通らない?

債務整理

気が付けば債務整理から5年以上の時が経過し、新たなローンを組みたい・クレジットカードの新規発行申し込みをしたいと思っているけれど「債務整理をしてしまった」ことから罪悪感を持ってしまい、一歩を踏み出せずにいる方たちも多いのではないでしょうか?

債務整理に対して罪悪感を抱いてしまう気持ち、とてもよくわかります。

しかし、逆の見方をすれば「債務整理に対する罪悪感は、きちんと返済しながら生活していきたいといった前向きな気持ちへの表れ」と言っても良いのではないでしょうか?

生きるというのは、常に変化の連続です。例えば「債務整理をする時には車の維持が難しかったけど、債務整理をして余裕のできた今、生活手段として車がほしい」「二度とローンを組む気はなかったけれど、勤務先の業績悪化などで一時的にキャッシングをして生活費を賄いたい」など、さまざまな出来事によってローンを意識することもあると思います。

新規ローンを検討する中で、債務整理をしたことによる意外な影響として、債務整理後、ローンが組めなくなる一定の期間に個人信用情報機関の登録情報が債務整理情報を含め何も記載のないスーパーホワイトになってしまうことをご存じない方が非常に多いのです。

新規ローン申し込み審査に通らないのは、多重債務状態だけでなく、スーパーホワイトと呼ばれる「記載情報が一切ない」状態の人に対しての審査にも大きく影響することなのです。

今回は、そんな気になる「個人信用情報のスーパーホワイトとはどんな状態のことなのか?」について詳しく解説いたします。

個人信用情報がスーパーホワイトの状態とは?

債務整理を行う際、ご自身が選択された方法によっても個人信用情報機関への掲載期間は異なりますが「任意整理は最大でも5年間、個人民事再生および自己破産については最大でも10年間を超えない間」のみ掲載することが許されるという明確な定めがあります。

つまり、債務整理を行った旨の事実が個人信用情報機関に掲載されている期間は新規ローンやクレジットカードなどの利用が出来なくなる期間となるわけです。

債務整理後から最大10年間の期間が経過することで個人信用情報機関への登録情報は破棄され、情報記載の一切ない「スーパーホワイト」と呼ばれる状態になります。

ご自身の現在の登録情報がどのような状態になっているかは、実際にご自身が情報の開示をしてみなければわかりませんので、気になる方は下記に記載の参考URLから個人信用情報の開示請求をしてみてください。

個人信用情報機関の種類

日本には個人信用情報機関と呼ばれる機関が現在3つ存在しています。

  1. 日本信用情報機構(JICC)
  2. クレジットインフォメーションセンター(CIC)
  3. 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

①日本信用情報機構(JICC)
信販会社、消費者金融、クレジットカード会社全般、携帯電話会社、リース会社などが加盟し、情報の登録を行なっています。

公式HP:日本信用情報機構(JICC)

②クレジットインフォメーションセンター(CIC)
信販会社、消費者金融、クレジットカード会社全般、携帯電話会社、リース会社などが加盟し、情報の登録を行なっていますが、日本では個人信用情報機関=CICといわれるほど金融機関の利用頻度の高い個人信用情報機関といえます。

公式HP:クレジットインフォメーションセンター(CIC)

③全国銀行個人信用情報センター(KSC)
銀行でローンや借入をした際に情報の登録がされます。

公式HP:全国銀行個人信用情報センター(KSC)
 
債務整理を行った会社のホームページなどに、どの機関に情報の登録を行っているかの記載があると思いますので一度確認してみてくださいね。

スーパーホワイトが新規ローンやクレジットカードの審査で不利な理由

2016年にJCBが発表したクレジットカード保有率は、なんと84.2%!!

