お金の専門家FP監修/知って得するカードローン情報サイト

タイヤ交換のお金がない…タイヤ代を安く済ませる方法と払えない時の対処法

自動車を所有している人にとって車の維持費は決して安くはありません。タイヤ代・オイル交換・車検代・任意保険・自動車税などさまざまな維持費がかかります。
特にタイヤ代金はタイヤ4本1セットで10万円以上するものあり最も大きな出費の1つです。寒冷地に住んでいる人は冬になればスタッドレスタイヤに履き替えなければなりませんし、そのタイヤも2年~3年に1回は交換しなければなりません。
タイヤ代をはじめとした車の維持費を支払うことができない場合の節約方法はないのでしょうか?また、どうしてもお金がないときにはどのように工面すればよいのでしょうか?
本記事では、タイヤ代を安く抑える方法と払えない時の対処法について解説します。

スマホなら最短15秒で借入可能額を表示

タイヤ交換の費用を安くする方法

タイヤの料金は、ホイールとセットで購入すると10万円以上かかることも珍しくありません。
タイヤ代が高いからといって交換を怠ってしまうと、スリップなどの命に関わる事故につながってしまうこともあるので危険です。
タイヤ交換にかかる費用は車を所有する人にとって必要経費なのです。
タイヤはディーラーやオートバックスなどの店舗で購入すると高くなる傾向がありますが、購入方法を工夫するだけで価格を抑えることができます。
高額なタイヤ交換にかかるお金を節約する方法をいくつかご紹介していきます。

オークションでタイヤを買う

最近ではネットオークションなどで非常に安くタイヤが出品されています。
例えば、寒冷地から温暖な地域へ引っ越した人にとっては、スタッドレスタイヤは不要で、収納の場所だけをとってしまう邪魔なものとなってしまいます。
オークションでは、このような理由で不要になった状態の良いタイヤが出品されていることが少なくありません。
店頭で新品のタイヤを購入するよりも4分1程度の値段で購入することができる場合も多いので、オークションでタイヤを探すことでタイヤ代を節約することができます。
スタッドレスタイヤであれば夏に探すなど、シーズンオフの時期にタイヤを探すことで、安くて状態のいい品を見つけることができます。

ホイールは使い回す

タイヤはホイール付きで売られていることも多いのですが、タイヤを買うたびにホイールまで購入していると、その分値段は高くなってしまいます。
このため、タイヤの買い替えが必要になった場合には、ホイールは使い回し、古いホイールに新しいタイヤを履き替えるようにしましょう。
交換が面倒とか、交換にお金がかかるという人も少なくありませんが、例え交換のお金がかかったとしても、ホイール付きのタイヤを購入するよりもホイールを使い回したほうが絶対に低コストなので、できる限りホイールは使い回しましょう。
これだけでタイヤ代を半分程度に抑えることができます。

ネットで購入しサービスチケットを使う

タイヤはディーラーやタイヤショップやカーショップで購入するよりもネットで購入したほうが安い値段で買えることが一般的です。
しかし、ネットでタイヤを購入すると、車屋さんでタイヤ交換をしてもらう費用として2万円程度かかってしまうことがあるので、結局ホイール付きを買うか、店頭で購入したほうが安いと考える人が多いようです。
しかし、ネットでタイヤを購入すると、タイヤ交換のためのサービスチケットがついていることがあります。
サービスチケットとは、タイヤ交換(ホイール取り込み付)を自宅近くで行うことができるチケットです。
このチケットがついているタイヤをネットで購入すれば、店頭よりも安い値段でタイヤが購入できるうえに、タイヤ交換まで行ってくれるので新品のタイヤを非常に安い値段で交換することが可能になります。
また、Amazonなどではタイヤ交換サービスチケットだけで5,000円~7,000円程度で売られていますので、タイヤとサービスチケットを同時に購入しても安い負担に抑えることができます。

それでもタイヤ代は高額…お金を払えない時は?

