アコムの審査の流れと審査基準

アコムの審査の流れと審査基準

アコムの審査が初めてで、カードローンの審査に通るか不安…。

アコムは借り入れのしやすさに定評のある人気の消費者金融ですが、誰でも簡単にカードローンを発行してくれるわけではありません。

ではどのようにすればアコムの審査に通ることができるのでしょうかか?また、通りやすくなる裏技や攻略法があれば知りたいですよね。

アコムの審査を通過するためには、審査の流れ(手順)を把握しておくことが重要です。また、どのような審査基準で与信の判断をおこなっているのか、融資審査でアコムが重視している項目は何か?などを知っておく必要があります。

本記事では、アコムの審査の流れや審査基準の解説に加えて、カードローンの審査前にどのような対策や準備をしたらいいかなどを詳しく説明します。

アコムの利用を検討されている方は、ぜひ審査の面で参考にしてもらいたいと思います。

アコムのキャッシング・カードローン
お急ぎの方&はじめての方はコチラ

アコムの審査の流れ

カードローンの申込先が消費者金融であれ、銀行であれ必ず審査があります。これはアコムでも同様です。

しかし、カードローン各社では審査基準を一般公開していないため、審査を受けたい我々利用者としてはその審査基準を外部から予想しながら対策を練るしか方法はありません。

準備や対策が不十分なままアコムの審査に申し込んでも結果はあまり良いものにはなりません。それだけに、しっかりと準備をして確実にカードローンの審査を通過したいものですね。

そこで!まずはアコムの審査の流れについて確認しておきましょう。

アコムカードローンの仮審査と本審査の流れ

アコムのカードローンは仮審査と本審査の二段階でおこなわれます。まずは仮審査を通らないことには次の本審査へと進めない流れとなっています。

仮審査では、主にコンピュータ(ローン自動審査システム)によるスコアリングがおこなわれます。スコアリングの審査では、申し込みフォームに入力された個人情報をコンピュータが属性ごとにスコア化し、その合計点で本人の信用力を測ります。

またスコアリングと並行して、アコムの審査担当者が指定信用情報機関の「JICC」と「CIC」に個人の信用情報を照会し、登録内容に問題や傷がないかをチェックします。

信用情報はカードローンの与信判断においてもっとも重要視される項目なので、この段階で長期延滞や債務整理などの情報があれば、仮にスコアリングの結果がどんなに良くてもアコムでは審査落ちの対象となります。

仮審査に問題がなければ次は本審査へと進みます。アコムの本審査では、以下の3つの項目からさらに本格的に審査が進められます。

  • 本人確認書類や収入証明書で申込内容の再チェック
  • 仮審査よりもさらに広範な信用情報のチェック
  • アコム審査担当者による勤務先への在籍確認

本審査で気をつけたいのは勤務先への在籍確認です。勤め先の確認が取れないと審査がそこでストップしてしまうので、会社が休みで誰もいない場合には、休日なのにわざわざ会社へ出向き、自ら電話にでるなどの対策が必要です。

しかし、大手消費者金融では在籍確認を電話以外に追加の書類で対応してくれる場合もあります。それはアコムも例外ではありません。

在籍確認ができる書類の例としては、社会保険証+運転免許証(免許証がない場合は社員証+直近1ヵ月分の給与証明書)などが一般的です。

希望限度額や審査内容にもよりますが、電話での在籍確認を書類で対応してもらえるかどうかを相談できるので、急ぎなど特段の事情あればカードローンを申し込んだあと、すぐにアコムへ相談してみてください。

いずれにしても、すべてのプロセスを通過すればアコムのカードローン審査はすべて完了です。そのあとは、契約手続きへと進み、ローンカード発行または振込にて融資を受けられます。

アコムの仮審査と本審査の流れ(手順)を以下にまとめてみたので、よければ参考にしてください。

  1. アコム公式サイトにてカードローン申し込み
  2. 仮審査スタート
  3. 仮審査結果の回答(メールまたは電話)
  4. 本審査スタート(※在籍確認)
  5. 契約手続き
  6. 借り入れ(カード発行or振込)

アコムの審査時間は9:00~21:00(土日・祝日含む)までですが、申し込みの時間帯が遅くなると翌日審査となるので注意しましょう。迅速な審査や即日融資を希望される方は、なるべく早めにに申し込んでおきましょう。

