カードローンの申し込みは途中キャンセルできる?

2017年3月23日

カードローンの申し込みが完了したあとに、「お金を用意できたからカードローンの申し込みをキャンセルしたい」とか、「2社同時に申し込んだから、どちらか片方を取り消したい」となることがあります。

お金に困ったときは、焦りからか同時に複数のカードローンに申し込みをされる方は多いようですが、カードローンは1枚あればいいので、どちらか一方のカードローンは途中で申し込みをキャンセルすることになります。

この記事では、カードローンの申し込みを途中でキャンセルする方法について解説します。

カードローンの申し込みを取り消したりキャンセルしたりすると、罰金やペナルティーは発生するのでしょうか?

カードローンの申し込みを途中でやめたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

カードローンの申し込みは途中でもキャンセルできる?

カードローンの申し込みをキャンセルしたいときに、途中で申し込みをやめることはできるのでしょうか?

結論からいえば、カードローンの申し込みは途中でキャンセルすることも可能です。

カードローンの申し込みを途中でキャンセルしたい場合には、申し込みを取り消すタイミングが非常に重要です。

以下は、カードローンの申し込みから契約が完了するまでのおおまかな流れです。

  1. カードローンの申し込み
  2. 仮審査
  3. 本審査
  4. カード発行
  5. 契約完了

カードローンの申し込みをキャンセルできるタイミングは、カードローン会社によって異なりますが、ほとんどの場合、カード発行の手続きが行われるとキャンセルできないことがほとんどです。

カードローン専用のカードが発行されてしまうと、途中でキャンセルすることは難しくなります。

審査前ならカードローンをキャンセルできる

カードローン会社によって対応は異なりますが、カードが発行される前であればカードローンの申し込みをキャンセルすることは可能です。

厳密にいえば、カードローンの審査が始まる前であれば申し込みを取り消すことができます。そのときに気をつけたいことは「どのタイミングで審査が開始するのか?」です。

特に消費者金融は銀行カードローンに比べて審査が早いため、タイミングを逃すとキャンセルできない可能性もあるので注意しましょう。

カードローンの審査時間
カードローン審査時間融資スピード
消費者金融アイフル最短30分最短1時間
アコム最短30分最短1時間
プロミス最短30分最短1時間
SMBCモビット10秒簡易審査最短即日
レイクALSA最短即日Webで最短60分融資も可能
J.Score(ジェイスコア)仮審査最短30秒最短即日
銀行みずほ銀行カードローン
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
三井住友銀行カードローン
りそな銀行カードローン
「りそなプレミアムカードローン」
楽天銀行カードローン「スーパーローン」最短翌日最短翌日
住信SBIネット銀行カードローン
オリックス銀行カードローン
auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」
PayPay銀行カードローン
ソニー銀行カードローン
イオン銀行カードローン
セブン銀行カードローン

※申し込みの曜日や時間帯によっては、翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

ご覧いただいたとおり、大手消費者金融のほとんどは即日審査や即日融資に対応しています。

申し込みの時間帯が遅いと審査の都合上、翌日の対応となりますが、それでも最短1日〜2日程度で融資が実行されることがほとんどです。

銀行カードローンのなかには口座がないと申し込みができない商品もあり、口座を開設するまでの時間を含めると数週間はかかる見込みです。消費者金融に比べると融資までは遅いですが、審査は保証会社が行うケースが多いので比較的スピーディーです。

審査が開始するとカードローンの申し込みをキャンセルすることが難しくなります。そう考えると、すぐに電話をかけてカードローンの申し込みを取り消さなければいけません。

カードローンは、急いでお金を借りたい方にとって便利な一方、審査が開始されるまでのスピードが早いので、途中で申し込みをキャンセルすることが難しいというのが現状です。

