アコムの審査の流れと審査基準

アコムの審査の流れと審査基準

アコムの審査が初めてだけど私でも通るかな…?

アコムは借入れのしやすさに定評のある人気の消費者金融ですが、審査を通らないことにはアコムもカードローンを発行してくれません。

カードローンの審査に不安は付きものですが、対策をしっかりと練っておけばアコムの審査が初めてでも安心です。

アコムの審査を攻略するためには流れや手順を把握しておくことが重要です。また、アコムがどのような審査基準で与信判断をおこなっているのか、融資審査で重視しているポイントは何か?を知る必要があります。

この記事では、アコムの審査の流れや審査基準を解説し、アコムカードローンの審査前にどのような対策や準備をしたらいいかなどを詳しく説明します。

これからアコムの利用を検討している人達にぜひ審査の面で参考にしてもらいたいと思います。

アコムのキャッシング・カードローン
お急ぎの方&はじめての方はコチラ

アコムの審査の流れ

カードローンの申込先が消費者金融であれ、銀行であれ必ず審査があります。これはアコムでも同様です。

しかし、カードローン各社の審査基準は公開されていないため、審査を受ける我々利用者としてはその審査基準を外部から予想しながら対策を練って慎重に申し込みしなければいけません。

準備や対策が不十分なままアコムのカードローンに申し込んでも結果はあまり良いものにはなりません。それだけに、しっかりと準備して確実にアコムの審査を通過したいものですね。

そこでまずはアコムの審査の流れについて確認しておきましょう。

アコムカードローンの仮審査と本審査の流れ

アコムの審査は仮審査と本審査の二段階になっており、仮審査を通らないと本審査には進めない流れになっています。

仮審査で主におこなわれるのはコンピュータによるスコアリングです。スコアリングでは、申し込みフォームに入力された個人情報をアコムが属性ごとにスコア化、その合計点で本人の信用力を測ります。

また、同時にアコムでは指定信用情報機関であるJICCとCICに個人信用情報の照会をおこない、登録内容に問題がないかチェックします。

もしこの段階で信用情報に問題があれば、仮にスコアリング審査の結果が良くてもアコムでは審査落ちの対象となります。

仮審査に問題がなければ次は本審査です。アコムの本審査では主に以下の3つの項目で本格的に審査が行われます。

  • 本人確認書類や収入証明書で申込内容の再チェック
  • 仮審査よりもさらに広範な信用情報のチェック
  • アコム審査担当者による勤務先への在籍確認

ただし、大手消費者金融では在籍確認を電話以外に書類で対応してくれる場合があり、アコムも例外ではありません。

書類対応の事例としては、社会保険証+運転免許証(免許証がない場合は社員証+直近1ヵ月分の給与証明書)などです。

ケースにもよりますが、書類対応にしてもらえるかどうかは相談が可能なので、特段の事情あればアコムに申し込んだあとすぐに相談するようにしてください。

いずれにしても、すべてのプロセスを通過すればアコムの審査は完了します。

アコムの仮審査から本審査の一般的な流れは以下のとおりです。

  1. アコムのカードローンへ申し込み
  2. 仮審査
  3. 仮審査結果の回答(メールまたは電話)
  4. 本審査(在籍確認や提出書類の再チェック)
  5. 本審査結果の回答(メールまたは電話)
  6. 契約手続き完了
  7. 借り入れ

