マイカーローン比較!おすすめはディーラーローンより銀行

マイカーローン

マイカーローンを組んで自動車を購入したいなら、銀行の自動車ローンとディーラーローンを比較した場合では、銀行のマイカーローンが断然おすすめです。

自動車を購入するとき、ディーラーなどからローンを勧められた経験をお持ちの人も多いのではないでしょうか?

ディーラーローンなどを利用すると、オプションが無料になるなど一見お得に感じますが、いきなりディーラーローンを利用することはおすすめしません。

自動車ローンは絶対に銀行のマイカーローンのほうがおすすめです!

銀行のマイカーローンはディーラーローンよりも金利的なメリットが圧倒的に大きく、他のディーラーローンと比較して有利な点がたくさんあります。

しかし「金利の低い銀行のマイカーローンは審査が厳しいのでは?」と審査に不安を感じる人も少なくありません。

まずは、マイカーローンの審査の基準や選び方を理解することが重要です。

この記事では、銀行のマイカーローンとディーラーローンの比較、おすすめのマイカーローンの選び方、審査について徹底解説していきます。

マイカーローンを組むならディーラーローンより銀行がおすすめ

マイカーローンを組むなら、ディーラーよりも先に銀行のマイカーローンへ申し込むことをおすすめします。

銀行のマイカーローンはディーラーローンより金利が低いことはもちろん、減額という措置があるため、先にマイカーローンへ申し込むことによって「自分の信用状態に見合った車はどのくらいの価格なのか」を知ることができるためです。

先に「いくらまで借りることができるのか」を知ることができるため、満額回答しかあり得ないディラーローンと比較して、購入できる車の範囲を事前に知ることができるというのが銀行のマイカーローンをおすすめする最大の理由です。

ディーラーとは

ディーラーとは、トヨタやホンダ、日産などの特定の自動車メーカーの車を直接的に販売・メンテナンスするお店(特約店契約を結んだ販売業者)のことを指します。
自動車メーカーの正規取引店として、一定地域の販売独占権がディーラーに付与されます。

マイカーローンとディーラーローンの違いを比較

マイカーローンとディーラーローンの違いは主に以下のようになっています。

  1. マイカーローンのほうが金利が低い
  2. 銀行のマイカーローンはアドオン金利ではないため繰上返済の効果が高い
  3. ディーラーローンは可決か否決かしか審査回答を行わないが、銀行ローンには減額もある

銀行のマイカーローンをおすすめする理由

銀行のマイカーローンは特に金利面でディーラーローンよりもおすすめですが、融資実行後に繰上返済を検討する際にもメリットがあります。

また、所有権の取り扱いが違うなど、同じ車専用のローンといえどもその特徴は異なります。

銀行のマイカーローンはディーラーローンと比べて低金利

銀行のマイカーローンの金利は2.0%~4.0%程度です。

ディーラーローンの金利が10.0%を超えるようなケースもありますので、金利的には絶対に銀行のマイカーローンがおすすめです。

筆者も銀行員時代に自動車を新車で購入したことがあり、その際にディーラーに「オプションをつけるからメーカーのクレジットを使わないか?」と勧められたことがありました。

その際、「銀行に勤務しているから銀行のマイカーローンを利用する」と言ったところ、「そうですか。金利で言えば絶対に銀行さんには叶わないですもんね」とあっさりディーラーも引き下がりました。

金利のメリットは銀行のマイカーローンのほうがあるということをディーラーもよく理解しているのです。

車の名義(所有権)が本人

ディーラーローンで1.0%台などの超低金利のローンが存在します。しかし、このような超低金利のローンは大抵、残価設定型のローンです。

残価設定とは、自動車の販売価格の半分程度の金額にローンを組み、残価期間終了後は、残金を一括返済し車を買い取るか、他の車で残価ローンを組み直すのかを選択するローンで、残価期間中の自動車名義はディーラー又はクレジット会社のものになります。

これを「所有権留保」と言います。

新車や中古車をディーラーローンで購入すると、ローンを完済するまではディーラー又はクレジット会社が所有権を持つことになり、本人名義ではない(所有権のない)車両は売却することができないため、売却時には残債を完済する必要があります。

