代金引換(代引き)の料金が払えない…時間の稼ぎ方とお金を用意する方法

「クレジットカードは嫌」とか「クレジットカードを持っていない」。

そんな理由から、通販などで買い物をする時に代金引換(代引き)を選んでいる人も多いのではないでしょうか?

キャッシュレス決済の普及が進んでいる今も、通販を代引きで購入する人は少なくありません。

代引きとは代金引換郵便ですので、商品代金と送料と代引き手数料を支払うことができなければ、商品を受け取ることはできません。

「注文した時は手元にお金があったけど、急な出費があり代引きのお金が払えなくなってしまった」「商品注文時には予定されていた給料が入ってこない」。

このように、代引き料金が用意できなかった場合にはどのように対処すればよいのでしょうか?

また、代引き料金を支払うことができなかった場合には何かペナルティがあるのでしょうか?

通販で購入した商品の代金引換(代引き)が払えない場合のリスクと対処法を解説していきます。

\Webなら最短1時間融資も可能/
プロミスのキャッシング・カードローン
はじめての方&お急ぎの方はコチラ

発送前の代引きのお金がないときの対処法

オンラインショッピングなどのネット通販で商品を代金引換で注文した時に、購入した商品が発送前であれば、「代引きのお金を用意することができない」という場合でも販売元へ連絡することで対処することができます。

販売元に連絡して支払い方法を変えてもらう

販売元に連絡して支払い方法を代引きから、クレジットカード決済などに変えてもらいましょう。

商品到着時に現金が用意できなくても、クレジットカードの支払日にはお金を用意することができれば、問題なく商品を購入することができますし、この方法であれば商品受け取り時に現金を用意しておく必要はありません。

販売元に連絡して発送日を変えてもらう

販売元に連絡して発送日を変えてもらい、現金が用意できる日以降に商品を受け取れるように、発送日を遅らせるという方法もあります。

「お金がないから」などと言う必要はありません。

「急な海外主張が入ってしばらく日本にいないから1週間発送を待ってほしい」などと伝えれば、問題なく現金が手元にある時に商品を受け取ることができます。

販売元に連絡して購入をキャンセルする

一度購入をキャンセルしてしまうというのも1つの方法です。

詳しくは後述しますが、商品発送後に現金がないことを理由として商品を受け取らないと社内ブラックになってしまう可能性がありますが、商品発送前のキャンセルであれば、そのような心配はありません。

どうしてもお金を用意することができないし、クレジットカードでの決済も嫌という人は、思い切って購入を一度キャンセルして、またお金に余裕がある時に再度注文しましょう。

発送後に代引きのお金がない時の対処法

販売会社が商品を発送した後に、代金引換(代引き)の代金を用意できないことに気づいた時には、発送前とは全く対処方法が異なります。

このような場合には、販売元店舗に問い合わせをしてもどうしようもないので、宅配会社へ連絡を取るしかありません。

具体的な手続きは以下のようになります。

配達員が来た場合には一旦帰ってもらう

お金がないのに配達員が来てしまった場合には一旦帰ってもらうしかありません。

「お金を用意していなかった」などとここは正直に話すしかありません。

また、代金が高額になる場合には配達前に配達員から「お金はご用意できていますか?」などと連絡がきます。

この時に「〇〇日にしてください」と言えばその日に配達に来るのを避けることができます。

配達日の変更を行う

配送センターへ連絡を入れ、お金が用意できる日へと配達日を遅らせてもらうという方法があります。

これは配達員が来る前でも可能ですし、販売店から発送連絡が来た時に記載されている追跡番号を使用すればネット上でも手続きすることができます。

この時点で販売店へ連絡しても販売店の人は「配送会社へ連絡して下さい」としか言えませんので、商品発送の連絡が来たあとは、配送会社へ連絡を入れて配達日を遅らせる手続きを行いましょう。

商品はいつまで置いてもらえる?

配送センターへ連絡を入れれば一定期間はセンターに商品を置いてもらえるので、お金を作る時間を稼ぐことができます。

しかし、無限に商品を置いてもらえるわけではありません。

商品を置いてもらえるのはヤマト運輸、佐川急便、郵便局ともに7日までが基本です。

配送センターへ交渉すればヤマト運輸などでは10日まで延長することができる可能性がありますが、いずれにせよ長い期間ではありません。

また商品が生鮮食品などの賞味期限が短い場合には4日程度が限度です。

いずれにせよ、商品が発送されてしまったら1週間程度の時間的猶予しかなくなってしまうのです。

それでも代金を払えないと

代金引換(代引き)の代金を支払うことができないと、商品を受け取ることができないのはもちろん、送料だけは請求される場合がありますし、商品を受け取っていないのに商品代金を請求されることもあります。

代金を払えない場合の商品の行方と、金銭的な負担について解説していきます。

販売元に返品される

配達したにもかかわらず受け取ってもらえなかった商品は、代引きであってもなくても販売元の店舗へ返品されてしまいます。

配送センター的には「受取拒否」と判断されてしまうのです。

返品されてしまったあとは、配送センターへ連絡を入れても商品を手にいれることはできません。

返品不可の商品は代金を請求される

生鮮食品などの返品不可の商品が受取拒否によって返品された場合には、販売店に損失を与えてしまっていることになるので、代金を請求されてしまうことがあります。

電話や郵便で督促を受けることがあり、商品の金額が高額になる場合には裁判を起こされて給料などの財産を差し押さえられてしまう可能性もあるので注意しましょう。

送料だけは請求されることがある

返品不可でない商品だとしても、送料がかかっているので、販売先の店舗から送料だけを請求されてしまうことがあります。

手元に受け取ることができなかった商品送料を負担するのは癪(しゃく)かもしれませんが、自分が購入すると言って注文した商品ですので、やむを得ません。

代引き商品が受取拒否によって返品された場合のメリット

商品を受け取るのを遅らせてもお金が用意できない場合には、その商品を購入することが永久に不可能になってしまう場合がありますし、少なくともその店舗での商品購入は今後かなり難しくなります。

