マイカーローンの審査は甘い?厳しい?審査基準を解説

マイカーローンの審査は甘い?厳しい?審査基準を解説

マイカーローン(自動車ローン)を組んでから車の購入資金を借りるときに、低金利だからという理由だけで安易に審査を申し込むと思わぬ失敗を招いてしまいます。

なぜなら金利が低いマイカーローンほど審査の基準が厳しくなるからです。

審査よりもマイカーローン選びが先!という方は非常に多いのですが、審査基準を知ればより自分に合ったマイカーローンを見つけることが容易になります。

また、マイカーローンの審査に落ちるリスクを可能性な限り減らすことで、自身の信用情報に傷がつくのを防ぐことができます。

マイカーローンで自動車資金を調達したいという方は、まずはマイカーローン審査の正しい知識を学びましょう。

マイカーローンの審査基準や審査に通りやすくする方法を元銀行員の筆者が分かりやすく解説します。

「今までは親の車に乗っていたけど、そろそろ自分用の自動車を購入したい」「返済中だけど他の低金利なマイカーローンに借り換えしたい」という方にもおすすめの内容です。

目次

マイカーローンの審査基準

マイカーローンとは、自動車やバイクの車体購入費用だけに使用することができるローンです。

銀行によっては自動車の車体だけではなく、さまざまな車関連費用にマイカーローンを使うことができます。

マイカーローンで購入する自動車は、返済が困難になったときに売却することで、その資金をローンの返済に充てることもできます。

銀行にとってマイカーローンはカードローンよりも貸出しリスクが低い商品であるため、低金利に設定されているという点が特徴です。

しかし、マイカーローンは金利が低いほど審査に通りづらい傾向にあり、正社員などの高収入の人しか利用できないような審査が厳しめなローンなのです。

審査前に知りたいマイカーローンの使い道

マイカーローンはディーラーローン(信販会社のローン)とは異なり、自動車の車体購入以外にもさまざまな自動車関連の資金に利用することができます。

どの使い道にも、借り入れ前に資金使途の確認と金額を証明するために、見積書や資金使途を証明する資料を銀行に提出する必要があります。

マイカーローンで借りたお金は自動車やバイクの車体以外にも、レジャー用の車両、カーグッズ、オプション、車検や修理や運転免許取得費用、カーポート建設費用などにも使用することが可能です。

マイカーローンの使い道
  • 自動車(新車・中古車)の購入資金
  • バイク(自動二輪車)の購入資金
  • キャンピングカー・レジャーボート・ロードバイク等
  • 見積書に記載されたカーナビ等のオプション費用
  • 他社で利用中の自動車ローンの借り換え
  • 運転免許証の取得費用
  • カーナビなどカー用品の購入資金
  • 車庫建設のための資金
  • 車検や修理費用
  • 自動車保険の掛け金

※マイカーローンによっては一部対応していない商品もございます。各社の公式サイトをご確認ください。

なお、これらすべての使い道にはマイカーローン融資前に見積書の提出が必要となります。

そのため、見積書が出ないオークションでの購入や見積書そのものに信憑性がない個人間の車の売買などはマイカーローンでは融資を受けられません。

絶対に審査を通るマイカーローンはない

マイカーローンには審査があります。所定の審査基準を通過しなければ自動車のローンを組めません。

銀行によって、それぞれ「信用情報を重視するのか」「年収を重視するのか」などの審査基準は異なりますが、どのマイカーローンでも審査は厳格に行われます。

また、マイカーローンは審査が甘いわけではありません。むしろ金利が低いためカードローンなどと比べると厳しいとみて間違いないでしょう。

そのため、絶対に審査を通るマイカーローンなど存在しません。そのように謳っているマイカーローンはヤミ金(闇金融業者)の可能性が極めて高いため、絶対にお金を借りてはいけません。

マイカーローンの仮審査(事前審査)

マイカーローンの仮審査は保証会社によって行われます。

保証会社は、マイカーローン申込者の信用情報・勤務先・年収・勤続年数などを点数化して、基準点を超えた人のみ審査に通すスコアリングと呼ばれる審査をおこないます。

保証料に変動があるマイカーローンでは、スコアリングの点数が高い人ほど保証料率が低くなります。

この時点では見積書などは一切不要ですので、「自分はマイカーローンの審査に通るのか」「いくらまで借りられるのか」などを知るために、マイカーローンの仮審査だけを受けてみることもできます。

ただし、マイカーローンを申し込むと、信用情報には申込みをおこなったという情報が記録されてしまいます。短期間に複数他社への申し込みがあると、他社のマイカーローン審査では不利になるので注意しましょう。

