レオパレスの家賃が払えない…強制退去まで3ヶ月!家賃滞納したときの対処法

お金の悩み

大家さんとの家賃保証契約などを強制的に解約した事件で、今ずいぶんと話題になっているのがレオパレスです。

学生さんなどの1人暮らしの人はレオパレスを借りているという人も多いのではないでしょうか?

レオパレスを借りている人の中には「大家さんにも、強行に契約解除するのだから家賃を支払わないと怖い思いをするのではないか?」など、何となくレオパレスに対してブラックなイメージを持っている人も多いようです。

レオパレスの家賃を滞納すると、どのような督促が行われるのでしょうか?

レオパレスの家賃滞納のリスクとデメリット、また家賃を支払うお金がない時の対処法について解説していきます。

レオパレスの家賃が払えないと

レオパレスの家賃は口座振替によって支払いが行われます。

口座の残高が不足していて支払うことができない場合、支払い方法はレオパレスの決済代行業者によって異なるようです。

再引き落としが行われる場合と、再引き落としを行わない場合があります。

契約書の内容を確認し、自分のアパート家賃が再引き落としがあるかどうかを確認しておくようにしましょう。

決済代行会社によっては予備日に再引き落とし

レオパレスの決済代行会社がりそな決済サービスの場合には、再引き落としが行われるようになっています。

再引き落としがある契約を結んだ場合には、再引き落とし日までに家賃分の金額を口座へ入金しておけばOKです。

再引き落とし日に家賃が引き落としになり、それで家賃の支払いは終了です。

レオパレスの家賃保証会社から督促状が届く

再引き落としがない場合や再引き落とし時にも口座の残高不足によって引き落としができなかった場合には、レオパレスの家賃保証会社から督促状が届きます。

レオパレスの特徴は、最初から家賃保証会社が督促を行うという点で、レオパレスから督促状は届かないという点です。

家賃を滞納するとレオパレスの家賃保証会社となっているオリエントコーポレーションやセディナから督促が来ます。

督促状で指定される支払方法は「来店or振込」です。

「最寄りのレオパレスに家賃を持参してください」という内容か、「指定する銀行口座へ振込を行なってください」というものですので、いずれかの方法で家賃を支払う必要があります。

レオパレスに対して何となくブラックなイメージを持っている人も多いのですが、実際に家賃の督促状を送付してくるのは家賃保証会社のオリエントコーポレーションやセディナなどの大手信販会社ですので、家賃の未払いで怖い思いをすることはこの時点ではありません。

レオパレスの家賃を滞納すると

督促状が届いても家賃を支払わないと、どのようになってしまうのでしょうか?

家賃を支払わないからと言ってすぐにレオパレスを追い出されるようなことはありません。

しかし、携帯電話へ督促の電話が来るようになり、やがて自宅に担当者が尋ねて来るようになってしまうのです。

レオパレスの家賃を長期間滞納した場合の督促がどのように行われるのか具体的に見ていきましょう。

延滞から1ヶ月程度で内容証明郵便が届く

督促状が来ても家賃を支払わない状態が1ヶ月程度続くと、携帯電話へレオパレスから督促電話が再三かかって来ます。

電話を無視すれば毎日でもかかってくるようになります。

その電話を無視したり、電話で約束した期日に家賃を支払わないと、自宅に「内容証明郵便」が届きます。

この書類はただの督促状ではなく、家賃を支払わなかった場合には契約を解除するという書類で、内容証明郵便で送っているので裁判でも有効な資料になります。

つまり、この時点でレオパレスが強制退去を検討しているということが分かりますので、急いで家賃を用意した方がよいでしょう。

連帯保証人に連絡がいく

内容証明郵便が発送される前後、つまり滞納から1ヶ月程度経過すると連帯保証人にもレオパレスから連絡が行きます。

学生でレオパレスを借りているという人も多いかと思いますが、そのような人は家賃を支払わないと親へ連絡が行ってしまいます。

1ヶ月レオパレスの家賃を滞納すると、両親などの連帯保証人にも心配や迷惑をかけてしまうことになります。

この連絡を受けた連帯保証人が家賃を支払えば、そこで延滞は解消され、その後も問題なくレオパレスに住み続けることができます。

レオパレスの担当者が自宅に尋ねてくる

内容証明郵便が発送されたら、担当者が自宅に訪ねて来るようになります。

レオパレスの担当者はかなり熱心に訪問するようで、居留守などを使っても毎日訪ねてくることが多いようです。

レオパレスの担当者は脅しのつもりで訪ねてくるわけではなく、アパートの借主との交渉や現状確認のためにやってきますので、逃げることなく、話し合いを行うようにしましょう。

