マイカーローンの審査は通りやすい?審査基準を元銀行員が解説

マイカーローン(自動車ローン)

自動車の購入資金のためにマイカーローンを組みたいとき、低金利だからという理由で安易に申し込みをすると思わぬ失敗を招いてしまいます。

なぜならマイカーローンは審査に通らないと借りられないからです。

審査よりもマイカーローン選びが先!という方は多いのですが、審査基準を知ることで、より自分にあったマイカーローンを探すことが容易になり、審査落ちの可能性を減らすことで、信用情報に傷がつくのを防ぐこともできます。

マイカーローンを組んで自動車購入を検討している方は、まずはマイカーローン審査の正しい知識を学びましょう。

マイカーローンの審査基準や審査に通りやすくする方法を、元銀行員の筆者が分かりやすく解説します。

「親の車を借りていたけど、そろそろ自分専用の自動車を買いたい」「マイカーローンの返済中だけど別の低金利ローンに借り換えしたい」という方にもおすすめの内容です。

目次

マイカーローンの審査基準

マイカーローンとは、自動車やバイクの車体購入だけに使用することができるローンです。

銀行によっては自動車の車体だけでなく、様々な車関連の費用に使用することができます。

マイカーローンを借りて購入する自動車は、返済に困ったときに自動車を売却することでその資金を返済に充てることもできます。

マイカーローンはカードローンよりも銀行にとってはリスクが低い商品であるため、金利が低く設定されているという点が特徴です。

しかし、マイカーローンは金利が低い分、正社員などしか利用できないなど、厳しい審査が行われます。

審査前に知りたいマイカーローンの使い道

マイカーローンはディーラーローンとは異なり、自動車の車体購入以外にも様々な自動車関連の資金に利用することができます。

どの使い道にも、借入前に資金使途の確認と金額を証明するために見積書などの金額と資金使途を証明する資料を銀行に提出する必要があります。

マイカーローンは自動車やバイク本体以外にも、レジャー用の車両や、カーグッズ、オプション、車検や修理や運転免許取得費用や、カーポート建設費用などにも使用することが可能です。

マイカーローンの使い道
  • 自動車(新車・中古車)の購入資金
  • バイク(自動二輪車)の購入資金
  • キャンピングカー・レジャーボート・ロードバイク等
  • 見積書に記載されたカーナビ等のオプション費用
  • 他社で利用中の自動車ローンの借り換え
  • 運転免許証の取得費用
  • カーナビなどカー用品の購入資金
  • 車庫建設のための資金
  • 車検や修理費用
  • 自動車保険の掛け金

※一部対応していない商品もございます。各社の公式サイトにてご確認ください。

なお、これらの全ての使途には融資前に見積書が必要になります。

そのため、見積書が出ないオークションでの購入や、見積書そのものに信ぴょう性がない個人間の車の売買はマイカーローンでは融資をしていません。

審査に絶対通るマイカーローンはない

マイカーローンには審査があります。審査に通らなければローンを組むことができません。

また、金利が低いマイカーローンの審査は甘くはありません。

銀行によってマイカーローンの金利は異なりますが、それぞれ「信用情報を重視するのか」「年収を重視するのか」などの審査基準が異なるだけで、どのマイカーローンでも審査は厳格に行われます。

そのため、絶対に審査に通るマイカーローンなどあり得ませんし、そのように謳っているマイカーローンはヤミ金(闇金融業者)の可能性が極めて高いため、絶対にお金を借りてはいけません。

マイカーローンの仮審査(事前審査)

マイカーローンの仮審査は保証会社によって行われます。

保証会社は、マイカーローン申込者の信用情報・勤務先・年収・勤続年数などを点数化して、審査通過点以上となった人のみを審査に通すスコアリングと呼ばれる審査を行います。

保証料に変動があるマイカーローンでは、スコアリングの点数が高い人ほど保証料率が低くなります。

この時点では見積書などは一切不要ですので、「自分はマイカーローンの審査に通るのか」、また「いくらまで借りることができるのか」などを知るために、マイカーローンの仮審査だけ受けてみるということもできます。