マイカーローンは仮審査よりも本審査の結果が重要

マイカーローンの仮審査はあくまでも保証会社の保証が付くか付かないかの審査です。

仮審査に通過できたからといって、必ずマイカーローンの審査に通るわけではありません。

仮審査が完了すると、銀行でもマイカーローンの本審査をおこないます。

収入証明書や健康保険証などから、マイカーローン申込者の情報が正しいのかどうかを銀行員がチェックをおこない、齟齬がある場合には本審査で落とされることもあります。

このため、マイカーローンの本審査を通過するまでは、自動車屋さんとは契約手続きをおこなわないようにしてください。

年収や勤続年数に条件があるマイカーローンは審査基準が厳しい

マイカーローンの中には、貸付条件に「年収200万円以上」「勤続年数1年以上」などの厳しい条件があるローンも少なくありません。

一般的にこのようなマイカーローンは非正規雇用には手が届かない正社員向けのローンであることがほとんどです。

そのため、マイカーローンの審査では信用情報だけでなく、年収や勤務先などの情報もしっかりと調査をおこないます。

審査に自信がない人は、申込条件が厳しいマイカーローンへの申し込みは避けたほうがよいかもしれません。

マイカーローンはアルバイトやパートでも審査は可能?

マイカーローンの商品概要(貸付条件欄)に「正社員であること」という条件がない限りは、パートやアルバイトなどの非正規雇用者でもマイカーローンへの申し込みは可能ですので審査を受けられます。

また、申込条件に年収や勤続年数などの条件があるマイカーローンであっても、勤続年数や年収が基準以上を満たしていれば審査をしてもらうことは可能です。

しかし、現実的にアルバイトやパートがマイカーローンの審査に通過できたとしても、借りられるのは50万円以下が限度でしょう。

通常はマイカーローンの借入金額が高額になるほどローンの返済期間は長くなります。

正社員の場合ですと、借入期間が数年に及んでも今の仕事を継続する蓋然性が高いのですが、非正規雇用のアルバイトやパートには現在の仕事を今後数年間継続できるかどうかが疑わしいため、長期的な収入の安定性が懸念されてしまうためです。

そのような理由から、非正規雇用のアルバイトやパートでもマイカーローンへの申し込みはできるのですが、審査通過は難しく、高額の融資は期待しないほうがいいでしょう。

自営業者はマイカーローン審査に通りにくい

個人で事業を営む自営業者は、マイカーローンの審査だけではなく、個人向けローン全般に最も通過しにくい属性です。

自営業者がマイカーローン審査に通りにくい理由は以下の2点です。

①個人事業主は所得を意図的に低く申告している

個人事業主は税金対策のために生活費まで経費に入れ込み、意図的に所得を低く申告しています。銀行員は所得が数百万円ある個人事業主に対して、上司から「この人はきっとかなりのお金を持っているから預金の営業をしてこい」と言われるものです。それほどほとんどの個人事業主が確定申告書を赤字にしているか、100万円程度の利益しか計上していません。

実態はどうであれ、マイカーローンで審査されるのは確定申告書の申告所得です。マイカーローンの融資限度額は年収と同程度までが基本ですので、所得を低めに申告している個人事業主は、所得をベースに審査が行われるマイカーローンには通過しにくいのです。

②個人事業主は事業と生活が一体化している

個人事業主は事業と生活が一体化しています。しかし、マイカーローンなどの個人向けローンは事業資金向けの金融商品ではないのでビジネス用途には使用することができません。

個人事業主はそもそも事業と生活が一体化しているため、マイカーを事業の営業車両として使用した場合には、個人向けの用途で融資したお金が結果的に事業の用途に使用されてしまう可能性を否定することができません。

個人事業主はマイカーローンなどの個人向けローンの借り入れが最も難しい属性です。

個人事業主でも所得が高く、事業と生活費の区別がしっかりと管理できている人でなければマイカーローンの審査には通らないでしょう。

マイカーローンの審査結果は早い?遅い?

マイカーローンの審査結果が出るまでどのくらい時間がかかるのでしょうか?