しかし、銀行のマイカーローンでは車検証に所有者本人の名義が記載されます。

銀行のマイカーローンをおすすめするもう1つの理由が、低金利でありながら自分名義の車を所有することができるという点です。

割高な中古車でも同一金利で借りられる

ディーラーローンは、自動車の価格によって金利が異なることがあります。

ディーラーがおすすめする発売間もない車を購入する場合のみ、低金利が適用されることがありますが、銀行のマイカーローンはどのような自動車を購入するかによってでは金利は左右されません。

数百万円の新車購入でも、数十万円の中古車購入でも適用される金利は同じです。

なお、銀行によっては新車購入か中古車購入なのかによって、中古車のほうが若干金利が上がる場合もあるため、申込前に金利設定の詳細をよくチェックするようにしてください。

繰上返済で利息を節約できる

ディーラーローンで最も注意が必要なのはアドオン金利という金利方式です。

アドオン方式とは、自動車価格に今後支払う予定の利息が乗せられた金額が借入金額になる方式です。

例えば、100万円の車を手数料率(金利)15.0%で購入する場合には、100万円×15.0%=15万円が手数料になります。

そのため、100万円+15万円=115万円をディーラーローンで借り、この金額を返済月数で割った金額を毎月返済していくことになります。

このため、繰上返済を行った場合は、今後支払い予定の手数料まで支払う必要が生じるため、繰上返済の効果が全くないのです。

一方、銀行のマイカーローンは100万円の車を購入するのではあれば借入元金は100万円で、毎月の返済は「元金+毎月発生する利息」を支払うことになります。

銀行のマイカーローンを繰上返済する場合には、その時残っている元金と前回返済日から繰上返済時までの間に発生した利息を支払うだけですので、今後返済する予定の利息まで負担する必要がなく、繰上返済によって利息を節約することができるのです。

借りた後のことまで考えた場合にも、ディーラーローンよりも銀行のマイカーローンのほうがおすすめなのです。

元銀行員がおすすめするマイカーローンの選び方

マイカーローンはありとあらゆる銀行や信用金庫などが取り扱っています。

しかし、数が多すぎてどのローンを選択したらよいか分からないという人も多いのではないでしょうか?

筆者がおすすめするマイカーローンは審査がそこまで厳しくない、借りやすいマイカーローンになります。

おすすめのマイカーローンの選び方のポイントは以下のとおりです。

年収や勤続年数(貸付条件の基準)が厳しくない

銀行のマイカーローンの中には「勤続1年以上」「年収200万円以上」などの申込基準がついている商品があります。

このような商品は年収や勤続年数に対して厳しい審査を行っているという意味と考えましょう。

審査がそこまで厳しくないマイカーローンを選びたいのであれば、できる限り申込条件が少ないマイカーローンを選択することがおすすめです。

超低金利のマイカーローンはあまりおすすめしない

銀行のマイカーローンの中には保証料込みで1.0%台の超低金利の商品も存在します。

金利は低いに越したことはありませんが、あまりにも金利が低いローンはおすすめしません。

金利が低いローンというのは当然審査も厳しくなっており、中には年収が500万円以上ないと借りることができないような高属性の人向けに設計された商品が多いためです。

比較的に審査が厳しくないマイカーローンを借りたいのであれば、超低金利のマイカーローンは避けたほうがよいかもしれません。

変動金利と固定金利はどっちがおすすめ?

