フリーローンの審査基準を解説!銀行の多目的ローンは審査に通りやすい?

フリーローンの審査基準を解説!銀行の多目的ローンは審査に通りやすい?

お金の使い道が自由で、早期に融資を受けられるローンといえば、真っ先に思いつくのはカードローンではないでしょうか?

カードローンは使いやすくて便利なローンですが、金利が高いなどのデメリットもあります。

お金の使い道が決まっているのであれば、銀行のフリーローン(多目的ローン)のほうが低金利でお金を借りられるなどメリットが多い場合もあります。

ただし、銀行のフリーローン(多目的ローン)には、適した使い道と不向きな使い道があります。また、フリーローンは審査に通りやすい人と落ちる人の特徴もはっきりと分かれます。

申し込みをする前に、まずはフリーローン(多目的ローン)の特徴や審査の基準について理解することが大切です。

この記事では、フリーローン(多目的ローン)のメリット・デメリットや審査の基本について元銀行員の筆者が解説します。

フリーローン(多目的ローン)とは

フリーローン(多目的ローン)とは、主に銀行や労働金庫などの民間金融機関で取り扱っているローンのひとつです。

フリーローンは資金使途が自由なローンですが、申し込みの際に申告した、特定の使い道にしかお金を使うことができません。

また、フリーローンには原則として担保は必要ありませんが、不動産を担保として高額の融資を受けられる商品(不動産担保型・有担保型)まで幅広く存在しています。

フリーローンの特徴

フリーローン(多目的ローン)とは、申し込みのときに申告した特定の使い道にしか借りたお金を使用することができないローンです。

そのため、原則として申し込みの際にお金の使い道や必要な金額を証明するために、見積書などの資金使途証明書を銀行へ提出する必要があります。

また、当初の目的どおりに借りたお金を使用したことを証明するために、銀行が融資金を直接支払い先に振り込むか、お金の支払いを終えたあとに、領収書を銀行に提出する必要があります。

フリーローンの種類

フリーローンには、申込時に申告した特定の使い道にしか使用できないタイプと、カードローンのように融資金の行方は一切追わない(資金使途証明書類が必要ない)タイプのフリーローンも存在します。このタイプは、カードローンの一括融資型ともいえます。

また、目的ローンの中には、自動車、結婚、介護、ペット、旅行などの使い道を限定する代わりに金利が優遇されている目的型ローンも存在しますが、基本的にはフリーローンなら見積書さえあればどのような使い道に対しても利用することができます。

フリーローンには無担保型と有担保型がある

フリーローンには、本人の信用のみを審査の根拠とする無担保型のフリーローンと、不動産を担保として預かる代わりに、本人の信用以上の金額を融資することのできる不動産担保型のフリーローン(有担保型)があります。

不動産担保型のローンは、不動産担保ローンと呼ばれており、主に消費者金融やクレジットカード会社・信販会社などの貸金業者が取り扱っていおり総量規制の対象です。

一方、銀行の不動産担保ローンは、総量規制の対象外となっているため、貸金業者の不動産担保ローンよりも高額な融資を受けられる可能性があります。

銀行フリーローンのほとんどは無担保型で、本人の信用のみを審査の根拠として融資の判断をおこないます。そのため、担保ありのフリーローンよりも無担保型のほうが審査がやや厳しい傾向にあります。

カードローンとフリーローンの違い

カードローンには、借入限度額が設定されます。

カードローンの限度額の範囲内で自由に借り入れと返済ができるため、「いつまでに返済が終了しなければいけない」というような明確な返済期限は決められていません。

通常であれば毎月の返済(約定返済)をおこないながら、ときにはATMから追加の借り入れや返済をおこない、自分のペースで完済を目指すことになります。

カードローンのようにあらかじめ借入限度額の枠を設定し、決められた限度額の範囲内で自由に融資を受けたり、返済したりできることを「当座貸越」といいます。

一方で、フリーローン(多目的ローン)は、融資金が一括で口座に振り込まれるタイプのローンです(または直接支払い先に振り込み)。

融資が実行されたあとは、完済するまで返済していくだけとなり、カードローンのように追加で借り入れすることができません。

フリーローンや住宅ローンなどのように、一括で融資をおこない、契約時に決められた返済額(約定返済額)を完済するまで毎月返済していく融資のことを「証書貸付」といいます。