マイカーローンの仮審査はコンピュータによるスコアリングがメインなので、比較的に早く審査結果が出ます。

ただし、マイカーローンの本審査は担当者による目視のチェックもあり、回答までには時間がかかる場合があります。

マイカーローンの仮審査結果は早い

マイカーローンは仮審査の結果が出るまでそれほど時間はかかりません。

マイカーローンの仮審査は保証会社によるスコアリング審査がメインですので、審査結果だけであればその日中か翌営業日までに出ることも珍しくありません。

しかし、現在ではマイカーローンの審査回答前に警察庁のデータベースへ反社会的勢力の確認をおこなうことが義務づけられています。

調査の時間に2営業日程度は必要ですので、審査回答まで早くとも最短2~3営業日くらいはかかると考えておきましょう。

また、低金利なマイカーローンほど厳格かつ慎重に審査がおこなわれますので、審査結果の連絡が遅くなる傾向にあります。

マイカーローンの審査結果が当落線上である場合には、最終的には銀行員の判断により融資が決められることもあるので、さらに審査で時間がかかることがあります。

マイカーローンはカードローンよりも審査に時間がかかるので即日融資は不可能です。すぐに審査結果が出るわけではありませんので、時間にはゆとりをもちましょう。

マイカーローン審査通過後、融資までに時間がかかる

無事にマイカーローンの審査を通過できたとしても、契約手続きなどもあり、借り入れまでには時間がかかります。

基本的にマイカーローンの契約は契約書に借主本人が記入をおこなう必要があるので、カードローンのように書類の記入が一切不要なWEB完結契約などはありません。

このため、契約書の記入のために来店や郵送による書類のやり取りをおこなう必要があります。

また、マイカーローンは契約のために用意する書類が収入証明書・健康保険証・見積書など数も多く、これらの書類を用意するのにも時間がかかる場合もあります。

また、融資実行日も基本的には自動車屋さんとの支払日の打ち合わせ通り、期日の前日か当日に融資をおこなうことになるため、実際の借り入れまでには手間と時間と労力がかかるものと覚悟しておきましょう。

仮審査結果は約3ヵ月間有効

マイカーローンの仮審査の結果はおよそ3ヵ月間有効です。

マイカーローンの審査結果が出て、自分がいくらまで借りられるのかが分かったら、3ヵ月間で融資金額の範囲内で買えそうな自動車をゆっくり探すことも可能です。

審査後でもキャンセルできる

マイカーローンの審査を通過した後でも申し込みをキャンセルすることができます。

例えば、2社のマイカーローンに同時申込みをして、2つとも審査に通過した場合には、金利の高い方のローン申し込みをキャンセルすることができます。

この場合には、変に嘘をつかず正直に「金利の低い別のマイカーローンの審査に通ったから」などと伝えればキャンセルができます。

マイカーローンや住宅ローンなどでは、金利で銀行が競合しており、どちらか金利の高いローンがキャンセルされるのは決して珍しいことではありません。

マイカーローンや住宅ローンのように、低金利という価値で銀行同士が競合しているローンは、正直に言えば「銀行も仕方ない」と判断し、審査を通過した後でもキャンセルに応じてくれます。

マイカーローンの審査に通らない人の特徴

マイカーローンの審査に通らない人は、マイカーローンのリスク許容度に満たない人です。

具体的には以下の4つの理由を考えることができます。

  • 年収に対して借入希望額が見合わない
  • 勤続年数が1年未満と短い
  • 複数の低金利ローンに同時申込みしていた
  • 複数の債務がある

審査に通らない理由1.年収と借入れ希望額が見合わない

マイカーローンでは自身の年収が借入れ限度額の適正額であると言われています。

このため、年収よりも高額の融資を希望すると、年収とは不釣り合いな借り入れであると銀行から判断されてしまい、マイカーローンの審査には通過できません。

なお、マイカーローンには減額という措置がありますので、借入れ希望金額を高めに設定して申し込みをおこなっても、自身の年収に見合った金額まで減額されたうえで審査に通過できることもあります。

審査に通らない理由2.勤続年数が1年未満

マイカーローンの審査を通るには勤続年数が1年以上は必要と言われています。

入社直後や転職後すぐにマイカーローンの審査に申し込みを行っても、審査では不利になることがあります。

なお、地方では自動車は生活や仕事の必需品ですので、社会人1年目でも信用情報に何ら問題がなければ公共性の観点から勤続年数が短くてもマイカーローンの審査に通過できることもあります。

筆者が銀行員だった時代に、勤続年数が半年程度の若者がマイカーローンの借入れを希望した際、審査に通過できるか心配だったため、マイカーローンとカードローンの同時申込みをおすすめしたところ、マイカーローンだけ無事に審査を通過できたという経験があります。

保証会社に理由を確認したところ、「車がないと生活に支障が出るから、カードローンはだめだけど、信用情報に問題がなかったからマイカーローンは可決にした」との話でした。