※アコムの審査時間は9:00~21:00(土日・祝日含む)です。迅速な審査や即日融資を希望される方は早めの申し込みを心がけてください。

アコムの「3秒診断」で審査前の不安を解消

アコムの審査を受ける前に借入れが可能か確認できる簡単な方法があります。それが「3秒診断」です。

「3秒診断」はアコム公式サイトから誰でも無料でおこなうことができます。アコムの審査に不安を感じている方は申込前にぜひ一度やってみてください。

参照お借入可能か3秒で診断|アコム公式

アコムの3秒診断は、年齢、年収(総支給額)、他社借入状況(残高、除く銀行借入)の3つの項目に入力するだけでとても簡単です。

診断結果は「お借入れできる可能性が高いです」または「お客様のご入力情報ではお借入れ可能の判断ができませんでした」のどちらかが表示されます。

診断結果はあくまでも借入れの可能性を探るためのツールに過ぎず、診断結果に一喜一憂する必要もありませんが、実はここにアコムの審査を攻略するヒントが隠されています。

それは、この3つの入力項目をアコムが審査の中でとても重要視しているという点です。だからこそ3秒診断の項目に選んでいるのです。

申込時の年齢、本人年収、他社借入状況、これからの解説で何度もこの項目が出てきます。アコム審査の重要キーワードとしてぜひしっかり覚えておいてください。

※「3秒診断」は借り入れを検討される際の目安であり、必ずしも診断結果により契約の可否を確約するものではありません。

アコムの審査基準

アコムはどのような審査基準で貸付をおこなっているのでしょうか?

アコムのカードローンには申し込みの条件として以下の3つが設けられています。

  • 申込時の年齢が満20歳~69歳であること
  • 安定した収入と返済能力を有していること
  • アコム所定の審査基準を満たしていること

アコムのカードローンは年齢、収入、審査基準の3つを満たすことが申込時の最低条件ですが、この「審査基準」という表現が曖昧ですね。

そこで、以下ではアコムの審査基準についてさらに掘り下げて説明します。

アコムの審査基準①属性に基づくスコアリング審査

アコムは大手消費者金融で最も利用者数が多いことで知られており、毎日数千人のカードローン申し込みを受け付けています。仮にこれらすべての審査を人的対応だけでやっていてはとてもこなせません。

そこでアコムでは審査の中にAI(人工知能)などの自動判定システムを導入しており、プログラムが自動で審査をおこなえるようすでに移行済みで、これをスコアリングと呼んでいます。

アコムのスコアリング審査では、カードローン申込者から申告された個人情報をその属性ごとに点数化して個人のスコアを算出し、アコムの定めたスコア基準を突破した申込者をまず審査で通過させます。これをアコムの仮審査の第一段階とします。

次に本審査へと進み、今度はアコムの審査スタッフが申込者の申告内容を目視で確認して、本人に提出してもらった各種書類と突合しながら利用極度額や貸出金利などの是非を検討します。

アコムの本審査ではさらにこれと合わせて下記の手続き(信用情報、在籍確認)を実施します。

アコムの審査基準②個人信用情報に基づく審査

アコムは消費者金融としてJICC(日本信用情報機構)とCIC(シーアイシー)という2つの信用情報機関に加盟しています。

JICCは主に消費者金融が加盟する信用情報機関です。CICは主に信販会社・クレジットカード会社が加盟する信用情報機関ですが、CICはアコムのような貸金業者でも加入できるようになっています。

消費者金融等の貸金業者を規制する総量規制では、カードローンに加えてクレジットカードのキャッシング枠も規制の対象に入っているので、アコムとしてもCICに加盟することで利用者のクレジットカードキャッシング枠の利用状況も迅速に確認できるメリットもあります。

外部審査の内容としては、アコムが申込者の個人情報に基づきこれらの信用情報機関に信用照会することで、本人の過去の支払い状況や現在の他社を含む各種信用商品の利用状態を確認できます。

過去の支払状況の確認とは、破産や任意整理などの債務整理・代位返済・強制解約の有無、また、カードローンやクレジットカード等の返済で3ヵ月以上の滞納があったかどうかを確認する手続きです。

このような金融事故の情報がJICCやCICに登録されていれば、いくら本人のスコアリング結果が良くても過去に金融業者との取引で金銭的な被害や迷惑をかけたことが明らかなので、アコムとしても審査で落とさざるを得ません。