ただし、一度マイカーローンに申し込みを行うと、信用情報に申込みをしたという情報が記録されてしまい、この情報があると他社のローン審査で不利になります。

仮審査に通るよりも本審査の結果が重要

マイカーローンの仮審査はあくまでも保証会社の保証が付くかつかないかの審査です。

仮審査が完了すると銀行でも本審査を行います。

収入証明書や健康保険証などからローンに申し込んだ情報が正しいのかどうかのチェックを行い、齟齬があった場合には本審査で落とされることもあります。

仮審査に通過できたからといって、必ずマイカーローンの審査に通るわけではありません。

このため、マイカーローンの本審査を通過するまでは、車屋さんと契約手続きをしないようにしてください。

年収や勤続年数に条件があるマイカーローンは審査基準が厳しい

マイカーローンの中には、申込条件に「年収200万円以上」「勤続年数1年以上」などの厳しい条件があるローンも少なくありません。

一般的にこのようなマイカーローンは正社員専用のローンであると考えたほうがよいでしょう。

そのため、マイカーローンの審査では信用情報だけでなく、年収や勤務先もしっかりと審査されます。

審査に自信のない人は、申込条件が厳しいマイカーローンへの申し込みは避けたほうがよいかもしれません。

非正規雇用のパートやアルバイトでも審査してもらえる?

マイカーローンの商品概要(貸付条件欄)に「正社員であること」という条件がない限りは、パートやアルバイトなどの非正規雇用者でもマイカーローンへの申し込みは可能ですので審査を受けることができます。

また、申込条件に年収や勤続年数の条件があるマイカーローンでも、勤続年数や年収が基準以上を満たしていれば審査自体はしてもらえます。

しかし、現実的にマイカーローンの審査に通過できるのは50万円以下が限度でしょう。

借入金額が大きくなると、返済期間が長くなります。

正社員の場合ですと、借入期間が数年に及んでも今の仕事を継続する蓋然性が高いのですが、非正規雇用のアルバイトやパートには現在の仕事を今後数年間継続できるかどうかが疑わしいため、長期的な収入の安定性が懸念されてしまうためです。

このため、非正規雇用のアルバイトやパートは、マイカーローンに申し込むことはできますが、審査通過は難しく、高額の借り入れは不可能であると考えておきましょう。

自営業者は審査に通りにくい

自営業者はマイカーローンだけでなく、個人向けローンの審査に最も通過しにくい属性です。

自営業者がマイカーローン審査に通りにくい理由は以下の2点です。

①個人事業主は所得を意図的に低く申告している

個人事業主は税金対策のために、生活費まで経費に入れ込み、意図的に所得を低く申告しています。
銀行員は個人事業主の所得が数百万円ある場合には「この人はきっとかなりのお金を持っているから預金の営業をしてこい」などと言われるものです。
それほどほとんどの個人事業主が確定申告書を赤字にしているか、100万円程度の利益しか計上していません。
実態はどうであれ、審査されるのは確定申告書の申告所得です。
マイカーローンの融資限度額は年収と同程度までですので、所得を低く申告している個人事業主はマイカーローンなどの所得をベースに審査が行われるローンの審査には通過しにくいのです。

②個人事業主は事業と生活が一体化している

個人事業主は事業と生活が一体化しています。
しかし、マイカーローンなどの個人向けローンは事業資金向けには使用することができません。
個人事業主はそもそも事業と生活が一体化しているため、マイカーを事業の営業車両として使用した場合には、個人向けの用途で融資したお金が結果的に事業の用途に使用されてしまう可能性を否定することができません。

これらの理由から、個人事業主は所得があり、事業と生活費の区別がしっかりとできている人でないと、マイカーローンなどの個人向けローンを借りることが最も難しい属性なのです。

マイカーローンの審査結果は早い?遅い?

マイカーローンの審査の結果はどの程度の時間がかかるのでしょうか?