自動車を買う目的が通勤や生活必需品としてなのか、またはレジャーなど遊び目的として購入するのかによって、マイカーローンの審査結果が異なることもあるようです。

通らない理由3.複数の低金利ローンに同時申込みした

低金利のマイカーローンほど審査に通りづらく、借りるのが難しいです。

それゆえ、保険の意味を兼ねて複数のローンへ同時に申し込みする人もいますが、必ずどちらか一方の審査では、同時申込が分かる仕組みになっており審査で不利になります。

低金利のマイカーローン2社に同時申込みをおこなった結果、どちらも審査落ちした場合、信用情報には2社の審査に落ちたという情報が記録されるため、後に高金利のローン審査にも通らないという悪循環に陥る可能性があります。

通らない理由4.債務が複数ある

マイカーローンというのは基本的にカードローンなどの使い道が自由で無担保のローンを利用していない人向けに設計されている商品です。

よほど年収が高いか、公務員や上場企業の会社員などの属性の良い人でなければ、カードローンの借入れが1つあるというだけで、マイカーローンの審査に落ちてしまうことがあります。

現在カードローンを利用中の方は、マイカーローン審査前にできる限り完済しておくことをおすすめします。

マイカーローンの審査に通りやすくする方法

マイカーローンの審査に通りやすくなる方法がいくつかあります。

信用情報などを改善し、審査に通過しやすい自分を作る方法です。

また、マイカーローンの審査に通りやすい時期を狙って、ローンを申し込むという方法も有効です。

この章では、元銀行員がマイカーローンの審査に通りやすくする方法を伝授します。

審査のコツ1.少額のクレジットカードを利用して期日を守る

マイカーローンの審査において、クレジットカードの支払い履歴は非常に重要です。

クレジットカードを毎月少額でも良いので利用して、期日通りに支払うというサイクルをできる限り長く続けましょう。これだけでマイカーローンの審査を通過しやすくなります。

また、クレジットカードの支払履歴が何もない人は「ホワイト」と呼ばれており、審査側からすると海のものとも山のものとも分からない(借りたお金をきちんと返してくれる人なのか判断が難しい)ため、当然マイカーローンの審査でも不利となります。

クレジットカードを契約し、支払実績を作ってからマイカーローンへの申し込みをおこないましょう。

審査のコツ2.頭金を用意する

頭金なしでもマイカーローンの審査に通ることはできますが、頭金を用意したほうが小さい借入額で済むためローンの審査には通りやすくなります。

頭金の目安としては、マイカーローン借入額の1割程度はあったほうがいいでしょう。

また、頭金をいくらか貯金しているのならば、預金口座のある銀行のマイカーローンへ申し込みをすれば、その銀行には預金の取引があり信用を得られやすい状態にあるので、マイカーローンの審査でも有利です。

審査のコツ3.債務をすべて完済する

マイカーローンは他の債務がある人に対しては厳しい審査をおこないます。

このため、マイカーローンの申込前にはカードローンなどの債務をすべて完済しておくことをおすすめします。

また、カードローンは借入残高がなくても枠があるというだけで債務とみなされることがありますので、使っていない枠があれば解約してからローンを申し込みしたほうがいいでしょう。

審査のコツ4.通りやすい時期を狙う

マイカーローンの審査に通るコツとして、通りやすい時期を狙ってから申し込むというのもひとつの方法です。

銀行には融資をしたい時期というのがあります。1つ目が上半期と下半期の最終月である9月と3月です。

この時期に申し込みをすると、例え仮審査を通過できないような人でも、銀行が保証会社に「どうしても審査を通してくれ」と頼み込み、審査に通すことがたまにあります。

また、マイカーローンはよく新生活の時期(3月~5月)にキャンペーンなどを行っています。

このようなキャンペーン期間中には、銀行員はマイカーローンの営業ノルマを課せられていることもあるので、同じような理由で審査に通りやすい場合があります。

マイカーローン借り換え審査に通るコツ

マイカーローンは高金利の商品から低金利の商品へと、マイカーローンを借り換えることができます。

マイカーローンを借り換えする際には、以下の条件を満たせないと審査を通過するのが難しくなります。

既存の借入れで返済に遅れがない

マイカーローンの借り換え審査に通るコツとして、これまで借りていた既存のマイカーローンで返済に遅れがないことが求められます。

返済に遅れがあるマイカーローンローンは、他社にとってリスクの高いローンといえます。銀行は他社のリスクを自社で引き受けるほどお人好しではありません。

この確認のために、マイカーローンの借り換えでは「返済用通帳の写し」を提出しなければいけません。

残り期間が1年以上

マイカーローンの残りの返済期間が1年以上ないと、借り換えを行っても保証料などの諸費用によって銀行は利益を生むことができません。

マイカーローンを借り換えする場合は、最低でも1年以上の返済期間が残っているということも重要です。

顧客が損をしない

銀行はマイカーローンの借り換えによって顧客が損をするような借り換えを取り扱いません。

銀行がマイカーローンの借り換えをおこなっても「金利が低くならない」「保証料を加味すると費用負担が多くなる」というような判断をすれば、借り換えの審査を通過できないことがあります。