また、現在の他社含む本人の信用商品に関する利用状態もアコムは確認ができるので、申込状況や返済遅延の頻度などもチェックしながら、その内容をカードローンの審査に反映させるかどうか慎重に検討することになります。

アコムの審査基準③勤務先への在籍確認

アコムでは審査の手続きのひとつとして在籍確認をおこなっています。

在籍確認とは、アコムから申込者の勤務先または自宅に電話をかけて、本人が本当に働いているかどうかを確認する手続きのことです。

本人が実際働いていないと収入を得る糧もなく、仮にアコムがカードローンを貸しても返済できなくなることから、在籍確認はアコムの審査では欠かせない必須の手続きとなっています。

在籍確認は基本的にアコムから勤務先または自宅への電話連絡という形で行われます。

在籍確認はカードローン審査の最終段階で行われることが多いのですが、確認の時間帯が午後からであまり遅くなると勤務先の全員が退社して誰も電話が取れなくなるケースもあるので、申込者から事情を聞いてアコムの判断で早めに電話して在籍確認を済ませることもあります。

いずれにしても在籍確認が完了しなければアコムはカードローンを発行しないので、それほどアコムの審査において在籍確認は重要な手続きであるということです。

在籍確認が電話でおこなわれるといっても、すべての申込者が問題なくできるというわけではありません。

職場や自宅に電話をかけられてアコムへ申し込みしていることがバレることを嫌う人もいますし、勤務形態によってうまく在籍確認が取れない場合もあります。

そんなときに、状況次第によってはアコムでも電話以外の方法(勤務先を証明できる書類等)で在籍確認を済ませてくれることもあるようです。

ただし、これまで説明したように在籍確認は貸金業者にとって審査では必須の手続きなので、簡単に申込者の都合に合わせられるような性質のものでもありません。

例えば本人の信用状況に何も問題がなく、申込金額も小さいなど一定条件の下でアコムも電話連絡に変えて書類の提出のみで在籍確認を済ませてくれる可能性があるということです。

職場に電話をかけられると困るという人は、アコムにそのような対応が可能かどうかカードローンを申し込んだあとすぐに相談されることをおすすめします。

アコムの審査基準を満たせない人

これまでの内容でアコムの審査の流れや審査基準などを十分に理解してもらえたかと思います。

これからはアコムの審査を通過するために、通らない原因の分析と落ちしないための対策について考えていきたいと思います。

安定した収入がない

申込条件にもあるように、本人に安定かつ継続した収入がないとアコムの審査を通ることができません。そのため、収入がない学生・主婦・無職の方はアコムでお金を借りられません。

本人に安定した収入があればアコムの利用は可能です。現在収入のない人は、まずはパート・アルバイト等でもいいので働き始めて一定の収入を確保することから始めましょう。

勤続年数が短い

アコムの審査に通らない理由として、ひとつの職場での勤続年数があまりに短いという点が挙げられます。

勤続年数が短いと年収面での安定性をアコムに証明できません。アコムの審査に落ちないためにも一定期間きちんと勤務実績を作ってからカードローンを申込みましょう。

1ヵ月〜3ヵ月程度の勤務期間ではアコムの審査を通るのは難しいので、最低でも半年間の勤務実績を作ってから申し込むことをおススメします。

年収に比べて希望借入額が高すぎる

申込時の希望限度額が本人の年収よりも高すぎる場合、アコムの審査に通らない可能性があります。

そもそも自身の年収に対して過度な金額で申し込する行為は、本人の借金に対する責任感が薄い証拠です。審査というのは申込者を選り分けてできるだけ貸出リスクを下げる行為なので、そのような人はアコムの審査にも落ちやすくなります。