マイカーローンの仮審査はスコアリング審査ですので早いですが、本審査の回答までは時間がかかる場合があります。

仮審査の結果は早い

マイカーローンは仮審査の結果が出るまでそれほど時間はかかりません。

仮審査は保証会社によるスコアリング審査ですので、審査結果はその日や翌日に出ることが珍しくありません。

しかし、今は審査の回答前に警察庁のデータベースへ反社会的勢力の確認を行うことが義務づけられています。

このための時間に2営業日程度必要になるため、審査回答まで早くとも最短で2~3営業日程度かかると考えておきましょう。

また、低金利なマイカーローンは審査を厳格に行いますので、審査結果の連絡が遅いです。

審査結果が当落線上の場合には、人間の手で判断することもありますので、さらに審査で時間がかかることがあります。

カードローンのようにすぐに審査結果が出るわけではありません。

審査結果の連絡後、借入まで時間がかかる

審査に通過しても、マイカーローンは契約と借入までに時間がかかります。

基本的にマイカーローンの契約は契約書に借主本人が記入を行う必要がありますので、カードローンのように書類の記入が一切不要なWEB完結契約などはありません。

このため、契約書の記入のために来店や郵送による書類のやりとりを行う必要があります。

また、マイカーローンは契約のために用意する書類が、収入証明書・健康保険証・見積書など数が多いため、これらの書類の用意にも時間がかかる場合もあります。

また、融資実行日も基本的に自動車屋さんと支払日を打ち合わせして、自動車屋さんと決めた期日の前日か当日に融資を行うことになるため、実際の借入までには手間と時間がかかるものと覚悟しておきましょう。

仮審査結果は約3ヵ月間有効

マイカーローンの仮審査の結果は3ヵ月間有効です。

そのため、仮審査の結果が出て、自分がいくらまで借りることが分かったら、3ヵ月間かけて自分の身の丈にあった自動車を探すということも可能です。

審査後でもキャンセルできる

マイカーローンは審査に通過した後でも申し込みをキャンセルすることができます。

例えば、2社のマイカーローンに同時申し込みをした場合、2つとも審査に通過した際には、金利の高い方のローン申し込みをキャンセルすることができます。

この場合には、変に嘘をつかずに「金利の低い別のマイカーローンの審査に通ったから」などと正直に言えばキャンセルできます。

マイカーローンや住宅ローンなどでは、金利で銀行が競合し、金利の高いローンがキャンセルされることは珍しいことではありません。

マイカーローンや住宅ローンのように、低金利という価値で銀行同士が競合しているローンは、正直に言えば「銀行も仕方ない」と判断し、審査を通過した後でもキャンセルに応じてくれます。

マイカーローン審査に通らない人の特徴

マイカーローンの審査に通らない人は、金利が低いマイカーローンのリスク許容度に満たない人です。

具体的には以下の4つの理由を考えることができます。

通らない理由1.年収と借り入れ希望額が見合わない

マイカーローンは年収が借入限度額の適正額であると言われています。

このため、年収よりも高額の借入を希望する場合には、年収とは不釣り合いな借り入れであると判断され、審査に通過できません。

なお、マイカーローンには減額という措置がありますので、高額申し込みを行っても年収に見合った金額まで減額された上で審査に通過できることもあります。

通らない理由2.勤続年数が1年未満

マイカーローンの審査では、勤続年数が1年以上は必要と言われています。

そのため、入社直後や転職後すぐにマイカーローンの審査に申し込みを行っても、審査に不利になることがあります。

なお、地方では自動車は生活や仕事の必需品ですので、社会人1年目でも信用情報に問題がなければ公共性の観点から勤続年数が短くても審査に通過できることもあります。

筆者が銀行員時代に、勤続年数が半年程度の人がマイカーローンの借入を希望した際に、審査に通過できるか心配だったため、マイカーローンとカードローンの同時申し込みをおすすめしたところ、マイカーローンだけには審査に通過できたということがありました。

保証会社に理由を確認したところ、「車がないと生活に支障が出るから、カードローンはだめだけど、信用情報に問題がなかったからマイカーローンは可決にした」との話でした。

自動車を買う目的が通勤や生活必需品としてなのか、またはレジャーとして買うのかによって、マイカーローンの審査結果が異なることもあるようです。

通らない理由3.複数の低金利ローンに同時申し込みする

低金利のローンというのは審査が厳しくなっています。そのため金利が低いマイカーローンほど審査に通りづらいです。

また、複数のローンに申し込みを行うと、必ずどちらか一方の審査では、同時申込が分かる仕組みになっており、審査で不利になります。

低金利で審査が厳しいマイカーローンに同時申し込みをした結果、どちらの審査も落ちてしまうと、信用情報には2社の審査に落ちたという情報が記録されるため、次は高金利のローンの審査にも落ちてしまうという悪循環に陥る可能性があります。