最終的に代金引換(代引き)の料金を支払うことができなかった際のリスクについて解説していきます。

社内ブラックとなりその店舗での買い物ができなくなる可能性がある

通販で注文した商品を受取拒否にしたという記録は販売店によってはデータとして残す可能性があります。

販売店としても、時間とコストをかけて注文に応じた商品を受取拒否されたのですから、以後、その人の注文には十分に注意する必要があるためです。

このような情報を会社内部の情報としてブラックリストになっていることから「社内ブラック」と言います。

販売店の対応によっては、一度このようなトラブルがあった人とは取引をしないケースもありますので、この場合には二度とその販売店からは商品を購入することができなくなってしまいます。

オークションなどの場合、悪い評価がつく

オークションサイトなどの売り手と買い手の双方で評価をつけることができる方法で購入した商品を受取拒否した場合には、自分の評価を悪く書かれてしまう可能性も高くなります。

この情報を削除することはできないので、以後そのオークションサイトで「悪い評価がある人とは取引をしない」という人から商品を購入することができなくなってしまいます。

信用情報には影響しない

代引きの料金を用意することができずに受取拒否になったからと言って、信用情報に悪い記録が付くわけではありません。

社内ブラックになる可能性はありますが、信用情報ブラックになることはありませんので、以後のクレジットカードやローンの審査に悪影響があるようなことはありません。

代引き代金が払えない時の対処法

このように、代金引換(代引き)の代金が払えないと、商品を受け取ることができませんし、二度とその店舗と取引をしてもらえないかもしれません。

そもそも自分が購入を希望したのですから「お金がないから買わない」では済まされないのです。

代引き代金が手元にない場合には以下の方法で対処しましょう。

配送センターの保管期限内に給料が入るのを待つ

配送センターに配送を待っている間に給料などの収入が入るという人は、収入が入るまで待ってから配送を依頼しましょう。

ただし、保管期限は原則7日ですので、この期間内に給料が入らない場合には、この方法では対処することはできません。

キャッシングによって調達する

自分の力でお金を用意することができない場合には、キャッシングなどのローンで代引き料金を借りるしかありません。

また、代引きの代金はカードローンの資金使途にもマッチしており、さらには借入を急ぎたいという方にも便利なローンです。

代引き料金を借りることができるのはカードローンだけ

一度注文が完了した商品代金を払うことができるのはカードローンだけです。

最終手段として、お金を借りるしか代金引換(代引き)の代金を払うことはできません。

使い道が自由で、見積書や請求書も不要なカードローンだけが、売買契約が完了した商品代金を後から借りることができるのです。

そして、大手消費者金融を上手に活用すれば、かなりお得に代引き代金を用意することができます。

大手消費者金融なら即日融資で保管期限内に間に合う

アコムやプロミスやアイフルなどの大手消費者金融は、即日融資に対応しています。

例えば注文した商品が生鮮食品であったとしても、最短即日融資も可能な大手消費者金融であれば申し込みをした当日にお金を借りることができるので、時間的にタイトな中でも十分に余裕を持ってお金を用意することが可能になります。

参考即日融資カードローンおすすめ6選

お急ぎならこのカードローン

\郵送物なし・カードレス!WEB完結/
アイフルのキャッシング・カードローン
公式サイトへ

無利息期間内に返済すれば利息は一切かからない

また、アコムやプロミスやアイフルなどの大手消費者金融には初めての契約であれば30日間の無利息期間があります。

代引きの料金が足りないというケースのほとんどが「用意しておいたお金を使ってしまった」とか「入金予定のお金がずれてしまった」などの一過性のものではないでしょうか?

このような場合に、無利息期間のあるカードローンを利用して、次の給料で返済してしまえば利息負担ゼロ(実質金利0円)で代引きのお金を借りることができるのです。

参考無利息カードローンのおすすめを紹介

消費者金融よりも金利が低い銀行カードローンを選ぶというのも一つの手段ですが、短期間の利用であれば即日融資に対応した大手消費者金融カードローンが最適であると言えるでしょう。

代金引換(代引き)の料金が払えない|まとめ

通販で購入した代金引換(代引き)の代金を支払うことができないと、販売店のブラックリストに載ってその店舗から商品を二度と購入できなくなったり、悪い評価がついてしまうなどのリスクがあります。

このような事態を防ぐために、販売店に連絡して発送を遅らせてもらうか、商品発送後であれば配送センターへ連絡して配達日を遅らせてもらうかの方法で時間を稼ぎましょう。

この間にお金を用意すれば何も問題ありません。

自力でお金を用意することができない場合には、大手消費者金融カードローンがおすすめです。

最短即日融資も可能な大手消費者金融カードローンなら、申込日の当日にお金が借りられるので、時間がない時でも十分に余裕を持ってお金を用意することができるうえに、無利息期間を活用すれば利息負担ゼロで代引き料金を調達することができます。

代金引換(代引き)で商品を購入された方は、慌てずに冷静に商品を無事に受け取ることができる最善の方法を検討しましょう。

迷ったらこのカードローン

\はじめてのアコム!借入審査は最短30分/
アコムのキャッシング・カードローン
公式サイトへ