マイカーローンの審査に落ちた時の対処法

万が一、マイカーローンの審査に落ちたら他の方法を試してみましょう。

相場の金利が低いマイカーローンは審査が厳しく、審査に落ちることは決して珍しいことではありません。

銀行には自動車購入にも使えるさまざまなローン商品が他にも用意されています。

フリーローン(多目的ローン)

フリーローン(多目的ローン)とは、使い道が自由ですが、申込時に申告した使い道にしか利用できない目的ローンの一種です。

フリーローン申込時に資金使途には自動車購入と記入し、自動車屋さんの見積書を提出して可決すれば、自動車の購入資金として使用することができます。

フリーローンはマイカーローンよりも金利が高いため、マイカーローンで審査落ちした人でも審査を通過できる可能性があります。

ディーラーローン

自動車屋さんが取り扱っている信販会社のローンであるディーラーローンに申し込むという方法もあります。

ディーラーローンは年率10.0%を超えるような高金利ですので、銀行のマイカーローンよりも審査基準は厳しくありません。

銀行に勤務していると、銀行のマイカーローンで審査落ちした人がディーラーローンへ申し込むというのはよく見る光景です。

ローンの審査に落ちたら自動車購入は諦めるべき?

これらのローン審査に落ちたからといって、自動車の購入を諦めるのはまだ早いといえます。

自動車購入に使用できるローン商品はまだ他にもあるからです。

審査が緩くて甘いマイカーローンはない…でも車が欲しい!

使い道自由な無担保ローンの代表格がカードローンです。

ローンの中で最も審査が厳しくないカードローンであれば、自動車を購入できるあらゆるローンの審査に落ちた人でも、車を購入できる可能性があるのです。

自動車の購入資金をカードローンで借りるという選択肢

マイカーローンの審査に通らなかったため、自動車の購入資金をカードローンで借りるという人は少なくありません。

筆者の銀行員時代にはマイカーローンの審査に通らなかった人を何人もカードローンで融資したという実績があります。

カードローンは他のローンと比べて金利が高めですが、ATMからいつでも任意で返済ができるため、マイカーローンよりも繰上げ返済が簡単です。

小まめに繰上げ返済をすることで、当初の返済シミュレーションよりも利息負担を少なくすることも可能です。

特定の利用者にとってマイカーローンよりメリットが多い

マイカーローンは見積もりの出ない個人間の自動車の売買やオークションでの車の購入には使用することができず、また、複数の支払先にも使用することができません。

このため、マイカーローンでは対応できない使い道にお金を支払いたいという場合にはマイカーローンよりもカードローンのほうが使い勝手に優れています。

  • 車の内装をおしゃれにしたい
  • 車体のドレスアップやカスタムなど
  • 高級タイヤに履き替えたい
  • カッコいいホイールに付け替えたい
  • カーナビやドライブレコーダーを買いたい
早さよりも金利で選びたい

\楽天会員ランクに応じて審査優遇/
楽天銀行カードローン「スーパーローン」
公式サイトへ

マイカーローン審査|まとめ

ディーラーローン(信販会社のローン)には減額という措置がないため、借り入れ希望額が300万円なら、300万円の審査基準を満たせない限りは審査落ちとなります。

しかし、マイカーローンは300万円で申し込んでも100万円へ減額になるなどの減額措置があるため、審査落ちのリスクを最小限に抑えることができます。

車選びの前に借入金額がわかるマイカーローンの方が自動車を選択するうえでは効率的です。

少額のローン審査にしか通らないのであれば、新車を諦めて中古にするなどの選択を現実的におこなうことができます。

しかし、マイカーローンは審査基準が厳しいため、誰でも簡単に審査を通過できるわけではありません。マイカーローンの厳しい審査に落ちたからといって、自動車購入そのものを諦める必要はまったくありません。

より審査が厳しくないカードローンやフリーローン(多目的ローン)も選択肢のひとつとして、自分の信用から算出される借入可能額に見合う自動車を選択するようにしてください。

お急ぎならこのカードローン

\みんなが選ぶ!カードローンNo1ブランド/
アコムのキャッシング・カードローン
公式サイトへ

監修:手塚大輔/金融コンサルタント兼ライター