アコムの「3秒診断」で審査前の不安を解消

審査には不安が付きものですが、アコムではカードローン申し込みの前に、借り入れ可能か確認できる簡単な方法があります。それが「3秒診断」という機能です。

アコムの3秒診断は、年齢、年収(総支給額)、他社借入状況(銀行借入を除く)の3つの項目を入力するだけで、アコムで融資を受けられるかを判定してくれる便利な機能です。

診断結果が良かった場合、「お借り入れできる可能性が高いです」と表示され、逆に診断結果が悪かった場合には、「お客様の入力情報ではお借り入れ可能の判断ができませんでした」と表示されます。

もちろん3秒診断の診断結果は、あくまでも借り入れの可能性を探るためのものであり、診断結果に一喜一憂する必要もありませんが、じつはここにアコムの審査を攻略するためのヒントが隠されています。

それはこの3つの入力項目をアコムが審査の中でとても重要視しているという点です。だからこそ3秒診断の項目として選んでいるのです。

「3秒診断」は、アコム公式サイトへアクセスすれば、誰でも無料で利用できます。事前に通らないことがわかれば、不要な審査落ちで信用情報が傷つくことを避けることもできます。アコムの審査を通過できるのか不安に感じている方は、試しに一度やってみることをおすすめします。

参照お借入可能か3秒で診断|アコム公式

※「3秒診断」は借り入れを検討される際の目安であり、必ずしも診断結果により契約の可否を確約するものではありません。

アコムの審査基準

アコムはどのような審査基準の基、融資の可否を判断しているのでしょうか?

審査基準を知るためにも、まずはアコムの申込条件から確認していきましょう。

アコムの申込条件(貸付対象者)は、以下の3項目です。

  • 申込時の年齢が満20歳~69歳であること
  • 安定した収入と返済能力を有していること
  • アコム所定の審査基準を満たしていること

審査では、申込時の年齢、安定した収入、アコム所定の審査基準の3つを満たすことがカードローンを利用するうえでの最低条件となりますが、3つ目の「審査基準」という表現が曖昧ですね。

そこでこの章では、アコムの審査基準にフォーカスし、さらに深く掘り下げて説明していきます。

アコムの審査基準①属性に基づくスコアリング

アコムは大手消費者金融の中で最も利用者数が多いことで知られており、毎日数千人のカードローン申し込みを受け付けています。仮にこれらすべての審査をスタッフによる人的対応だけでやっていてはとてもこなせません。

そこでアコムでは、審査プロセスにAI(人工知能)などの自動判定システムを導入しており、申し込みが完了した時点でプログラムが自動で審査する仕組みとなっています。これをスコアリングと呼んでいます。

アコムのスコアリング審査では、申し込みフォームに入力された個人情報を各属性ごとに点数化し、個人のスコアを算出した後、アコムの定めたスコア基準を満たした申込者のみ次のステップへと進むことができます。これを仮審査の第一段階とします。

次に本審査へと進みますが、今度はアコムの審査スタッフが申込者の申告内容を目視で確認し、本人に提出してもらった各種書類と突合しながらカードローンの利用極度額や貸付金利などの是非を検討します。

アコムの本審査では、これらの審査基準と合わせてさらに下記の手続き(信用情報、在籍確認)を実施します。

アコムの審査基準②信用情報の照会

正規の貸金業者であるアコムは、JICC(日本信用情報機構)とCIC(シーアイシー)という2つの個人信用情報機関に加盟しています。

JICCは主に消費者金融が加盟する信用情報機関です。一方、CICは主に信販会社・クレジットカード会社が加盟する信用情報機関ですが、アコムのような貸金業者でもCICに加入できるようになっています。

消費者金融などの貸金業者を規制する総量規制には、カードローンに加えてクレジットカードのキャッシング枠も規制の対象に入っています。アコムとしてもCICに加盟することで、利用者のクレジットカードキャッシング枠の利用状況を迅速に確認できるというメリットもあります。

審査の内容としては、アコムが申込者の個人情報に基づき、加盟している個人信用情報機関に信用照会をすることで、過去の支払い状況や現在の他社借入を含む各種信用商品の利用状態を確認できます。

過去の支払状況の確認とは、自己破産や任意整理などの債務整理、代位返済や強制解約の有無、さらにはカードローンやクレジットカードの返済において3ヵ月以上の長期滞納がないかどうかを確認する手続きです。

これらの金融事故情報が個人信用情報機関のJICCやCICに登録されていれば、いくら本人のスコアリング結果が良くても、過去に金融業者との取り引きで金銭的な被害や迷惑をかけたことが明らかなので、アコムとしても貸付リスクを回避するために審査で落とさざるを得ません。