変動金利と固定金利によって審査の難易度が変わるわけではありません。

変動金利とは金利情勢に応じて金利が変動するローンで、超低金利時代の今は金利が上昇するリスクのほうが大きいと言えます。

固定金利は金利情勢によって金利が動かないため完済まで同じ金利で借りることができます。

固定金利のほうが安心ですが、固定金利は金利が上昇した際にリスクを銀行が背負うため、一般的には変動金利よりも金利が高く設定されています。

借入期間が短いなら、変動金利で借りても金利が上昇する可能性が少ないと言えますが、借入期間が8年とか10年程度の長期になるのであれば固定金利のマイカーローンを選択したほうがよいかもしれません。

固定か変動のどちらがよいのかは、将来のことですので誰にもわかりません。また、銀行員もその質問には答えてくれません。

世間の金利情勢を考えて、最後はご自身で判断するようにしてください。

おすすめは給与振込や貯金など取引のある銀行のローン

預金や給与振込などのすでに一定の取引がある銀行のローンを利用したほうが審査に通りやすい傾向にあります。

マイカーローンの返済は口座引落ですので、給与などで毎月定期的に入金がある人の方が返済不能になるリスクが低いためです。また、住宅ローンを借りている銀行もおすすめです。

住宅ローン利用者というのは銀行にとっては囲い込みを図りたい大事な顧客ですので、他の銀行やディーラーからお金を借りるのであれば、自行で融資をしたいと銀行は考えています。

筆者も銀行員時代に、住宅ローン利用者が他の銀行からお金を借りて車を購入してしまったということを上司に知られたことがありましたが、その際は「なぜもっと普段から顧客のニーズを把握しないんだ」と怒られた経験があります。

このように、給与振込や一定以上の預金や住宅ローン取引のある銀行は、顧客の自動車購入などのニーズに対して、融資で対応したいと考えていますので、取引のある銀行へ申込をした方が審査に通る可能性があるためおすすめです。

保証料込みで金利の低いローンを探す

銀行のマイカーローンには保証会社の保証が必須です。

しかし、保証会社は無料で保証をしてくれるわけではなく、保証料というものが発生します。

マイカーローン選びで注意しなければならないのは、金利と保証料が別になっているケースがあるという点です。

金利は1.0%台と低いのに、小さな字で「別途保証料が0.5%~1.0%必要になります」などと記載されていることも珍しくありません。

おすすめのマイカーローンは、「保証料込」と金利の横に記載されているローンです。

保証別と小さく書いているマイカーローンは見かけの金利を低く見せたいだけのローンですので、筆者はあまりおすすめしません。

マイカーローンの商品比較は保証料を加味した上で行いましょう。

おすすめのマイカーローン一覧

  • 三菱UFJ銀行ネットDEマイカーローン
  • 損保ジャパン日本興亜ジャパンダ・ネットマイカーローン
  • 住信SBIネット銀行MR.自動車ローン
  • 楽天銀行スーパーローン*
  • 関西アーバン銀行
  • JAバンク JAネットローン マイカーローン
  • 労働金庫(ろうきん) カーライフローン・自動車ローン
  • 三井住友銀行マイカーローン

* 楽天銀行のカードローンは「自動車ローン」としても利用可能です(自動車購入時の提出書類一切不要)

マイカーローン金利比較一覧
商品 金利(年率) 借入金額 保証料
三菱UFJ銀行
ネットDEマイカーローン
1.720~2.975%*1 50~1,000万円 不要
損保ジャパン日本興亜
ジャパンダ・ネットマイカーローン
1.90~2.85%*2 20~999万円 不要
住信SBIネット銀行
MR.自動車ローン
1.775~3.975%*1 10~1,000万円 不要*3
楽天銀行
スーパーローン
1.9~14.5%*2 10~800万円 不要
関西アーバン銀行
マイカーローン
変動金利:2.70~3.80%
固定金利:2.95~4.20%
50~1,200万円 不要
JAバンク
JAネットローン マイカーローン*4
労働金庫(ろうきん)
カーライフローン・自動車ローン*4
三井住友銀行
マイカーローン
4.475%*1 10~300万円 不要

(上記金利は2018年6月17日現在の金利です。)
*1 変動金利型
*2 固定金利型
*3 取扱手数料として、借り入れの際に融資金額の2.0%に相当する金額+消費税額(地方消費税を含む)を加算した金額がかかる
*4 お住まいの地域・勤務地によって取扱商品の利用条件が異なります。各社の公式サイトをご確認ください。

