携帯電話の分割払い(割賦契約)と信用情報の関係

携帯電話の分割払い(割賦契約)と信用情報の関係

携帯電話の機種代金を分割払い(割賦契約)にしている人も多いと思いますが、携帯電話の分割払いが遅れると個人信用情報に登録されることを知っていますか?

携帯料金の支払日を過ぎても、「すぐに止められることはないだろう」と甘く考えて、毎月携帯代の支払いを滞納している人はいませんか?

携帯電話の分割払いは割賦契約というクレジット契約の一種です。ですから支払の遅れはクレジットカード代金と同じように、個人信用情報に登録されてしまいます。

この記事では、携帯電話の分割払い(割賦契約)と個人信用情報の関係についてお話ししたいと思います。

携帯電話の分割払い(割賦契約)とはどういう契約なのか?

割賦契約(正式には個品割賦販売契約)とは、負債や代金などを月賦または年賦などで複数回に分割して支払うことです。

別名「個別方式のクレジット」「ショッピングローン」とも呼ばれています。

言葉の意味はどれも同じで、繰り返しになりますが割賦契約(個品割賦販売契約)はクレジット契約の一種です。

割賦契約とクレジットカードの違い

割賦契約の対義語は「クレジットカードの契約」です。

こちらは単に「クレジットカード」「包括クレジット」などと呼ばれます。

いわゆる一般的なクレジットカードのことで、あらかじめ限度(極度額)を設定し、その範囲内でショッピングや施設の利用代金など加盟店舗の支払い全般に利用できる仕組みです。

割賦契約とクレジットカードの違い

個品割賦契約とクレジットカードの一番の違いは、反復利用ができるかどうかです。

クレジットカードは限度(極度額)内なら繰り返し反復利用できます。これを「包括契約」といいます。

これに対し、割賦契約では個別に品物を購入する度にその都度、割賦契約を結びます。これを「個別契約」といいます。

購入毎に割賦契約を結ぶということは、買い物をする度に審査を受ける必要があるということです。(クレジットカードは初回の審査のみ)

ここまでお話しした携帯電話の分割払い(個品割賦契約)とクレジットカードの比較をまとめると以下のようになります。

携帯電話の分割払い(個品割賦契約)とクレジットカードの違い
契約違う点同じ点
携帯電話の分割払い(個品割賦契約)個別契約所定の審査がある
クレジットカード包括契約

割賦契約と信用購入斡旋の違い

信用購入斡旋とは、商品やサービスの購入代金をカード会社が一時的に立替え払いをし、そのあとはカード会社に支払っていく契約です。

これに対して、割賦契約では購入者と販売者が直接分割払い契約を結ぶ形式なので、カード会社は登場しません。

割賦契約と信用購入斡旋の違い

例)家電量販店で~
・分割払いで携帯電話を買う→割賦契約
・分割払いでテレビを買う→信用購入斡旋

家電量販店で買い物をするところまでは両方とも同じですが、電化製品の場合、クレジットカードを使って分割払いにします。

これに対して、携帯電話を買うときに最初は店員と話しをしても、いざ契約になると携帯会社の社員に変わるのは、購入者(あなた)と販売者(携帯電話会社)が直接分割払い契約を結ぶ割賦契約だからです。

※携帯電話の分割契約書の中には「信用購入斡旋」と書かれているものもありますが、この場合も内容はあくまで顧客と携帯電話会社の割賦契約になります。(携帯会社やその子会社が信用購入斡旋として代金を立替えるが、契約自体は割賦契約と変わらない。「月々購入サポート」などと呼ばれる形態)

ちなみに携帯電話が携帯会社との割賦契約なのは、「販売奨励金」があった時代からの名残です。

販売奨励金とは、電話機本体の販売促進のために携帯電話メーカーが販売店(直営店や携帯ショップ)に対してお金を払っていた制度です。

例えば「仕入値が1台5万円の携帯電話を1台販売する毎に販売奨励金10万円」といった具合に、まさに売れば売るほど儲かった時代がありました。

この当時、実際には携帯電話会社と顧客で2年の信用購入斡旋を結んでいました。

しかし、携帯電話本体は実質ゼロ円(機種によっては購入すると何万円か貰えたことも)なので、信用購入斡旋契約の契約は形式だけのもの。加熱する販売競争で審査も今ほど厳しいものではありませんでした。