前述した方法でできる限りタイヤ交換にかかるお金を節約したとしても、やはり数万円以上の費用はかかってしまい、高額な出費であることには変わりありません。
高額なタイヤ代金を支払うことができない場合には、どこかからかお金を調達してくる以外に方法はありません。
タイヤ交換にかかるお金を払うことができない場合にお金を調達する方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

親に買ってもらう

都市部などに住んでいる人は、車は一家に一台で、家族で車を共有している場合があります。
「家族で使うものだから」という理由でタイヤ代を親に出してもらえるのであれば、親に買ってもらいましょう。
親が元気で働いているうちは親に甘え、親が退職したら自分がタイヤを購入するというように、実家に住んでいるうちは親に甘えてみるのもありでしょう。

クレジットカードを利用する

手元に現金がないのであれば、クレジットカードでタイヤを購入してしまうという方法もあります。
ボーナス時一括返済などで購入してしまえば、金利手数料もかかりませんし、支払いはボーナス時なので、手元にお金がないときには支出を抑え、まとまったお金が入るボーナス時にタイヤ代を支払うことができます。
ただし、月々の負担を軽くしたいとの理由でリボ払いを使ってしまうと、毎月の負担が大きくなるうえに手数料負担も膨大ですので、できれば2~3回の分割かボーナス一括で購入したほうがよいでしょう。

マイカーローンを活用する

タイヤの購入代金はマイカーローンで借りることも可能です。
マイカーローンの多くが車体の購入だけではなく車周りのさまざな資金に使用することができますのでもちろんタイヤ購入や車検代や修理代にも対応しています。
マイカーローンの申し込みには見積書が必要ですので、タイヤ屋さんに見積書をもらってから銀行へ行きましょう。
マイカーローンは金利が低いので、クレジットカードでリボ払いをするくらいであればマイカーローンでタイヤの購入代金を借りたほうが利息の負担は軽いです。

銀行のマイカーローンは審査が厳しい

タイヤ交換などの自動車の維持費や修理費や車周りのグッズを購入する費用の多くがマイカーローンで対応することができます。
マイカーローンであれば金利が低いというメリットがありますが、審査が厳しいのが実態で、誰もが審査に通過できるわけではありません。
マイカーローンの審査について解説していきます。

マイカーローンの金利相場は2~4%

前述したように、マイカーローンは金利が低いというメリットがあります。
銀行によって金利は異なるものの、多くの銀行で2%~4%程度の低い金利でお金を借りられます。
タイヤ代は10万円程度ですので、10万円を金利2%で借りて、1年で返済した場合の利息負担額はたったの1,080円です。
1年間お金を借りてたったの1,000円程度の利息しかかからないので、リボ払いなどでタイヤを購入するよりは利息負担は圧倒的に少なくなります。
ただし、金利が低いということはそれだけ審査が厳しいということでもあります。
マイカーローンはクレジットカードやカードローンのようにアルバイトやパートなどの非正規雇用者の方では簡単に借りられないのが難点です。

正社員でないと審査には通らない

銀行のマイカーローンを借りられるのは、基本的に正社員だけでパートやアルバイトなどの非正規の社員は審査に通過することができません。
ある程度安定した年収がある正社員で勤続年数が1年以上ないと、低金利のマイカーローンの審査に通過することはできないと考えておきましょう。

他社借入があると審査に通りにくい

また、基本的に銀行のマイカーローンや住宅ローンなどの低金利のローンは、他の借り入れがない人を融資対象としています。
すでにカードローンやクレジットカードのキャッシングなどを利用されている場合、マイカーローンの審査に落とされてしまうことも多々あります。
お金を借りてタイヤ代を調達する方法としては、金利の低い銀行のマイカーローンが最もよいのですが、マイカーローンは正社員で他社借入がない人でなければ審査に通過することが難しいので、マイカーローンでタイヤ代を借りられる人は限られてしまうのがデメリットです。

マイカーローンでタイヤ代を借りられない時は

マイカーローンでタイヤ交換にかかる費用を借りられるなら確かに少ない利息の負担でお金を借りられます。
しかし、マイカーローンは審査が厳しいので、他社借入のない正社員でないと審査に通過することは簡単ではありません。
このような場合には、アルバイトやパートでも借りられるカードローンで対応することも可能です。
カードローンは金利は高いですが、タイヤ交換にかかる10万円前後の借入であれば負担はそれほど大きくありません。