しかし、諦めるよりもまずは行動です!カードローン会社によっては、カードが発行される前であれば申し込みをキャンセルできるところもあります。

どうしても途中でカードローンの申し込みをやめたい方は、今すぐ電話をかけて申し込みがキャンセルできるかどうかを相談をしてみてください。

ローンカードが発行されるとキャンセルできない

ローンカードが発行されると申し込みはキャンセルできません。そのため、どうしてもカードがいらない場合には、キャンセルではなく解約となります。

しかし、すぐにカードローンを解約するのはやめておいたほうがよいかもしれません。なぜなら、カードローン会社からすると、冷やかしかな?と思われるからです。

最近では、ポイントや商品券などを貰うためだけにカードローンを申し込み、すぐに解約する人も多いようです。

カードローンを利用しないまま短期間で解約すると、もう二度とお金を借りられないという訳ではありませんが、本当にお金が必要になったときにキャンセル先のカードローン会社に申し込みをすると、社内には早期解約した記録が残っているので、普段よりも厳しめに審査される可能性もるので注意しましょう。

キャンセルできないからといってすぐに解約しない

カードローンは基本的に年会費や手数料は無料です。利用しなければ利息も発生しないため、カードを持っているだけでなにか支払いが生じるということはありません。

下手にカードローンを解約すると、同じカードローン会社に再申込みをするときに融資の審査に影響するので、もしものときのために使わず持っておくという選択肢もありだと思います。

ただし、これは1社だけ申し込みをした場合に限ります。いくら審査が不安だからといって、2社も3社も続けてカードローンに申し込んだら、せめて1枚だけ残して、あとはすぐに解約手続きを行いましょう。

実際にお金を借りていなくても、契約をしていれば多重債務に陥ってしまうことも有り得ます。

複数社のカードローン会社と契約をしていると、お金に困っていると判断され車のローンや住宅ローンを組むときに審査に落ちる可能性が高くなるのでご注意ください。

カードローンの申し込みをキャンセルするとどうなる?

次にカードローンの申し込みをキャンセルするとどうなるのか?という点についてですが、カードローンは申し込みをした時点で信用情報機関に登録されます。

信用情報機関とは?

信用情報機関とは、信用情報を記録・管理・提供している組織です。

また信用情報とは、ローンやクレジットカードの申し込みや契約などの客観的な取引事実に基づく情報のことを指します。

日本に存在する指定信用情報機関は以下の3社です。

  • JICC(株式会社日本信用情報機構)
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)
  • 全国銀行個人信用センター

ほとんどの消費者金融はJICCに加盟していますが、銀行は全国銀行個人信用センターに加えてJICCまたはCICのいずれかに加盟しているケースもあります。

カードローン会社では、お金を貸すか貸さないかの判断を信用情報から判断してます。

カードローンの審査では、信用情報に登録されている借金の数や返済遅れの有無などを調査しながら、申込者から提供された本人情報や書類とも照らし合わせながら融資の可否を判断します。

信用情報の登録期間

信用情報は1回でも登録されたからといって、一生消えないわけではありません。

信用情報の種類によって登録期間は異なりますが、一定期間が経過すれば信用情報機関から抹消される決まりになっています。

申込情報

信用情報機関には、カードローンの申し込みに関する情報が最長6ヵ月間は登録されます。

  • カードローンの申込先
  • カードローンの申込日
  • 申込者本人の情報

契約情報

審査を通過したあとに契約を完了すれば、カードローンをキャンセルする・しないにかかわらず、その内容が信用情報として記録されます。

  • 契約日
  • 契約額(借入金額)
  • 支払期間

これらの情報は、解約してから最長5年間は記録が残ります。カードローンやクレジットカードの返済が終わってからではなく「解約後」ということに気をつけましょう。

借金完済後も契約を解除していないと、今現在の借り入れ情報は保持されているのです。

完済してからもそのまま解約せずにカードを保有している方も多いかと思いますが、そのまま持っていても「利用者扱い」となるので、なにかしらローンを組むときは審査に影響してしまう可能性もあります。

再申込みや他社カードローンへの影響は?