フリーローンのメリット

フリーローン(多目的ローン)は、カードローンと比較して金利が低いというメリットに加えて、カードローンのように手続きが簡単で、無担保かつ無保証でお金を借られるというメリットもあります。

フリーローンは低金利

銀行カードローンの最高金利は、年12.0%~14.6%が一般的です。消費者金融は18.0%です。

一方、フリーローン(多目的ローン)は金利が年10.0%以下の商品も多く、なかには年5.0%を下回るほどの低金利に設定している商品もあります。

フリーローン(多目的ローン)の金利比較
フリーローン(多目的ローン)金利(年率)
イオン銀行 イオンアシストプラン3.8%~13.5%(*1)
りそな銀行 りそなプライベートローン6.5%~14.0%(*1)
三井住友銀行 フリーローン(無担保型)5.975%(*2)
九州労働金庫 フリーローン(自由資金)7.950%~8.500%(*1)
東海労働金庫 フリーローン3.5%~4.3%(*1)
ジャパンネット銀行 フリーローン14.75%~17.75%(*2)
南都銀行 <ナント>フリーローン3.975%~6.275%(*2)
中央労働金庫 ろうきん無担保フリーローン7.000%~7.500%(*1)
セディナ フリーローン10.8%~16.8%(*1)
住信SBI銀行ネット銀行Mr.フリーローン3.775%~12.0%(*2)
みずほ銀行 多目的ローン6.650%(*1)
オリックス・クレジット VIPフリーローン3.0%~14.5%

(*1)固定金利
(*2)変動金利

資金の使い道は自由ですが、事前に申告しなければならないフリーローンは、ギャンブルや借金の返済にも使用することができるカードローンよりも、銀行にとっては貸し付けのリスクが低いローンです。

このため、フリーローンの金利はカードローンよりも低めに設定されていることがほとんどです。

フリーローンは限度額も高い

銀行のフリーローン(多目的ローン)の借入限度額は、最高で500万円~1,000万円に設定されています。

借入限度額の枠が大きいため、旅行や家具家電の購入から、住宅のリフォームや自動車の買い替えなどの高額な費用にも使用することができます。

フリーローン(多目的ローン)の限度額比較
フリーローン(多目的ローン)借入限度金額
イオン銀行 イオンアシストプラン30万円〜700万円
りそな銀行 りそなプライベートローン10万円〜300万円
三井住友銀行 フリーローン(無担保型)10万円〜300万円
九州労働金庫 フリーローン(自由資金)1万円〜500万円
東海労働金庫 フリーローン1万円〜1,000万円
ジャパンネット銀行 フリーローン10万円〜200万円
南都銀行 <ナント>フリーローン10万円〜500万円
中央労働金庫 ろうきん無担保フリーローン1万円〜500万円
セディナ フリーローン5万円〜300万円
住信SBI銀行ネット銀行Mr.フリーローン10万円〜1,000万円
みずほ銀行 多目的ローン10万円〜300万円
オリックス・クレジット VIPフリーローン100万円〜800万円

また、不動産担保型のフリーローンなら、1,000万円を超えるような高額の融資にも対応しています。

お金の使い道は原則自由

フリーローン(多目的ローン)は、資金使途が原則自由なローンです。

事前に見積書を銀行へ提出することができる使い道であれば、どんな用途にも利用することができます。

逆に見積書が出ない使い道(たとえば生活費など)には使用できません。

担保・連帯保証人は不要

銀行が取り扱っているフリーローンのほとんどは、担保も連帯保証人も必要ありません。

本人の信用のみを根拠として融資をするため、資産が何もない人や、信用のある保証人を用意することができない人でも審査を通過することも可能です。

担保や連帯保証人を用意できないからといって、フリーローンの審査が不利になるということはありません。

少ない金額でも低金利で借りられる

フリーローン(多目的ローン)は、カードローンのように借入限度額が少ないほど金利が高くなるということはありません。厳格なる審査により、リスクに応じて金利が決定します。

つまり、必要な金額が10万円だけだったとしても、フリーローンによっては年10.0%以下の金利でお金を借りられる可能性もあるのです。

むしろ、少額の融資は高額な融資と比較して銀行にとってはリスクが低いため、好条件の金利が適用されることだってあります。

筆者が銀行員時代に取り扱いをしていたフリーローンでは、10万円程度の少額な申し込みのほうが最低金利を適用される事例が非常に多かったと記憶しています。

たとえ借りたい金額が小さかったとしても、非常に低い金利でお金を借りられる可能性があるという点も、フリーローンのメリットです。

Webからの仮申込みなら銀行への来店は不要

みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行などのメガバンクを中心に、ほとんどの金融機関では、Webでフリーローンの申し込みを完結することができます。