少額借入であれば利息の負担も軽い

カードローンの金利はマイカーローンと比べれば確かに高金利で、銀行カードローンで14%~15%程度、消費者金融であれば18%程度になります。
しかし、タイヤ代は高くても10万円くらいです。
10万円を金利18%で1年間借りても利息負担は10,011円ですので、月額834円でそこまで大きな負担ではありません。
また、カードローンはATMで任意の金額を自由に返済することができるので、繰り上げ返済を交えながら支払っていけば、利息の負担を減らすこともできます。
必要最小限の金額を借りるだけであれば、カードローンを使用してもそれほど大きな負担にはなりません。

大手消費者金融は即日融資で急な出費にも対応

タイヤ購入が必要になるタイミングは突然やってくることもあります。
タイヤが急にパンクしたときなどは、すぐに新しいタイヤを購入しなければ車を走らせることはできません。
早急にタイヤ交換が必要になったときに、アコム・プロミス・アイフルなどの大手消費者金融であれば申込日当日に融資を受けることができる即日融資に対応していますので、タイヤがいきなりパンクしたとしてもすぐにタイヤ代を借りられます。
マイカーローンは融資までに1週間程度は時間がかかってしまうので、急な出費の場合にはカードローン一択ということになります。
参考即日融資カードローンおすすめ6選!最短当日に借りる

毎月の支払額が少なく、月々の負担が抑えられる

カードローンは毎月最低限返済しなければならない金額である約定返済額が非常に少なく設定されています。
10万円の借り入れであればほとんどのカードローンで返済額は2,000円です。
お金がないときは2,000円だけ返済すればいいので、収入の少ない人でも無理なく返済することができるように設定されています。
お金に余裕があるときには繰り上げ返済も可能ですので、返済の計画が立てやすいという点もカードローンのメリットです。

無利息期間ありで一定期間は利息負担ゼロ

「今はお金がないけど給料やボーナスが入ればタイヤ代を払える」という人は、手数料がかかるクレジットカードのリボや分割を使用するよりも大手消費者金融のカードローンのほうがおすすめです。
アコム・プロミス・アイフルなどの大手消費者金融のカードローンには無利息期間がついています。
30日以内に返済すれば利息負担はゼロですので、急にタイヤがパンクして、カードローンでタイヤを買ったという場合にも、30日以内に返済すれば利息を1円も支払わずにタイヤを購入することができます。
このように、カードローンは急にタイヤを買わなければいけなくなったときでも便利に活用することができるのです。
参考無利息カードローンおすすめ4選!無利息期間ありで金利0円

まとめ

タイヤ代をはじめとして、車の維持費は決して安くはありません。
タイヤ代を安く抑える方法はいくつかありますが、それでも数万円程度のお金が必要になってしまうものです。
親などに出してもらうことができない人は、クレジットカードを使用するかお金を借りるしかありません。
急にタイヤがパンクした場合などにはマイカーローンの融資を受けている時間はありませんし、そもそもマイカーローンの審査は厳しいので誰もがマイカーローンの融資金でタイヤを購入できるわけではありません。
大手消費者金融のカードローンであれば即日融資に対応しているので、急なパンクにも対応できますし、金利は高いですが無利息期間内であれば、利息負担ゼロでタイヤを購入することも可能です。
タイヤの出費は突然やってきますので、いつでも出費に対応できるように、一定の貯金を持っていることも重要ですが、そうでない場合にはカードローンを上手に活用することで対応しましょう。

ネット銀行ならではの金利
いつもの口座で利用可能
楽天銀行カードローン「スーパーローン」

<みずほ銀行カードローンについて> ※みずほ銀行の住宅ローンご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下げ。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%。 <auじぶん銀行カードローンについて> ※誰でもコースおよび借り換えコースはauユーザー限定 <レイクALSAの貸付条件について> 1.融資限度額:1万円~500万円 2.貸付利率:4.5%~18.0% 3.申込資格:「年齢が満20歳以上70歳以下」「国内に居住する方」「ご自分のメールアドレスをお持ちの方」「日本の永住権を取得されている方」 4.遅延損害金(年率で小数点1位まで記入):20.0% 5.返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング 6.返済回数・返済期間:最長8年、最大96回 7.必要書類:運転免許証※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合) 8.担保・保証人の有無:不要 9.商号並びに関東財務局番号:商号:新生フィナンシャル株式会社・貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 10.アルバイト・パート・派遣の方でも、一定の収入がある場合申込み可能。
  • あなたへの特別オファー

    \プロミスなら成約率44.9%*/

    *SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標「2020年3月期」より

あと

目的別記事一覧