また、アコムは現在の他社を含めた本人の信用商品に関する利用状態も確認できるので、申込状況や返済遅延の頻度なども随時チェックしながら、どの内容をカードローンの審査に反映させるかを慎重に検討しているのです。

アコムの審査基準③勤務先への在籍確認

アコムの審査で絶対に欠かせない手続きのひとつとして「在籍確認」があります。

在籍確認とは、申込者の勤務先または自宅にアコムのスタッフが電話をかけて、本人が働いている事実を確認する手続きのことです。

実際に本人が働いていなければ収入を得る糧もないので、仮にアコムがカードローンを融資しても返済不能となる可能性が高いことから、在籍確認はアコムの審査では欠かせない必須の手続きとなっています。

アコムの在籍確認は、原則として勤務先または自宅への電話連絡という形でおこなわれます。

在籍確認は審査の最終段階でおこなわれることが多いのですが、電話連絡の時間帯が午後で遅くなってしまうと、勤務先の社員が全員退社してしまい、誰も電話を取れなくなるケースもあるので、申込者から事情を聞いてアコムの判断で早めに在籍確認を済ませてくれる場合もあります。

いずれにしても、在籍確認が完了するまでアコムはカードローンを発行しないので、それほどアコムの審査において在籍確認は重要な手続きであるということです。

在籍確認が電話であるといっても、すべての申込者が問題なくできるというわけではありません。たとえば、事情により職場や自宅への電話を嫌う人もいますし、勤務先に電話をかけても受付が個人情報保護を盾に在籍確認をとらせてくれない場合もあります。

そんなとき、アコムでは状況によって電話以外の方法(勤務先を証明できる書類の提出など)で在籍確認を済ませてくれることもあります。

ただし、これまで説明したように在籍確認は貸金業者にとって審査では欠かせない手続きなので、そう簡単に申込者の都合に合わせられるような性質のものでもありません。

たとえば、本人の信用情報に傷がなく、希望借入金額も10万円以下の少額など、一定の条件下でアコムも電話に代えて追加の書類で在籍確認を済ませてくれる可能性もあるということです。

職場に電話をかけられると困るという人は、そのような対応が可能かどうか、カードローンを申し込んだらすぐにアコムへ相談されることをおすすめします。

アコム
アコムの基本情報
金利3.0%〜18.0%(実質年率)
借入限度額最大800万円
審査時間最短30分
即日融資最短1時間

アコムの審査基準に満たない人

これまでの解説で、アコムの審査の流れや審査基準について十分に理解してもらえたかと思います。

この章では、アコムの審査に通らない理由および原因の分析と、審査に落ちないための対策について考えていきたいと思います。

これから説明する内容は、どれもアコムの融資審査において重要視されているものばかりです。自身がどれかに該当していないか、注意しながら読み進めていってください。

安定した収入がない

申込条件にもあるように、本人に安定かつ継続した収入がないとアコムは審査に通してくれません。そのため、毎月1回以上の定期的な収入のない学生・主婦・無職の方は、アコムではお金を借りられないのです。

本人に安定した収入があればアコムのカードローンを利用することは可能です。現在、自身に収入のない人は、まずはアルバイトやパートでもいいので仕事に就いて、一定の収入を確保することから始めましょう。

勤続年数が短い

アコムの審査に通りづらい理由として、ひとつの職場での勤続年数があまりに短いという点が挙げられます。

勤続年数が短いと年収面での安定性をアコムに証明できません。一般的には、勤続期間が長いほど退職やリストラなどのリスクも低いと判断され、カードローンの審査では有利とされています。

アコムの審査に落ちないためにも、一定期間(最低でも1〜3ヵ月)きちんと勤務実績を作ってからカードローンに申し込みましょう。

ちなみに銀行カードローンの審査では、勤続年数は1年以上が望ましいとされ、2年〜3年以上なら審査でも有利となりますが、半年未満の勤務実績では評価も低いので注意しましょう。

年収に比べて希望借入額が高すぎる

申込時の希望限度額が本人の年収よりも高すぎる場合、アコムの審査に通りづらくなる可能性があります。

そもそも自身の年収に対して過度な金額で申し込する行為は、本人の借金に対する責任感が薄い証拠です。

カードローンの融資審査というのは、申込者を選り分けてできる限り貸付リスクを下げるための行為なので、初回の申し込みでいきなり高額融資を希望するような人は、アコムの審査にも落ちやすくなります。

