運転免許の費用が払えない…自動車学校や教習所に払うお金がないときの対処法

お金の悩み

18歳になると運転免許を取得できるようになりますが、タダで試験を受けられる訳ではありません。

自動車学校や教習所に入校するにはおよそ20万円~30万円ものお金が必要になりますが、そのような高額な費用を18歳の学生が用意することは難しいのが実情です。

親が免許費用を出してくれる人であれば、自動車学校や教習所に入校するのは難しいことではありませんが、そうでない場合には、お金を借りて免許を取るしかありません。

自動車運転免許の資金を借りる方法は、学生が本人名義で借りる方法と、親名義で借りる方法があります。

この記事では、運転免許の費用が払えないときの対処法について徹底解説していきます。

自動車運転免許の費用の相場

自動車運転免許の費用は高額です。

自動車学校、教習所、合宿免許の中からどれを選択するのかで料金は異なり、さらにはマニュアルかオートマかによっても違います。

運転免許を取るためにはいくらお金が必要なのか、免許費用の相場を詳しく見ていきましょう。

自動車学校や教習所へ入校する場合

自動車学校や教習所に通うための費用の相場は、全国平均でマニュアルなら約30万円、オートマであれば約24万円です。

18歳になると運転免許を取得できるようになりますが、18歳が親の援助なしに20万円~30万円もの大金を用意することはかなり困難を極めます。

また、自動車学校や教習所に通うと、合宿で免許を取得するよりも講習が厳格に行われるので、仮免許や本免許の試験に何回か落ちてしまうこともあります。

免許試験に落ちると、その度に追加の料金が発生するので、場合によっては当初予定していた費用よりも数万円ほど高い料金がかかってしまうこともあります。

合宿免許のほうが安い

合宿であれば短期間のうちに運転免許を取得できるので、費用が安くなるが一般的です。

上記の自動車学校や教習所の相場より、10万円以上も安い料金で運転免許を取得できる合宿もあるようです。

周りは同年代の人ばかりですので、友達や恋人ができるなど、楽しく運転免許を取得できるというのも特徴です。

合宿免許であれば、夏休みに免許を取ることを目指して、4月~6月までの3ヶ月間にアルバイトを始めてお金を貯めることができれば、自己資金で自動車免許を取ることも夢ではありません。

ただし、合宿免許は短期間で教習が行われるので、指導がいい加減というデメリットもあります。

免許を取ったのはいいけどまともに運転すらできないというケースも少なくないようですので、しっかりと教えてもらいたいのであれば、費用が高くなったとしても自動車学校や教習所へ通ったほうがいいかもしれません。

運転免許を持っていないデメリット

このように運転免許の費用は30万円以上かかってしまうこともありますが、お金がないと教習所に支払いができないので、絶対に免許を取得することはできません。

運転免許を持っていないと、就職に響いてしまったり、まともな日常生活を送れない場合もあります。

運転免許を持っていないデメリットを解説していきます。

就職で不利になることがある

運転免許を持っていないと就職で不利になることがあります。

都会にある会社や営業がない会社なら運転免許の有無は就職と無関係な場合もありますが、営業職などは車を運転できなければ仕事が成り立たないこともありますし、地方都市に関しては通勤すらできないケースもあるので、運転免許を持っていないと就職で不利になってしまいます。

地方では生活に支障が出る

電車網が整備されていない地方都市では、自動車がないと日常生活に大きな支障が生じてしまいます。

遠くに買い物に行くこともできませんし、ドライブや旅行などプライベートでの活動範囲も限られてしまいます。

都心では運転免許や自動車を持っていないという人も少なくありませんが、地方都市では運転免許と自動車を持っていて初めて社会人として当たり前の生活ができるようになると言っても過言ではありません。

学生名義で免許費用を借りる方法

地方の方は絶対に運転免許は持っておいたほうがいいでしょう。

「親に迷惑をかけたくない」という理由から、自分の名義でお金を借りたいと考えている人もいるかもしれませんが、運転免許の費用は学生であっても本人名義で借りることは可能です。

銀行では学生名義で借りられるローンの取り扱いはほとんどありませんが、信販会社のクレジットであれば学生でも本人の名義で借りることができます。

学生が自分名義で教習所の費用を借りる方法をご紹介していきます。

教習所でクレジットの紹介がある

免許費用を一括で払えない人のために、自動車教習所はクレジットを斡旋しています。

自動車教習所の窓口でクレジットを申し込むことができ、2年までの分割で支払うことができます。ただし、金利は10.0%前後と比較的に高めに設定されているので注意してください。