もはや、持っていない人の方が少ないほどの普及率ですよね。それほどまでに私たちの生活と密着しているクレジットカードですが、キャッシング機能が付帯されているものも多く、審査が厳しく行われるようになりました。

車などの高額な商品を買う際にローンを組む際や、クレジットカードを申し込む際に企業が何を基準に審査しているか?ピンとこない方も多いのではないかと思います。実は、この審査の際に必ず閲覧されるのが個人信用情報なのです。

個人信用情報には「あなたがいつクレジットカードを使用し、支払いが遅延なく行われているのか?」が掲載されています。この情報を元に信販会社や金融機関は「この人は毎月しっかり支払いをしているな」といった情報を得て、審査の可否を決めているのです。

これだけクレジットカードが普及していても、高齢の方などは現金でのみ生活をされている方もいらっしゃいます。しかし、個人信用情報機関に全く情報がない=基準となる取引履歴すら得られないことは「審査のしようがない」ともいえます。

信販会社などからすれば「クレジットカードを発行し、ローンを許可してもきちんと支払ってくれるかの判断ができない」のです。これがいわゆる個人信用情報がスーパーホワイトの状態です。クレジットカードやローンの審査にとても不利となってしまう原因の一つとして大きく関係しているのです。

スーパーホワイトはクレジットカードやローンはあきらめるべき?

「債務整理から生活を立て直して、ようやく生活に余裕も生まれ、クレジットカードやローンを検討し始めたけれど、結局自分には利用できない」と悲観されてしまう方もいるかもしれません。

では実際どうなのか?本当にクレジットカードやローンの利用はできないのか?といえば、まったくそんなことはありません。なぜならスーパーホワイトの状態は「ほかに借り入れなどはいっさいありませんよ」といった、あなたに債務が一切存在しないことは証明しているからです。

これだけクレジットカード保有率が上昇している現代といえども、借金を嫌い、現金支払いのみで生活している人も少なくはないのですから、諦める必要などありませんよ。

まずは実践!いちばん身近なクレジットヒストリー(クレヒス)の作り方

スーパーホワイトの状態が審査に不利であるならば、口座引き落としで尚且つ個人信用情報機関への掲載がされるスマートホンや携帯電話の機種代金を分割契約してみましょう!

その際に、携帯電話会社の発行するクレジットカードに申し込みたい旨とそのクレジットカードで毎月の携帯電話料金の支払いを検討していることを伝えてみてください。「これまでクレジットカード自体を作ったことがないのでよくわからないのですが」と相談してみれば大丈夫!

現在では、ほとんどの携帯電話会社が自社でクレジットカードの発行を行っています。今までも利用歴のある携帯電話会社であれば、これまでの通信料金の支払い実績が個人信用情報機関の取引履歴の代わりとして評価してもらえる可能性も大のため、スーパーホワイトであっても発行してもらえる期待大ですよ。

もし断られたとしても、分割契約した端末料金をきちんと支払っていれば、半年後には他社のクレジットカード審査に通過できる可能性も大ですので、あきらめないでください。

債務整理後のスーパーホワイトは堂々とできる証ですよ

これだけクレジットカードが普及してしまうと、スーパーホワイトの状態がまるで悪いことのように感じてしまうかもしれませんが、裏を返すと「どこにも借金がありませんよ」と堂々と証明していることと同じ状態なのです。

債務整理という人生の大きな転機を越えてやっとつかんだ余裕なのですから自信を持ってくださいね。

お急ぎならこのカードローン

\Webなら最短1時間融資も可能/
消費者金融プロミスのキャッシング・カードローン
公式サイトへ

消費者金融プロミスのキャッシング・カードローン
金利(実質年率) 借入限度額 審査時間 融資スピード
4.5~17.8% 最大500万円 最短30分 最短1時間
早さよりも金利で選びたい

\楽天会員ランクに応じて審査優遇/
楽天銀行カードローン「スーパーローン」
公式サイトへ

楽天銀行カードローン「スーパーローン」
金利 借入限度額 審査時間 融資スピード
年1.9~14.5% 最大800万円 最短1~2営業日 最短2営業日