金利が低いマイカーローンほど審査が厳しい

銀行のマイカーローンは金利が低く設定されています。

しかし、金利が低いということは、審査が厳しいということでもあります。

安易に申し込みを行うことによって、信用情報に傷がつき、他のローンなどの審査で不利になる可能性があります。

審査に落ちると信用情報に記録が残る

銀行のローンに申込を行うと、信用情報に申込を行った記録が1年間記録されてしまいます。

審査の際に「他のローンへ申し込みをした」という記録は不利になります。

このため、審査の厳しい低金利の銀行マイカーローンへ申し込みをしたことによって、信用情報が劣化し、さらに他のローンの審査で不利になるというリスクも理解しておきましょう。

低金利ローンへの複数申し込みもおすすめしない

審査に落ちるのを心配するあまり、複数の低金利の銀行ローンへ申し込みをする人が少なくありません。

しかし、申し込みをしたマイカーローンが全て低金利であれば、どちらのローンも審査が厳しいということでもあります。

このため、2社同時申込を行うことによって、信用情報に審査落ちの記録がダブルで記録され、より審査で不利な状態になってしまうリスクもあります。

同時申込は確実に審査で不利になりますので、おすすめできません。

審査落ちを懸念するならカードローンもおすすめ

銀行のマイカーローンは金利が低いため審査も厳しくなっています。

「自分では審査に通る自信がない」という人はカードローンに申し込みをするのがおすすめです。

マイカーローンとカードローンの違いを比較

マイカーローンとカードローンの違いは以下の通りです。

  1. カードローンの方が審査が早い
  2. カードローンは必要書類が少ない
  3. カードローンの方が金利が高い
  4. マイカーローンの方が審査が厳しい

カードローンは金利が高いですが、ローンカードを使用していつでも1,000円単位で繰上返済をすることができます。

金利は高くても効率的に繰上返済を行うことによって、利息の負担を少なくすることができる可能性もあります。

また、銀行のマイカーローンの審査に通過できない場合もカードローンであれば審査に通過できる可能性があります。

筆者は銀行員時代にマイカーローンの審査に通らない顧客に対して、カードローンの融資を行い、自動車資金を融資したという経験が何度もあります。

複数の用途に利用したい方にカードローンはおすすめ

マイカーローンは自動車の購入であれば、自動車屋さんに出してもらった見積書の金額の範囲内までしか融資を受けることはできませんし、基本的には1つの資金使途にしか使用することはできません。

そのため、車体は自動車屋さんで購入し、パーツやタイヤなどを別のカー用品専門店から購入したい場合、マイカーローンでは対応できない可能性が高くなります。

また、そもそも見積もりが出ない個人間の車の取引などにマイカーローンを利用することは不可能です。

しかしカードローンは見積書の提出が不要ですので、複数の使い道でも、見積もりが出ない使い道にも使用することが可能です。

おすすめ1位:楽天銀行スーパーローン

楽天銀行のカードローン「スーパーローン」

ここに注目!
  • パソコン・スマホで申込完結
  • 返済額は月々2,000円から
  • 入会で楽天スーパーポイント1,000ポイント進呈
  • 楽天銀行の口座以外でも利用可能
楽天銀行スーパーローン
金利(年率) 借入限度額 審査時間 融資スピード
1.9~14.5% 最大800万円 最短2営業日 最短2営業日
担保・保証人…楽天カード(株)または(株)セディナが保証。ただし、楽天銀行が認めた場合は不要
※保証会社宛の保証料は借入利息に含まれています

おすすめ2位:みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

ここに注目!
  • WEB完結なら24時間申込み受付中
  • 金利2.0~14.0%*1
  • みずほ銀行のキャッシュカードですぐに利用可能*2
  • ATM時間外手数料が無料

*1 住宅ローンの利用でカードローン金利を年0.5%引き下げ
(引き下げ適用後の金利:年1.5~13.5%)
*2 普通預金のキャッシュカードまたはカードローン専用カードが選べる

みずほ銀行カードローン
金利(年率) 借入限度額 審査時間 融資スピード
2.0~14.0% 最大800万円 翌営業日以降 翌営業日以降
担保・保証人…不要(保証会社である(株)オリエントコーポレーションが審査のうえ保証します)
※保証会社宛の保証料は借入利息に含まれています