契約書などの必要書類は郵送やFAXで送ることができ、銀行の店舗窓口に赴くことなく、仮申し込みを完結できる商品が多いのもフリーローンの魅力です。

フリーローンのデメリット

使い道が自由かつ低金利で借りられるフリーローン(多目的ローン)ですが、ほかのローンと比較してデメリットがないわけではありません。

資金の使い道によっては、目的型のローンを選択したほうがお得に借りられる場合もありますし、急いでお金が必要だったとしても、銀行のフリーローンでは審査期間が長引いてしまい間に合わないこともあります。

フリーローンのデメリットまでしっかりと理解したうえで申し込みをしましょう。

目的ローンよりも金利が高い

フリーローン(多目的ローン)は、確かにカードローンよりも低金利ですが、たとえば自動車や住宅を購入する場合、自動車ローンや住宅ローンなど、その使い道に特化しているローンを利用したほうがより低金利で借りられます。

フリーローンも自動車や住宅を購入するための資金として利用することができますが、フリーローンのほうが金利は高いため審査が甘い傾向にあります。

筆者が銀行員だった時代に、自動車ローンの審査を通過できない人に対してはフリーローンをおすすめすることで、実際に融資した経験があります。

先に金利の低い目的型のローンに申し込み、審査に落ちたらフリーローンに挑戦をするというやり方もできますが、これでは信用情報が汚れるので筆者としてはあまりおすすめしません。

追加の借り入れができない

カードローンは、限度額の範囲内で自由に借り入れが可能です。

しかし、フリーローン(多目的ローン)は、一度融資を受けると追加の借り入れができないため、融資を受けたあとにもう少しお金を借りたくても、気軽に資金を調達できないというデメリットもあります。

年収や勤続年数に条件が付く場合もある

銀行によっては、年収200万円以上、勤続年数1年以上などの厳しい条件がついているフリーローン(多目的ローン)も珍しくありません。

カードローンは、満20歳以上の安定した収入のある方であれば、アルバイトやパートの人でも簡単に申し込みをすることができますが、フリーローンは商品によって貸付条件が異なり、審査基準が厳しい商品も多数存在するというのがデメリットです。

審査期間や融資までに時間がかかる

フリーローン(多目的ローン)の審査にかかる時間は、カードローンほど早いわけではありません。

さらに、契約には郵送がともなうため、フリーローンを申し込んでから融資が実行されるまでの期間は、早くて1週間、遅ければ2週間以上もかかってしまうことも珍しくありません。

フリーローンの審査期間はカードローンに比べてゆとりがあるので、急いでお金を借りたい方にとっては不向きだといえるでしょう。

銀行フリーローンの金利を比較

銀行のフリーローン(多目的ローン)は、カードローンのように限度額に応じて金利がある程度決められているわけではありません。

フリーローンは審査結果に応じて金利が設定され、リスクの低い人ほど少額の借り入れでも低金利が適用されます。

また、フリーローンには固定金利と変動金利の2つのタイプの商品があり、あらかじめ決められていることがほとんどですが、どちらかを自由に選べるフリーローンもあります。

※以下の金利表は、参考のために銀行以外のフリーローンも比較しています。

フリーローン(多目的ローン)の金利比較
フリーローン(多目的ローン)金利(年率)金利タイプ
イオン銀行 イオンアシストプラン3.8%~13.5%固定金利
りそな銀行 りそなプライベートローン6.5%~14.0%固定金利
三井住友銀行 フリーローン(無担保型)5.975%変動金利
九州労働金庫 フリーローン(自由資金)7.950%~8.500%固定金利
東海労働金庫 フリーローン3.5%~4.3%固定金利
ジャパンネット銀行 フリーローン14.75%~17.75%変動金利
南都銀行 <ナント>フリーローン3.975%~6.275%変動金利
中央労働金庫 ろうきん無担保フリーローン7.000%~7.500%固定金利
セディナ フリーローン10.8%~16.8%固定金利
住信SBI銀行ネット銀行Mr.フリーローン3.775%~12.0%変動金利
みずほ銀行 多目的ローン6.650%固定金利
オリックス・クレジット VIPフリーローン3.0%~14.5%不明