クレジットは教習所からお金を借りるのではなく、教習所と提携している信販会社から教習所を窓口としてお金を借ります。

大学の生協で借りられる

大学生協のローンを利用して運転免許を取得できる大学もあります。

こちらも基本的には教習所で申し込みできるクレジット契約と仕組みは同じです。大学生協をローンの窓口として、信販会社からお金を借りることになります。

大学生協ローンには金利優遇があり、金利は8.0%前後なので教習所よりもだいぶお得です。

また、大学生協であれば18歳、19歳の未成年でも本人名義でお金を借りられる場合もありますが、申し込みには連帯保証人(親権者)が必要です。

未成年は自分名義で借りる方法が限られている

先ほど述べたように、大学生協ローンであれば学生が自分名義で借りられる場合もありますが、それは大学生協がどこの信販会社と提携しているのかによって異なります。

原則的に未成年者は単独で法律行為を行うことができないため、単独でお金は借りられません。

一部の信販会社だけが未成年者名義での貸付を行っているだけで、基本的には未成年者名義でお金を借りるときは親権者の同意や連帯保証が必要になります。

未成年の学生が親に内緒でローンを借りるのは難しいと考えたほうがいいでしょう。

金利が高くなる

ここまでご紹介したローンはすべて信販会社のローンです。

信販会社は消費者金融と同じく貸金業者ですので、金利が高めに設定されています。

銀行のローンは一部のカードローンを除き、例え成人の学生であっても学生への融資は取り扱っていないので、学生は低い金利の銀行ローンでお金を借りることはできません。

学生が自分名義で免許資金を借りるときは、どうしても金利が高くなってしまうことを覚悟したほうがいいでしょう。

なお、消費者金融では学生専用のローンである「学生ローン」も取り扱いがありますが、こちらは金利が15.0%~18.0%とかなりの高金利です。

学生ローンは使い道が自由なローンですので運転免許資金にも利用することができますが、その反面金利が高いため、免許費用を学生本人の名義で借りるなら、教習所か大学生協と提携しているローンを利用したほうがいいでしょう。

親名義で子どもの免許費用を借りる方法

親名義なら子どもの運転免許費用を借りられる方法が沢山あります。

マイカーローンを利用できれば低金利で免許費用を借りることができますし、フリーローンやカードローンでももちろん借入可能です。

親名義で子どもの免許費用を借りる方法について詳しく解説していきます。

マイカーローン

マイカーローンは自動車関連資金の融資向けローンです。商品の種類によっては子どもの運転免許取得費用にも利用することができます。

最大の特徴は金利の低さであり、年2.0%~4.0%の低金利で運転免許取得資金を借りられます。

正社員でないとマイカーローンの審査は通過できませんが、子どもを大学や専門学生へ入学させられる親御さんの信用力であれば、審査を通るのはそれほど難しくはないと思います。

子どもの免許取得資金に借入金を利用できるかどうかは商品によって異なるので、マイカーローンへ申し込む前に、一度銀行へ確認しておきましょう。

フリーローン

フリーローンは使い道は自由ですが、申込時に申告した資金使途にしか利用できないローンです。

子どもの運転免許取得資金は立派な使い道ですので、フリーローンで自動車学校に支払うお金を借りることも可能です。

フリーローンへの申込みには見積書が必要ですので、教習所から見積書を出してもらい、それを銀行へ提出すれば問題ありません。

マイカーローンとは異なり審査も弾力的ですので、パートやアルバイトの人でも教習所に支払う20万円~30万円くらいの金額であれば借りられるでしょう。

旦那さんには秘密で、パート収入の奥さん名義で子どもの運転免許取得資金を借りられる可能性も十分にあります。

ただしマイカーローンよりも金利は高く、年5.0%~10.0%が相場となっています。

カードローン

カードローンは自由な使い道に利用できるローンですので、借りたお金を運転免許取得資金にも利用することができます。

免許取得に必要な30万円前後のお金であれば、カードローンなら毎月の返済は3,000円~5,000円と月々の負担が抑えられた設計になっているのが特徴です。

繰り上げ返済も手数料無料でいつでもできるので、子どもが社会人になった後に残りを一括返済することも簡単です。

また、カードローンは限度額の範囲内であれば自由に借入ができるので、教習所に料金を払った後に検定試験などに落ちてしまって追加料金が必要になったときでも、再審査なしで追加融資を受けられます。

消費者金融ならバイト収入さえあれば学生名義で借りられるカードローンも多いので、親に頼らずに自分名義で運転免許取得資金を借りたいという大学生にもカードローンはおすすめです。

まとめ

運転免許は地方都市での生活や就職には必要不可欠な資格と言っても過言ではありません。

運転免許証を持っていないと就けない職業も多くあるので、自動車免許がないことによって選択できる職業が少なくなってしまうのが実情です。

できれば運転免許は学生のうちに取ったほうがいいでしょう。

しかし、教習所に通うためには約30万円くらいのお金が必要になり、費用の安い合宿でも20万円以上はかかってしまいます。

このため、貯金がなければ借入をしてでも教習所へ通う人も多くいらっしゃるようです。

教習所や大学生協でもローンを斡旋していますし、親名義であれば銀行のマイカーローンやフリーローンによって低金利で借りることができます。

カードローンなら金利は高いですが、後から追加料金が必要になったときでも柔軟に対応できるなど、それぞれの商品によって一長一短あります。

借入によって運転免許取得資金を用意する場合には、それぞれのローンの特徴をよく理解して、自分に最も見合った方法でお金を借りるようにしてください。

執筆者:手塚大輔/金融ライター

お急ぎならこのカードローン

\はじめてのアコム!借入審査は最短30分/
アコムのキャッシング・カードローン
公式サイトへ