アコムの審査を通りやすくする方法としては、できる限り低めの希望限度額(必要最低金額)でカードローンを申し込みましょう。

他社借入の合計金額が年収の3分の1を超えている

消費者金融のアコムは、貸金業法の総量規制を受けているため、他社からの借り入れと合わせて年収の3分の1を超える融資ができません。

アコムの審査では、個人信用情報機関に本人の借入状況について信用照会をおこないますが、そのときに現在の他社借入状況もすべてわかるので、今回のアコムの申し込み分を含めた借入総額が年収の3分の1を超えてしまうような状況であれば、審査に落ちてしまう可能性があります。

  • 年収600万円→借入総額は200万まで
  • 年収300万円→借入総額は100万まで
  • 年収150万円→借入総額は50万円まで
  • 年収100万円→借入総額は33万円まで

しかし、アコムではいきなり即審査落ちとはならずに、年収の3分の1以内に収まるよう借入限度額を減らされて認可されるケースもあります。

他社借入の件数が多すぎる

アコムの審査で個人信用情報機関へ信用照会をした結果、他社借入件数が多いと判断されれば審査に落ちやすくなるでしょう。

他社借入件数でどれくらいを多いと判断するかの基準は貸金業者や金融機関によって異なり、他社借入の利用状況にもよりますが、前提として複数社からの借り入れはアコムの審査でもかなり厳しく見られます。

アコムの申し込み前には、できれば使っていないカードローンの契約があれば解約するなり、おまとめするなり、少しでも債務の件数と金額を減らしておくことをおススメしします。

在籍確認がどうしても取れない

アコムの審査では、勤務先への在籍確認が完了しない限りは契約手続きへと進むことができません。

貸金業者であるアコムとしても、1回くらい在籍確認がとれなくても時間帯や曜日を変更して複数回にわたって連絡を試みてくれますが、それでも電話がつながらず、最終的に在籍確認が完了しなかった場合には、審査で落とされる可能性があります。

また、勤務先に電話しているにもかかわらず、受け答えしている電話の背後から子どもの声が聞こえてくるなど、明らかに状況を怪しく感じる場合にも審査落ちの対象となります。

在籍確認を確実に完了させるためにも、必要な情報をアコムへ提供し、時間帯の希望などがあれば事前に相談しておいてください。審査担当者ができるだけスムーズに在籍確認ができるように協力することが審査通過への近道です。

申告内容に嘘がある、偽造書類を提出した

アコムへの申し込みで申告内容に嘘があるとか、提出書類の中に偽造書類が混じっていたら、間違いなく審査に落ちてしまいます。

カードローンは無担保・無保証の貸付なので、アコムも本人の信用力に沿って融資の判断をおこないます。その信用力を判断するための基礎となる本人情報や確認書類に嘘・偽りが混じっていたら、それだけで信用が失墜する行為なので、そのような人物は信用するに値しません。

それどころか、偽造書類の混入などは貸金業者を騙す行為にも等しいので、もし金融業者が警察に告発したらそれは犯罪として立証されてしまいます。

いくらお金に困っているからといって、申し込みの際に年収や勤続年数などで嘘をついたり、偽装書類を提出したりすると、アコムにバレて審査で落とされるだけではなく、犯罪行為となるので絶対にやめましょう。

信用情報に傷がある

アコムの審査では、加盟している2つの信用情報機関(JICC・CICC)に本人の信用状態を確認するために問い合わせをおこないますが、その際に債務整理(破産や任意整理等)や3ヵ月以上の返済滞納などのネガティブな情報が登録されていたら、重大な与信リスクと判断して審査で落とします。

過去にどのような金融トラブルを起こしたのか自分には記憶がなく、それが気になって申し込みを躊躇されているのであれば、信用情報を開示請求して確かめるという方法もあります。

信用情報は一般の方でも確認することができるので、事前に個人信用情報機関に開示請求されることをおススメします。

信用照会の結果、信用情報に重大な問題がなれば、アコムの審査でも心配はないかと思われます。

過去にアコムとの取り引きでトラブルを起こした

アコムが加盟する信用情報機関(JICC・CICC)では、過去の信用情報の保存期間は決められており、最長でも5年〜10年経てば情報が抹消されるルールとなっています。

それならば、その保存期間が過ぎるのを待ってからアコムに申し込めばいいのでは?という考えにもなりますが、話はそれほど簡単ではありません。

例えばアコムのカードローンを申し込む予定の本人が、過去にアコムとの金融取引でトラブルを起こしていたとしましょう。

仮にその情報が個人信用情報機関の保存期限を経過してすでに抹消されていたとしても、アコムの社内ではそれらの情報をブラックリスト(社内ブラック)として永久的に保存している可能性が高いのです。