おすすめ3位:住信SBIネット銀行MR.カードローン

住信SBIネット銀行MRカードローン

ここに注目!
  • PC・スマホでも申込み~契約までWEB完結
  • お得な金利 年0.99%~14.79%*1
  • 100万円借りても利息は813円*2
  • ゆとりの利用限度額 最高1,200万円

*1 上記の金利は2018年5月1日現在の適用金利
*1 最低金利の年0.99%は所定の条件を満たした場合(年0.6%の引下げ適用後)の金利
*2 100万円×0.99%÷365日×30日=813円
注)審査結果に応じてプレミアムコース、スタンダードコースに分けられる

住信SBIネット銀行MRカードローン
金利(年率) 借入限度額 審査時間 融資スピード
0.99~14.79% 最高1,200万円 翌営業日以降 翌営業日以降
担保・保証人…不要(SMBCコンシューマーファイナンス(株)、住信SBIネット銀カード(株)が保証)
※保証会社宛の保証料は借入利息に含まれています

おすすめ4位:アイフルのカードローン

アイフルのキャッシング・カードローン

ここに注目!
  • 申込みから借入までWEB完結
    (来店不要・郵送物なし)
  • カードレスで利用可能
  • セブン銀行ATMにて原則24時間利用可能
  • 最短30分で審査回答!即日融資も可能
消費者金融アイフルのキャッシング・カードローン
金利(実質年率) 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0~18.0% 最大800万円 最短30分 最短1時間
担保・保証人…不要

おすすめ5位:プロミスのカードローン

プロミスのキャッシング・カードローン

ここに注目!
  • 郵送物なし・カードレス!WEB完結
  • 最短30分で審査回答
  • 最短1時間で即日融資も可能
  • はじめての契約なら最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドをプレゼント
消費者金融プロミスのキャッシング・カードローン
金利(実質年率) 借入限度額 審査時間 融資スピード
4.5~17.8% 最大800万円 最短30分 最短1時間
担保・保証人…不要

おすすめ6位:アコムのカードローン

アコムのキャッシング・カードローン

ここに注目!
  • はじめての方は最大30日間は金利0円
  • 最短30分で審査回答
  • 最短1時間で即日融資も可能
  • 利用者数延べ1,000万人【NO.1】
消費者金融アコムのキャッシング・カードローン
金利(実質年率) 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0~18.0% 最大800万円 最短30分 最短1時間
担保・保証人…不要

おすすめ7位:SMBCモビットのカードローン

smbcモビットのキャッシング・カードローン

ここに注目!
  • 電話連絡、郵送物なし!完全WEB完結*1
  • 10秒簡易審査
  • 来店不要で即日融資も可能
  • 2018年オリコン 顧客満足度ランキング*2年連続 第1位

*1 三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの口座をお持ちの方
*1 全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)、または組合保険証をお持ちの方
*1 本人確認書類、収入証明書、勤務先確認ができる書類を提出
(詳しくはSMBCモビット公式サイトを御覧ください)
*2 ノンバンクカードローン

消費者金融SMBCモビットのキャッシング・カードローン
金利(実質年率) 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0~18.0% 800万円 10秒簡易審査 最短即日
担保・保証人…不要

マイカーローンはディーラーより銀行がおすすめ|まとめ

自動車を購入するための借入にはディーラーローンよりも銀行のマイカーローンがおすすめです。

銀行のマイカーローンには金利が低いなどの様々なメリットがあります。

しかし、銀行のマイカーローンはディーラーローンなどと比較して圧倒的に金利が低いため、アルバイトやパートの人などは審査に通過できない可能性があります。

審査に自信のない人は、使い道自由で、融資までの手続きが簡単なカードローンを借りる方法もあります。

ご自身の信用状態に合わせて最適な方法で自動車購入資金を調達することをおすすめします。

ネット銀行ならではの金利【年1.9~14.5%】
楽天銀行スーパーローン(カードローン)

月々2,000円から返済可能‎|楽天銀行スーパーローン