通らない理由4.他債務がある

マイカーローンは、基本的にカードローンなどの使い道が自由で無担保のローンが1本もない人向けに設計されています。

よほど年収が高いか、公務員や上場企業会社員などの属性のよい人でないと、カードローンの借入があるというだけで、マイカーローンの審査に落ちてしまうことがあります。

現在カードローンを利用中なら、マイカーローン審査前に完済しておくことをおすすめします。

元銀行員が教えるマイカーローン審査に通りやすくする方法

マイカーローンの審査に通りやすくなるコツはいくつかあります。

審査に通りやすくなるように、信用情報などを改善し、審査に通過しやすい自分を作る方法がいくつかあります。

また、マイカーローンの審査に通りやすい時期を狙って、申し込みするという方法も可能です。

審査通過のコツ1.少額のクレジットカードを利用して期日を守る

マイカーローンの審査において、クレジットカードの支払い履歴は非常に重要です。

クレジットカードを毎月少額でも良いので利用して、期日通りに支払うということをできる限り長く続けましょう。

これだけでマイカーローンの審査には随分通過しやすくなります。

また、クレジットカードの支払履歴が何もない人は「ホワイト」と呼ばれて、審査側からすると海のものとも山のものとも分からない(借りたお金をきちんと返してくれる人なのか判断が難しい)ため、審査では不利になります。

クレカを契約し、支払実績を作ってからマイカーローンへ申し込みを行いましょう。

審査通過のコツ2.頭金を用意する

頭金なしでもマイカーローンの審査に通過することはできますが、頭金があったほうが借入額は少なくなるため、ローン審査には通りやすくなります。

頭金の目安としては、借入額の1割程度はあったほうがよいかもしれません。

また、頭金を預金している銀行のマイカーローンへ申し込みを行うと、その銀行には預金の取引があるため、信用を得られる状態ですのでマイカーローン審査に通過しやすくなります。

審査通過のコツ3.他債務を完済する

マイカーローンは他債務がある人に対しては厳しい審査を行います。

このため、マイカーローン申込前には、カードローンなどの他債務を完済しておくことをおすすめします。

また、カードローンは借入残高がなくても枠があるというだけで他債務とみなされることがありますので、不要な枠は解約してから申し込みをしたほうがよいでしょう。

審査通過のコツ4.審査に通りやすい時期を狙う

マイカーローンの審査に通るコツとして、審査に通りやすい時期を狙うのも一つの手です。

銀行には融資をしたい時期というのがあります。

1つ目が上半期と下半期の最終月である9月と3月です。

この時期に申し込みをすると、例え仮審査に通過できない人でも保証会社に銀行が「どうしても審査に通してくれ」と頼みこみ審査に通過することがたまにあります。

また、マイカーローンは新生活の時期(3月~5月くらい)にキャンペーンなどを行っています。

このようなキャンペーン期間中には銀行員はマイカーローンのノルマを抱えていますので、期末と同じような理由で審査に通りやすい場合があります。

マイカーローン借り換え審査に通るコツ

マイカーローンは、金利が高い商品から低金利の商品へとマイカーローンを借り換えることができます。

マイカーローン借り換えの際には、以下の条件を満たせない場合には審査通過は厳しくなってしまいます。

既存の借入の返済に遅れがない

マイカーローンの借り換え審査に通るコツとして、これまで借りていたマイカーローンの返済に遅れがないことが求められます。

返済に遅れがあるマイカーローンローンは、他社にとってリスクの高いローンですので、銀行は他社のリスクを自社で引き受けるほどお人好しではありません。

この確認のために、借り換え時には「返済用通帳の写し」を提出する必要があります。

残り期間が1年以上

マイカーローンの残りの返済期間が1年以上ないと、借り換えを行っても保証料などの諸費用によって銀行は利益を生むことができません。

マイカーローンを借り換えする場合は、最低でも1年以上の期間が残っていることも重要です。

顧客が損をしない

銀行はマイカーローンの借り換えによって、顧客が損をするような借り換えは取り扱いません。

銀行が、マイカーローンの借り換えをおこなっても「金利が低くならない」「保証料を加味すると費用負担が多くなる」というような判断をすれば、借り換え審査に通過できないことがあります。

マイカーローンの審査に落ちたらどうすればいい?