レオパレス担当者が自宅を訪ねてきた時がラストチャンス

内容証明郵便が発送された後くらいになると、レオパレスの担当者が自宅を訪ねてくるようになりますが、このときが強制的に退去にならないラストチャンスです。

逃げることなく、誠実に交渉すれば家賃の支払いを一定期間待ってもらえることもあります。

交渉の余地はある

レオパレスの担当者は、居住者を追い出す目的で訪問しているわけではありません。

ただ家賃を払って欲しいのです。

そのため、「現在の状況」や「いつ支払うことができるのか」という具体的な約束をすれば、一定期間家賃を待ってもらうことができます。

「先々月まで仕事をしていなかったが、先月になって仕事を始めたので、今月20日には支払うことができる」などのできる限り具体的な話をしましょう。

交渉の余地はあるので、居留守などによって話し合いを避けてもよいことは1つもありません。

約束した日に支払えば住み続けられる

レオパレスの担当者と約束した日までにしっかりと家賃を支払うことができれば引き続き居住し続けることができます。

しかし、レオパレス側も無限に待ってくれるわけではありません。

基本的には訪問した日の月末までしか待ってもらうことができないと考えましょう。

たとえば6月10日にレオパレスと話し合いをしたとしたら、6月30日までには家賃を支払わないと、強制退去になってしまいます。

また、約束した期日には絶対に家賃の支払いをしないと、レオパレスからの信用を失い、やはり退去処分となってしまいます。

最初の延滞から3ヶ月を過ぎるとレオパレスを強制退去

上記のようなやり取りを行い、最初の延滞から3ヶ月を経過するとレオパレスは強制的に物件の明け渡しを実行します。

合鍵で家に入る

レオパレスはアパートの合鍵を持っていますので、強制退去となると合鍵を使って部屋に入り、強制的に部屋の荷物を運び出してしまいます。

運び出した部屋の荷物は通常、連帯保証人のところへ送られるのが一般的です。

退去費用も請求される

強制退去は部屋の荷物を運び出すのですから、当然ですが業者などに支払う費用が発生します。

この費用も後から請求されることになってしまいます。

通常は、荷物を連帯保証人に送り返すときに請求されてしまいます。

1人暮らしの引越しでも10万円程度かかることが多いので、強制退去の費用も10万円程度請求されることがあります。

さらに、部屋の中を破損していたような場合には修繕費なども請求されてしまい、強制退去となった後に数十万円請求されることもあるようです。

レオパレスを強制退去になると

レオパレスの家賃が払えず強制退去となってしまうと、居住する家がなくなってしまう以上に痛手なのが信用情報がブラックになるという点です。

さらに、滞納分の家賃の支払いは残ってしまうので、ブラックになってどこからもお金を借りることができないのに、数十万円程度の負債を返済しなければならなくなってしまうのです。

CICに金融事故情報が登録されブラックになる

レオパレスを強制退去処分となると、家賃保証会社が加盟しているCICという個人信用情報機関に金融事故情報が登録されます。

金融事故情報が登録されている人はいわゆるブラックですので、以後5年間はローンやクレジットカードの審査に通過することができなくなってしまいます。

また、同じように家賃保証会社が保証する物件を借りることもできませんし、スマホを分割購入することもできません。

強制退去になると、その後の生活に著しく支障をきたしてしまうことになるのです。

以後レオパレスを借りることができない

レオパレス内部には信用情報とは別に、過去に支払いでトラブルを起こした人の情報が残っています。

これを社内ブラックと言いますが、強制退去となった人は永久的にレオパレスの社内ブラックですので、以後レオパレスを借りることはできなくなってしまいます。

滞納分の支払い義務は残る

強制退去となっても、これまで滞納していた家賃や、退去費用や修繕費などの支払い義務は残ります。

このお金は基本的に一括で支払っていくしかありませんが、すでにこのときには信用情報ブラックとなっていますので、どうしても支払えない場合には債務整理を行うしかありません。