変動金利・固定金利の違いとは

フリーローンの変動金利と固定金利。これは通常の金利となにが違うのでしょうか。

変動金利とは、市場の金利動向に合わせて金利が変動する金利です。市場の金利が下がれば変動金利も下がりますし、市場の金利が上がれば変動金利も上昇します。

今は歴史的な低金利ですので変動金利も低くなっていますが、今後金利が上昇すれば変動金利で借りているローンの金利も上昇するかもしれません。

一方、固定金利とは、借りている間はずっとその金利が固定される金利です。

市場の金利動向にかかわらず金利が一定ですので、借りている途中で金利が上昇するリスクがありません。

金利上昇のリスクを変動金利は顧客が負い、固定金利は銀行が負うため、一般的には固定金利のほうが金利は高く設定されています。

住宅ローンなどで固定期間が長ければ長いほど金利が高くなるのは、銀行がリスクを負う期間が長くなるためです。

フリーローンの審査は甘い?

銀行のフリーローンや多目的ローンの金利はカードローンと比較してだいぶ低くなっています。

低金利のローンというのは銀行側の収入も少ないため、銀行にとっては低リスク低リターンの商品です。

つまり、カードローンのように高リスク高リターンではないため、カードローンよりも審査が厳しいのです。

フリーローンは審査が厳しい

フリーローンはカードローンと同じように使い道に関しては銀行から指定があるわけではありません。

しかし、フリーローンには年収や勤続年数に関しての申込条件がついていることが多いため、信用情報に加えて勤務先や年収などもカードローンよりもしっかりと審査されます。

このため、フリーローンと同じく使い道自由なカードローンよりもフリーローンは審査が厳しくなっています。

低金利のフリーローンほど審査が通りにくい

フリーローンや多目的ローンの金利は銀行によってさまざまです。

銀行によっては3.0%台で借りられる超低金利のフリーローンも存在しますが、このような低金利のローンは必然的に審査が厳しくなっています。

「金利の低いフリーローンでお金を借りたい」と漠然と考えて低金利のフリーローンへ申し込んだとしても、審査落ちのリスクが高くなるだけです。

金利の低いフリーローンは、『勤務先が安定』しており、『借入希望額の3倍くらいの年収』があり、『信用情報に傷がない』『他社債務がない』というような属性にまったく問題のない人しか審査に通過することができません。

審査に落ちると信用情報に傷がつく

金利の低いローンに安易に申し込みをおこない審査に落ちてしまうと、それらの情報は信用情報機関に最長6ヵ月間記録されてしまいます。

他社の審査に落ちたという情報は他のローンの審査で不利になる情報です。このため、金利の低いフリーローンへ申し込みをおこなったということ自体が、他の方法で借入をするうえで足を引っ張る可能性があるのです。

審査落ちはイヤ!フリーローン以外の選択肢

銀行のフリーローンや多目的ローンは金利が低いというメリットがある一方、審査が厳しいというデメリットもあります。

審査落ちによって信用情報に傷つくのが嫌だという人はカードローンへの申し込みを検討するという方法もあります。

安定した収入があればアルバイトや主婦でも利用可能

フリーローンや多目的ローンは、勤続年数や年収が一定以上の正社員でないと借りられない場合も少なくありません。

しかし、カードローンであればアルバイトや主婦でも安定した収入があれば利用することができます。

アルバイトや主婦などの元々フリーローンや多目的ローンの審査に通過することが難しいと考えられる人は、最初にカードローンへ申し込みを行っておいた方が効率的といえるかもしれません。

カードローンなら最短即日融資も可能

フリーローンや多目的ローンは申込から融資までに時間がかかります。

しかし、大手消費者金融のカードローンは最短で即日融資に対応しています。

フリーローンは融資実行までに時間がかかるため、「とにかく急いでお金が必要」という場合には、最初からカードローンに申し込みをした方がよいでしょう。

即日カードローン一覧
カードローン審査時間即日融資
アイフル最短30分最短1時間
アコム最短30分最短1時間
プロミス最短30分最短1時間
SMBCモビット10秒簡易審査最短即日
レイクALSA最短15秒Webで最短60分融資も可能
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、
当日中にお振込が可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
J.Score仮審査最短30秒最短即日

※申し込みの曜日や時間帯によっては、翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

フリーローンよりも早く借りられる、おすすめの即日カードローン人気ランキングは以下のとおりです。(※当社調べ)