契約で最も重視されたのは2年間継続して契約することで(いわゆる2年縛りはこのころ始まりました)万が一、中途解約する場合には高額の違約金(当時の相場で数十万円と聞いたような記憶があります)が必要なケースもあったようです。

携帯電話の分割払いは、この時代の名残で今もこの形態を続けています。

携帯電話の機種代金は分割払い(割賦契約)=クレジット契約

携帯電話の分割払い(割賦契約)もクレジットカードも共に同じクレジット契約です。

ですから、携帯電話の分割払い(割賦契約)もクレジットカードのように個人信用情報とは密接な関係があり、その影響度も同じです。

個人信用情報と携帯電話の分割払い(割賦契約)の関係

携帯電話の分割払い(割賦契約)もクレジットカードと同様に個人信用情報と密接な関係があります。

携帯電話の購入時に、契約書類をどこかにFAXして「今確認していますので、しばらくお待ちください」と言われますが、このときに個人信用情報の調査(照会)と審査を同時におこなっています。

信用情報の照会結果が出ると、携帯電話の分割払い(割賦契約)が通るか断わられるか(審査落ち)が決まります。

個人信用情報とは?

個人信用情報とは、クレジットやローン等の信用取引に関する申し込み、契約内容、返済、支払状況、利用残高などの客観的取引事実を表す情報の総称です。略して個信(コシン)とも言います。

信用情報機関とは、個人信用情報を取り扱う専門の会社であり、以下の代表的な3社があります。

信用情報機関3社
信用情報機関略称加盟会社取り扱い信用情報
(株)シー・アイ・シーCICクレジットカード系クレジットカード、カードローン等の情報中心
(株)日本信用情報機構JICC消費者金融系消費者金融借入の情報中心
全国銀行個人信用情報センター(全銀協)KSC銀行系住宅ローン等の情報

上記の3社はともに提携しており、原則どんな申し込みでも3社の情報を調査します。

ただし、申込みの内容で主(詳細)と副(断片的な情報のみ)に分かれます。例えば割賦契約ならCICが主、他の2社が副となります。

ちなみにCICの英語表記は「CREDIT INFORMATION CENTER」でクレジット会社が共同出資して始まりました。当初は割賦契約の情報登録が主な業務でした。

個人信用情報の最重要キーワード「異動」

個人信用情報にはさまざまな情報が含まれますが、その中でも重要なのが「異動」と呼ばれるものです。

異動とは、延滞、代位弁済、自己破産などを指し、「他とは異なる動き」という意味合いで異動と呼んでいます(CICと全国銀行個人信用情報センター(KSC)では異動、JICCでは「異参サ内容」と呼ぶ)。

携帯電話の分割払いに関係する信用情報の「異動」には2つのパターンがあります。

<携帯電話の分割払いにおける異動の2パターン>

  1. 携帯本体代金の延滞
  2. 携帯通話料金の延滞
①本体代金の延滞で異動になるのはいつ?

携帯電話の本体代金は24回払い月賦が一般的です。

月々の支払が1回でも遅れると、信用情報が「異動」になる恐れがあります。

支払うまでの日数や回数は、携帯会社によって違いがありますので注意が必要です。

②通話料金の延滞で異動になるのはいつ?

こちらも携帯会社により異なりますが、携帯電話の通話料金が60日~90日(約3ヵ月間)延滞すると強制解約となります。

強制解約になった時点で、信用情報機関に「異動」が記録されます。

信用情報の「ブラックリスト」について

俗に言う「ブラックリスト」についてですが、信用情報機関は「ブラックリスト」という言葉を使いません。

異動とはまさにブラックリストだといえるのですが、信用情報機関はあくまでも「異動」という言葉を用います。

なぜならブラックリストに載るという表現は、信用情報機関が個人の信用に傷を付けているという印象があるので、そうした誤解を避けるためです。

信用情報の流れ~割賦契約開始から支払終了まで

いつ何の情報がどのように登録されるのか、割賦契約開始から支払終了までの信用情報の流れを説明します。

<割賦契約開始~支払終了までの信用情報の流れ「CICの場合」>

  1. 申し込み
    →申込みをした内容が信用情報機関に登録される
  2. 照会
    →審査のために信用情報を確認した事実が信用情報機関に登録される
  3. (照会結果に異動などの問題がなく審査が通った)
  4. 契約
    →携帯会社と分割払い契約をしたという事実が信用情報機関に登録される
  5. 信用情報の蓄積
    →毎月の支払状況などが信用情報機関に登録される。
    (いわゆるクレジットヒストリー※詳細後述)
  6. 契約終了
    →予定通りの支払、自己資金の全額払い等で契約終了した事実が信用情報機関に登録