最悪の場合は財産が差し押さえ

滞納した家賃や修繕費や退去費用などをレオパレスに支払うことができない場合には、レオパレスが裁判所に財産の差し押さえを申し立てることがあります。

財産の差し押さえが行われると、会社の給料が差し押さえられてしまうことになります。

勤務先に裁判所から差し押さえの連絡が行ってしまうので、家賃の支払いでトラブルを起こしたことが会社にバレてしまうことになります。

滞納したレオパレスの家賃はカードローンで借りる

このように、レオパレスの家賃を滞納すると、強制退去になるだけでなく、信用情報はブラックになり、滞納分の家賃や修繕費なども請求されてしまうことになります。

どこからもお金を借りることができないのに、数十万円もの債務を返済していくことは不可能です。

このような最悪の事態になる前にどうにかして家賃を支払う必要があります。

自分の収入からレオパレスへの負債を支払うことができず、お金を個人的に貸してくれる人も見つからない場合には、カードローンを利用するしかありません。

様々なローンの中で、滞納した家賃を支払うためのお金を借りることができるのはカードローンだけですので、レオパレスの家賃を借りたいという場合には最初からカードローンに申し込むようにしてください。

信用情報ブラックになったら借りられない

カードローン申込時に注意したいのは「強制退去となって信用情報がブラックになった後はカードローン審査に通過することはできない」ということです。

レオパレスを強制退去になると確実に信用情報はブラックになるので、信用情報がブラックになる前に早めにカードローンに申し込みをしておく必要があるという点に留意してください。

参考即日融資カードローンおすすめランキング6選

家賃滞納から1ヶ月程度で契約を

どのタイミングでカードローンに申し込みをしたらよいかといえば、滞納から1ヶ月経過して内容証明郵便が届いた頃でしょう。

このタイミングであれば、まだ信用情報はブラックでないためカードローン審査に家賃の滞納は影響しません。

カードローンは「〇〇円まで借りることができる」という枠を作るだけの契約ですので、お金の余裕ができ、自分の収入の中から滞納した家賃を支払うことができるのであれば借りる必要はありませんし、持っているだけであれば手数料や年会費などはかかりません。

このため、できるだけ早く予防的にカードローンを作っておき、どうしても支払うことができなくなったときにカードローンからお金を借りてすぐに家賃を支払うことができるようにしておきましょう。

繰り返しになりますが、強制退去になってしまったら、お金を借りる手段はほぼなくなってしまいますので早めにカードローン契約を行っておきましょう。

まとめ

レオパレスの家賃を滞納しても脅迫的な取り立てなどが行われることはありません。

あくまでも事務的に丁寧に督促や訪問が行われますが、延滞から3ヶ月程度が経過すると、自宅を合鍵で開け、中の家具などを強制的に持ち出されてしまいます。

この時点で信用情報はブラックになり、滞納した家賃に加えて退去費用や修繕費なども請求されることになります。

どうしても支払いを行わないと財産の差し押さえが行われる可能性もあります。

このように、レオパレスの家賃を長期間支払わないことで、今後の人生に大きく悪影響してしまい、債務整理を検討しなければならない可能性があります。

このような最悪の事態になる前にカードローンなどで借り入れてでも滞納している家賃を支払うようにしましょう。

強制退去となってブラックになった後ではカードローン審査には絶対に通過することができないので、早めにカードローンの枠だけは作成しておくことをおすすめします。

この記事の執筆者情報

・手塚大輔/金融ライター
地方銀行に8年間勤務。住宅ローン、カードローン、フリーローンなど個人ローンの他、事業性融資や創業融資など幅広い業務を担当。投資信託、個人年金、国債販売なども取り扱い経験あり。資格はファイナンシャルプランナー、簿記2級、証券外務員資格を保有。現在は飲食店のオーナーを務める傍ら、金融関係のコンサルタントおよびプロのライターとして大手メディアに数多く寄稿。PRO Crowd Worker「TOP class」

お急ぎならこのカードローン

\郵送物なし・カードレス!WEB完結/
アイフルのキャッシング・カードローン
公式サイトへ