アコムの審査を通りたければ、できる限り低めの希望額でカードローンを申し込みましょう。

他社借入の合計金額が本人年収の3分の1を超えている

アコムは消費者金融業者なので総量規制を受けており、他社の借入と合わせて本人年収の3分の1を超えて融資をすることができません。

アコムの審査では信用情報機関に現在の本人の借入状況について信用照会をおこないます。すると現在の他社借入状況もすべてわかるので、仮に今回のアコム申込み分も含めた借入総額が本人年収の3分の1を超えてしまう状況なら審査落ちする可能性があります。

もちろん審査落ちまでとはいかなくても、本人年収の3分の1以内に収まるように希望限度額を減らされて認可されるケースもあります。

他社借入の件数が多すぎる

アコムの審査で信用照会の結果、他社借入件数が多いことが分かると審査に落ちやすくなります。

貸金業者によってどれくらいを多すぎると判断するかは基準がマチマチですが、複数社からの借り入れはアコムの審査でもかなり厳しく見られます。

他社の利用状況にもよりますが、アコムのカードローンを申し込む前にできれば他社のカードローン契約を解約するなり、おまとめするなり、少しでも債務を減らしておくことをおススメしたいと思います。

在籍確認がどうしても取れない

アコムの在籍確認が完了しなければ審査を通ることはできません。

アコムとしても1回くらい在籍確認が取れなくても時間帯や曜日を変えて何回かは連絡を試みてくれますが、それでも電話がつながらず最終的に在籍確認を取れなかった場合にはアコムからお金を借りることはできません。

さらに勤務先に電話しているにもかかわらず、受け答えしている電話の背後から子どもの声が聞こえるとか、明らかに状況を怪しく感じる場合でも審査落ちの対象となります。

事前にアコムには在籍確認で必要な情報を提供しておき、審査の担当者ができるだけスムーズに電話連絡が終わるよう協力してください。

申告内容に嘘がある、偽造書類を提出した

アコムの申込内容に嘘があるとか、提出書類の中に偽造書類が混じっていたら間違いなく審査に落ちます。

アコムのカードローンは無担保・無保証の貸付なので、アコムも本人の信用力に沿って融資の判断をおこないます。その信用力判断の基礎となる申込内容や確認書類に嘘・偽りが入っていたら、それだけですでに信用が失墜する行為なので、そもそもそのような人物は信用するに値しません。それどころか、偽造書類の混入などは貸金業者を騙す行為にも等しいので、もし金融業者が警察に告発したらそれは犯罪として立証されてしまいます。

いくらお金に困っているからといって、申し込みで年収や勤続年数などを嘘ついたり偽装書類を提出したりすると、アコムにバレて審査で落とされてしまうので絶対にそれだけはやらないでくださいね。

個人信用情報に傷がある

アコムは加盟している2つの信用情報機関(JICC・CICC)に本人の信用状態を問い合わせて確認しますが、そこで債務整理(破産や任意整理等)や3ヵ月以上の返済滞納などのネガティブな情報が登録されていたら重大な与信リスクと判断して審査で落とします。

もし本人が過去にどのような金融トラブルを起こしたか自分ではあまり記憶にないもののそれが気になっていて申し込みが心配なら、これらの信用情報は個人でも確認することができるので、事前に自分で信用情報機関に開示請求されることをおススメします。

信用照会の結果、信用情報に重大な問題がなればアコムの審査でも心配はないかと思われます。

過去にアコムとの取り引きでトラブルを起こした

アコムが加盟する信用情報機関では過去の信用情報の保存期間が決められており、最長でも5年〜10年経てば情報が抹消されるルールになっています。

それならば、その保存期間が過ぎるのを待ってアコムに申し込みすればいいのでは?という考えにもなりますがそれほど話は簡単ではありません。

例えばアコムのカードローンを申込みする予定の本人が過去にアコムとの金融取引でトラブルを起こしていたとしましょう。

仮にその情報が信用情報機関で保存期限が経過して抹消されていたとしても、アコムの社内ではその情報を永久的に保存している可能性が高いのです。

トラブルは過去のモノでもうさすがに忘れている頃だろうと再度アコムに申込みをおこなっても、社内のデータを照合した結果、過去の履歴が残っているとアコムも貸出リスク回避のために審査で落とします。