信用情報についてもう少し詳しく

ここでは「クレジットヒストリー(クレヒス)」と「個人信用情報と審査結果の関係」についてお話します。

クレジットヒストリー(クレヒス)について

信用情報が蓄積されることをクレジットヒストリー(略してクレヒス)といいます。

クレジットヒストリーは本来クレジットカードの利用履歴のことですが、携帯電話の分割払いもクレヒスとして扱われます。

一部では「クレヒスがないスーパーホワイト(信用情報が何も登録されていないこと)は、クレジットカードや住宅ローンの審査に不利」などといった記事があり、中には「絶対審査に通らない」と断言しているサイトもあります。

ただ、こうした内容については審査する側の銀行員には疑問を感じます。なぜなら本当に一度もカードを利用したことがないのは決して悪いことではないと思うからです。

クレジットヒストリーなしのスーパーホワイトがカードローンや住宅ローンを申込んだとき、信用情報に疑問を感じれば私なら直接本人に話を聞きます。

そして本当に利用歴のないスーパーホワイトだったとすれば、感心することはあってもそれだけでローン審査で落とすとは考えられません。

また、携帯電話の分割払いを、クレジットヒストリーを育てる良い方法などと表現する、いわゆる「クレヒス修行」といった言葉もありますが、こちらも銀行員としては賛同できません。

信用情報機関は審査しない

信用情報機関は情報の登録・管理をするところであって、融資や割賦契約の審査はおこなっていません。

ところが、ある人が携帯電話の機種変更を分割払いで申込んだところ、携帯会社の販売員から「審査が通らなかった理由はCICに聞いてください」と言われたそうです。

Q 携帯電話の機種変更を分割払いで申し込んだところ、ショップの人から「CICがダメ」ということで分割では購入できず、否決理由はCICに聞いてほしい」と言われましたが?
A CICでは、クレジットの審査を行っておらず、会員各社が独自の審査基準により総合的に判断しております。したがいまして、否決理由につきましてはCICではわかりかねます。
引用:よくあるご質問|指定信用情報機関のCIC

これが銀行の融資なら落ちた理由を顧客に教えることなど絶対にあり得ません。

なぜなら「あなたの信用情報に傷があるからローンの審査に落ちたのです」と言っているようなものだからです。

断わる説明として、通常なら「総合的に判断した結果です」などとオブラートに包みます。

一般的に携帯電話の分割払いでは、原則的に信用情報以外に断わる理由がありません。顧客もそれを知っているので、このような「開き直った」発言になるのでしょう。

なおCICでは、自身の現在の信用情報を確認できる「情報開示」という制度があります。

携帯電話の分割払いで審査に通らなかった方は、自分の信用情報を把握するためにも、情報開示請求をおすすめします。

参考情報開示とは?|指定信用情報機関のCIC

割賦契約という「契約」をしっかり守ることが大事

携帯電話の分割払いは世間一般の常識となっています。

1台10万円以上もするスマートフォンの機種代金を一括で支払うのは難しいので、薦められるままに分割払いをしてしまう人も多いでしょう。しかし、それは割賦契約だということは忘れないでください。

携帯電話の機種代金を毎月遅れないで支払っていく。割賦契約という契約をしっかりと履行することは大事ですが、それがどれだけ大変かは銀行員の私もよく知っています。

だからこそ個人信用情報がないスーパーホワイトは悪いことではないと思うわけです。

携帯電話の分割払いは決して「クレヒスを作るため」や「クレヒス修行」ではないということを最後のまとめとします。

お急ぎならこのカードローン

\アコムのローン利用者数は157万5千件!/
※2019年12月時点
アコムのキャッシング・カードローン
公式サイトへ

監修:加藤隆二/銀行員