マイカーローンの審査に落ちた場合には他の方法を試して見ましょう。

金利の低いマイカーローンは審査が厳しいため、審査に落ちることは決して珍しいことではありません。

銀行には自動車購入に使える様々なローンが他にも用意されています。

フリーローン(多目的ローン)に申し込む

フリーローン(多目的ローン)とは、使い道が自由ですが、申込時に申告した使い道にしか使用することができない目的ローンの一種です。

申込時に自動車購入と資金使途に記入し、自動車屋さんの見積書を提出すれば自動車購入にも使用することができます。

フリーローンはマイカーローンよりも金利が高いため、マイカーローンで審査落ちした人でも審査に通る可能性があります。

ディーラーローンに申し込む

自動車屋さんが取り扱っている信販会社のローンであるディーラーローンに申し込みをするという方法もあります。

ディーラーローンの金利は10.0%を超えるような高金利ですので、審査基準は銀行のマイカーローンよりも厳しくありません。

銀行に勤務していると、マイカーローンの審査に落ちた人がディーラーローンへ申し込むというのはよく見る光景です。

審査に落ちたら自動車購入は諦めるべき?

これらのローンの審査に落ちたからといって、自動車の購入を諦めるのはまだ早いと言えます。

自動車購入に使用できるローン商品はまだ他にもあります。

審査がゆるくて甘いマイカーローンはない…でも車が欲しい!

審査が厳しくない使い道自由なローンの代表格がカードローンです。

車を購入できるあらゆるローンの審査に落ちた人でも、ローンの中で最も審査が厳しくないカードローンであれば、自動車を購入することができる可能性があるのです。

自動車の購入資金をカードローンで借りるという選択肢

マイカーローンの審査に通らなかったため、自動車の購入資金をカードローンで借りるという人は少なくありません。

筆者の銀行員時代にはマイカーローンの審査に通らない人を何人もカードローンで融資したということがありました。

カードローンは金利が高いですが、ATMからいつでも繰上げ返済ができるため、マイカーローンよりも繰上げ返済が簡単です。

こまめに繰上げ返済を利用することで、当初よりも利息負担を少なくすることも可能です。

特定の利用者にとってマイカーローンよりメリットが多い

マイカーローンは見積もりの出ない個人間の車の売買や、オークションでの車の購入には使用することができませんし、複数の支払先に使用することもできません。

このため、マイカーローンでは対応できない使い道に借りたお金を支払いたいという場合には、マイカーローンよりもカードローンの方が使い勝手がよいのです。

  • グレードの高いタイヤに履き替えたい
  • おしゃれなホイールに付け替えたい
  • カー用品専門店でパーツを買い揃えたい
  • ドレスアップやカスタムなど車をいじりたい

マイカーローン審査|まとめ

ディーラーローンには減額という措置がないため、借り入れ希望額が300万円なら、300万円の審査に通過できない限りは審査落ちになります。

しかし、マイカーローンは300万円で申し込んでも、100万円へ減額になるなどの減額措置があるため、審査落ちのリスクを最小限に抑えることが出来ます。

車選びの前に借入額が分かるマイカーローンの方が、自動車を選択する上で効率的です。

少額しか審査に通らないのであれば、新車を諦めて中古にするなどの選択を現実的に行うことができます。

しかし、マイカーローンは審査が厳しいため、誰でも簡単に審査に通過できるわけではありません。

審査の厳しいマイカーローンの審査に落ちたからと言って、車の購入そのものを諦める必要はありません。

より審査が厳しくないカードローンやフリーローン(多目的ローン)も選択肢の一つとして、自分の信用から算出される借入可能額に見合った車を選択するようにしてください。

お急ぎならこのカードローン

\アコムなら最短即日ご利用OK/
消費者金融アコムのキャッシング・カードローン
公式サイトへ

アコムのカードローン・キャッシング
金利(実質年率) 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0~18.0% 最大800万円 最短30分 最短1時間
早さよりも金利で選びたい

\楽天会員ランクに応じて審査優遇/
楽天銀行カードローン「スーパーローン」
公式サイトへ

楽天銀行カードローン「スーパーローン」
金利 借入限度額 審査時間 融資スピード
年1.9~14.5% 最大800万円 最短1~2営業日 最短2営業日