おすすめ1位:アコムのカードローン

アコムのここに注目
  • 安心のアコム!利用者数延べ1,000万人突破
  • 審査時間は最短30分!スピード回答
  • お急ぎの方へ最短1時間で即日融資も可能
  • はじめてのアコムなら最大30日間金利0円
アコムのカードローン・キャッシング
アコムのカードローン・キャッシング
金利3.0%~18.0%(実質年率)
借入限度額最大800万円
審査時間最短30分
即日融資最短1時間

おすすめ2位:プロミスのカードローン

プロミスのここに注目
  • 郵送物なし・カードレス!Web完結
  • 最短30分で審査回答
  • Webなら最短1時間融資も可能
  • はじめてのご契約で最大2,000円分の三井住友VISAプリペイドをプレゼント
プロミスのフリーキャッシング
プロミスのカードローン・キャッシング
金利4.5%~17.8%(実質年率)
借入限度額最大500万円
審査時間最短30分
即日融資最短1時間

おすすめ3位:SMBCモビットのカードローン

SMBCモビットのここに注目
  • 電話連絡なし・郵送物なし!WEB完結申込
  • 10秒で簡易審査結果表示
  • カードローンなのにカードレス!スマホATM取引開始(セブン銀行ATM)
  • 会員数約50万人!信頼のブランドSMBCモビット カードローン(*2019年9月現在)
smbcモビットのカードローン・キャッシング
SMBCモビットのカードローン・キャッシング
金利3.0%~18.0%(実質年率)
借入限度額最大800万円
審査時間10秒簡易審査
即日融資最短即日

※申し込みの曜日や時間帯によっては、翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

おすすめ4位:レイクALSAのカードローン

レイクALSAのここに注目
  • 申込みから契約まで誰にも会わずにWeb完結
  • カードのお届け・郵送物なし!カードレス契約
  • お申込後、最短15秒で審査結果を表示
  • アルバイト・パート・派遣でも利用可能
レイクALSAのカードローン・キャッシング
レイクALSAのカードローン・キャッシング
金利4.5~18.0%(実質年率)
借入限度額最大500万円
審査時間最短15秒
即日融資Webで最短60分融資も可能
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込が可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

※初めてご利用のお客さまへの当日ご融資は、8~22時(毎月第3日曜日は8~19時)となっております。ご融資時間は、一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。

おすすめ5位:アイフルのカードローン

アイフルのここに注目
  • 来店不要・郵送物なし!誰にも知られずWEB完結
  • カードレスでご利用可能(後日カード発行OK)
  • 最短30分で審査完了!最短即日融資も可能
  • セブン銀行ATMにて原則24時間お取引可能
アイフルのキャッシングローン
アイフルのカードローン・キャッシング
金利3.0%~18.0%(実質年率)
借入限度額最大800万円
審査時間最短30分
即日融資最短1時間

おすすめ6位:J.Score(ジェイスコア)

J.Scoreのここに注目
  • 申込みから契約までネットで完結!スマホ・PCのみでスピーディーに対応
  • 仮審査最短30秒・最短即日融資も可能
  • 消費者金融トップクラスの金利!年0.8%~15.0%
  • スコアアップで金利引下げ・極度額の増額が可能
J.ScoreのAIスコア・レンディング
J.ScoreのAIスコア・レンディング
金利年0.8%~15.0%
借入限度額最大1,000万円
審査時間仮審査最短30秒
即日融資最短即日

※貸付利率(年率)0.8%は、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANと情報連携をおこない、かつ一定の条件を満たす場合に限り適用いたします。

まとめ

銀行には使い道自由でカードローンよりも金利が低いフリーローンや多目的ローンという金融商品があります。

金利が低いというメリットがある一方、融資までには時間がかかり、審査もカードローンよりも厳しくなっています。

このため、審査に自信のない人、アルバイトや主婦の人はフリーローンや多目的ローンは不向きですし、せっかく申し込みをしても審査落ちになり、信用情報に傷がつくだけということにもなりかねません。

カードローンはフリーローンや多目的ローンと同じように使い道が自由で、フリーローンなどよりも審査が厳しくありません。

「自分の属性」「いつお金が必要なのか」「どんな目的でお金を借りたいのか」などをよく考え、カードローンとフリーローンや多目的ローンを賢く使い分けるようにしましょう。

監修:手塚大輔/金融コンサルタント兼ライター