他社で返済遅延や延滞を繰り返している

現在、他社カードローンの返済で何度も遅延や延滞を繰り返しているとアコムの審査には通りません。

筆者(元銀行員)の経験では、直近の返済で2回〜3回遅延していたらカードローンの審査を通るのがかなり厳しくなると考えています。

もちろん返済遅延はカードローンやクレジットカードだけが対象というわけではなく、スマートフォン端末代金や奨学金返済などもトータルでカウントされています。

遅延してもどうせ返済するからいいだろうと甘く考えると、アコムの審査には通らないので注意してください。

短期間に複数のカードローンを申し込んだ

短期間の内に複数社へカードローンを申し込みする行為もアコムの審査に通らない理由のひとつです。

短期間とは1ヵ月〜2ヵ月以内、複数とは明確に数字で定義することは難しいですが一般的に3社程度と考えてください。

カードローンの申込情報は加盟している信用情報機関に通知され最低6ヵ月間は登録されるルールになっています。そのため、一度に複数のカードローンに申し込みすると、すべての申込情報が短期間で続けて登録されてしまうので、アコムとしてもそのような行為に危機感を感じて審査で落とす判断をします。

ただし、それは貸金業者としては当然のリスク管理であり、責められるべきはそのような行為をした申込者側であると思います。

とにかくカードローンで失敗しないコツはできるだけ間隔を空けてから申し込みするということです。できれば前回の申し込みから6ヵ月は間隔を空けてください。そうすれば審査落ちのリスクは最小限に抑えられるものと考えています。

アコムからの電話を無視した

アコムのカードローンに申し込むと、最初に審査担当者から本人確認の電話がかかってきます。

もしその時かかってきた電話を無視するとか、自分の都合で電話に出ず放置したままにしておくと、アコムの審査に落ちることもあるので注意してください。

アコムがわざわざ本人に電話をする目的はもちろん申込内容の再確認のためでもありますが、それ以外にも本人に借入れの意思を確認するといった意図もあります。

昔の金融機関は本人に借入れ意思の確認をロクにやっておらず、家族からの申し込みでも平気で本人名義で借金の受け付けをしていた時代もありました。しかし、今では時代も複雑高度になり、そのようなずさん処理は許されなくなっています。

アコムの融資審査ではまず貸金業者として本人の借入れ意思を確認することが大事であり、そのためにも電話をかけてくるのです。

アコムからかかってきた電話を無視するということは、貸金業者の確認を無視することにも等しいのでこれが審査に落ちる理由になってしまいます。

アコムに申し込んだら、かかってくる電話はいつでも取れる状態にしておく、これがカードローンの申込者として最低限の心構えです。

まとめ

アコムの審査の流れや審査基準、そして審査を通るための対策や心構えについて詳しく解説してきました。

2017年4月から始まった銀行カードローンの本格的な自主規制の下、2020年に入りさらに審査が厳しくなることが予想されます。その結果、カードローンの審査時間や融資スピードもますます長くなることでしょう。

そのような環境下でアコムのカードローンに対する期待は高まるばかりです。しかし、顧客がいくらアコムに審査のスピードアップを求めても審査はある意味で貸出リスクの高い申込者を選別する作業でもあるので、即日審査や即日融資が受けられるのはあくまでアコムの審査基準に問題なく通過した人だけです。

そのような中で申込者に求められることは、本当にアコムの審査に通りたければ審査の流れや審査基準をきちんと理解してそれに合った対策を取ることだと考えています。

皆さんにはそのような姿勢で日頃からアコムの審査に対する準備作りを進められることを筆者としても強く期待しています。

NEXTアコムのカードローンを借りるメリット・デメリット