申し込みをキャンセルまたは解約した場合は、同じところと再契約しようとしたとき審査が少し厳しくなってしまうこともあります。

またカードローンの申し込みをキャンセルした情報も信用情報機関に最長6ヵ月間は登録されるので、その期間に続けて複数のカードローンに申し込むと「申し込みブラック」となってしまい、ますます審査に通りづらい状態になります。

短期間に複数のカードローンへ申し込むと申し込みブラックになる

申し込みブラックとは、短期間の内に何度も申し込みを行なったために、カードローン会社やクレジットカード会社などから警戒されている状態のことをいいます。

警戒されてしまうと「よほどお金に困っているな」「他社の審査に落ちたから問題があるのでは?」と評価されてしまい、審査に通りにくくなってしまうのです。

ではどのくらい申し込みをしてしまうと、申し込みブラックとなってしまうのでしょうか?

一般的には1ヵ月間に3社以上申込みをしてしまうと申し込みブラックとなってしまうようです。また、申し込みをして審査に落ちれば落ちるほど次の審査は厳しくなる傾向にあります。

審査に落ちてしまったからといってムキになって次の申し込みをしても印象が悪くなるばかりで悪循環となります。

申し込みに関する情報は登録日から6ヵ月が経過しないと削除されないので、3社に申し込みをして3社とも審査に通らなかった場合は、最後に申し込みをした日から数えて6ヵ月間待ちましょう。

信用情報がクリアになってから再スタートすれば、以前よりは審査に通る確率は高くなっているはずです。また、複数の借入れがある方はこの期間に借入件数や借入残高をできるだけ減らしておくことによって、審査通過率を上げることができます。

銀行カードローンなら仮審査をキャンセルできる

最近のカードローンの特徴として、スピード審査・スピード融資を行うところが多くなっています。

申し込みをすると、早いところでは最短30分で審査結果の回答がきます。また、審査の段階でお金を貸しても問題ないと判断されれば審査中にカードの発行手続きを行い、少しでも早く融資できるようにしているカードローン会社もあります。

契約に関する情報の保有期間は5年間ですおで、キャンセルするのであれば契約前に行いたいですよね。

銀行カードローンの中には審査を「仮審査」「本審査」と分けて行うことによって、契約意思の確認の為に保留期間が用意されているところもあります。

商品名仮審査の保留期間
東京スター銀行カードローン2週間
住信SBIネット銀行カードローン14日間

仮審査に通過すれば、次の本審査を行うために約14日間の保留期間が設けられています。中には、審査後に心変わりしたという方も少なからずいらっしゃるはず。

上記の銀行カードローンでは「やっぱりキャンセルしたい」となったときにも真摯に対応してくれます。銀行側としてもせっかく審査をしてカード発行までしたのに全然利用されないというのも防ぎたいですよね。

カードローンの中には簡単な審査診断ができるところは多くありますが、仮審査を導入しているところは多くはありません。

「申し込みのキャンセルができないのはちょっと怖いな…」という方は検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

カードローンの申し込みをキャンセルするときは以下のことに注意してください。

  • 審査が開始するとキャンセルできない場合がある
  • 契約完了後はキャンセルではなく解約の扱いとなる

中にはカード発行してしまうと解約できないというところもあるので、どのみちキャンセルしたい場合は直接電話で確認しましょう。メールだと即時に見られないことがあり、間に合わなくなる可能性もあるので電話のほうが対応は早いです。

また、キャンセルをすることによってどんな影響があるのかというと

  • 申込情報の保有期間は最長6ヵ月間
  • 契約情報の保有期間は最長5年間

審査に落ちてしまった場合は仕方ないですが、ほかに条件の良いカードローンを見つけたからといってキャンセル後すぐに他社のカードローンに申し込みすると、審査で少し不利になっているということを理解しておいてください。

他社の審査にも落ちてしまって、結局どこからも借りられないとなっては本末転倒です。

だからこそ申し込みするときにしっかりと借り入れ条件や情報を得る事が重要になるのです。また、カードローンには借り換えローンという今使っているカードローンを他社に乗り換えるというものもあります。

短期間でのキャンセルや解約は印象が良いものではありませんが、合法的に他社へ乗り換えることは可能です。