トラブルは過去のモノで、さすがにもう忘れている頃だろうと再びアコムに申し込んでも、社内データを照合した結果、過去のトラブルに関する履歴が残っていると、貸付リスクが高いと判断し、審査で落とします。

一度社内ブラックになってしまうと、その会社のカードローンは借りられないので、まだ利用したことのない別のカードローン会社へ申し込むとよいでしょう。

参考消費者金融おすすめランキング6選

他社で返済遅延や延滞を繰り返している

現在、他社で利用しているカードローンで何度も返済遅延や延滞を繰り返している場合、アコムの審査には通りません。

筆者(元銀行員)の経験では、直近で2回〜3回の返済遅延があればカードローンの審査を通るのがかなり厳しくなると考えています。

もちろん返済遅延はカードローンやクレジットカードだけが対象というわけではなく、スマートフォン端末代金(機種代)や奨学金の返済などもすべてカウントされています。

遅延してもどうせ返済するからいいだろうと甘く考えていると、アコムだけではなくすべての金融機関でお金を借りられなくなるので注意してください。

利用中のカードローンやクレジットカードなどの金融取引において返済に遅れがないこと。これがアコムの審査を通るための必須条件です。

短期間に複数のカードローンを申し込んだ

短期間の内に複数社のカードローンを申し込みする行為もアコムの審査に通らない原因のひとつです。

短期間とは1ヵ月〜2ヵ月以内のことをいい、複数社とは明確に数字で定義することは難しいですが、一般的には3社以上だと考えてください。

カードローンに関する申込情報は、加盟している個人信用情報機関に通知され、最低6ヵ月間は登録されるルールになっています。そのため、一度に複数のカードローンに申し込むと、短期間にすべての申込情報が続けて登録されてしまうので、アコムとしてもそのような行為に危機感を感じて審査で落とす判断をします。

それは貸金業者として当然のリスク管理であり、責められるべきはそのような行為をした申込者側にあると思います。

カードローンの審査で失敗しないコツは、次回の申し込みまでの期間をできるだけ空けることです。前回の申し込みから6ヵ月間も経てばカードローンの申込履歴は個人信用情報機関から抹消されるので、そうすることで審査落ちのリスクは最小限に抑えられるものと考えています。

アコムからの電話を無視した

アコムのカードローンに申し込むと、まず最初に審査の担当者から本人確認の電話がかかってきます。

もしそのときに電話を無視するとか、折り返さずに電話を放置したままにしておくと、音信不通によりアコムの審査に落ちることもあるので注意してください。

アコムがわざわざ本人に電話をする目的は、申込内容を再確認するためでもありますが、それ以外にも本人に借り入れの意思を確認するといった意図もあります。

一昔前の金融機関は本人に借り入れ意思の確認をロクにやっておらず、家族からの申し込みでも平気で本人名義で借金の受け付けをしていた時代もありました。しかし、今では時代も複雑高度になり、そのようなずさんな処理は許されなくなっています。

アコムの融資審査では、まず貸金業者として本人の借り入れ意思を確認することが大事であり、そのために電話をかけてくるのです。

かかってきた電話を無視するということは、貸金業者の確認を無視することにも等しいので、これがアコムの審査に落ちる原因にもなってしまいます。

アコムに申し込んだら、いつでも電話をとれる状態にしておく、もしとれなくてもすぐにかけ直す、これがカードローンの申込者として最低限の心構えです。

まとめ

アコムの審査の流れや審査基準、そして審査を通るための対策法や心構えについて詳しく解説してきました。

2017年4月から始まった銀行カードローンの本格的な自主規制の下、ますますカードローンの審査も厳しくなることが予想されます。その結果、カードローンの審査時間や融資スピードもますます長くなることでしょう。

そのような環境下でアコムのカードローンに対する期待は高まるばかりです。しかし、顧客がいくらアコムに審査のスピードアップを求めても、審査はある意味で貸付リスクの高い申込者を選別する作業でもあるので、即日審査や即日融資が受けられるのは、あくまでもアコムの基準を十分に満たせた人だけです。

そのような中で申込者に求められることは、本当にアコムでお金を借りたければ、審査の流れや審査基準をきちんと理解し、それに合った対策を取ることだと考えています。

皆さんには、日頃からそのような姿勢でアコムの審査に対する準備を進められることを筆者としても強く期待しています。

NEXTアコムのカードローンを借りるメリット・デメリット