チケット代が払えない…抽選チケットに当選したのに費用が足りない時の対処法

チケット代が払えない…抽選チケットに当選したのに費用が足りない時の対処法

人気アーティストのライブチケットは簡単に手に入れることができないものです。

「なんとかチケットを取りたい」そんな一心で、チケットに応募したら晴れて当選した。

普通は嬉しいことですが、いざ支払いのときにお金がなかったらどうすればよいでしょうか?

当選後のチケット代を支払うことができないと、二度とそのアーティスのライブに行くことができない可能性もあるので注意が必要です。

当選後のチケット代を支払うことができないリスクと、当選後のチケット代が手元にない場合の対処法について紹介します。

\最短1時間で即日融資も可能/
アコムのキャッシング・カードローン
お急ぎの方&はじめての方はコチラ

当選後のチケット代が払えないと

ライブのチケット代を支払うことができないと、ライブに行けなくなるだけではありません。

次回からそのアーティストのライブチケットを入手することが困難になってしまう可能性がありますので、ファンの間では「お金がないなら申し込むな」が常識になっています。

当選後のチケット代を支払うことができない場合のリスクやデメリットを解説していきたいと思います。

ライブに行けない

せっかくチケットに当選したとしても、当選した段階ではあくまでも「チケットを購入する権利を得た」というだけの話です。

お金を支払わなければ、チケットを購入することができないので、当然ながらライブに行くことはできません。

友人と一緒に行く約束をしていても、「やっぱりお金がない」という理由で、自分だけキャンセルをしなければならなくなってしまいます。

また、主催者側にとっては「無断キャンセル」という扱いになってしまい、このように扱われることによって、今後そのアーティストのライブに行きたくても行けなくなる可能性があります。

次回から当選確率が下がることもある

チケットサイトなどでは「無断キャセルの場合には、次回から当選確率が下がることがあります」などと記載されていることがあります。

他にもライブに行きたいという人がいるにもかかわらず、無断でキャンセルしてしまったら主催者にとっては売上になりませんし、抽選に漏れたファンにとっても大きな迷惑です。

このため、主催者によっては無断キャンセルした人のリストを作成して今後そのような人が抽選に応募してきても当選する確率を下げてしまう可能性があるようです。

「お金がないけどとりあえず応募してみよう」という気軽な気持ちで応募して無断キャンセルをした場合には、二度とそのアーティストのライブに行くことができない可能性があるのです。

基本的には、お金がないにもかかわらずチケットに応募しては絶対にいけません。

支払いは数日後

当選したチケット代の支払い期日は、通常2日後とか3日後までなど、数日後の支払いになるケースがほとんどです。

つまり、お金がないにもかかわらず、チケットに応募した場合には、当選してから数日間しか時間的な猶予がないことになってしまいます。

それまでにどうにかお金を用意してチケット代金を支払わなければ無断キャンセル扱いとなり、以後のチケット当選確率が下がってしまうのです。お金がないにもかかわらず、チケットに応募をするのはやめた方がよいでしょう。

信用情報には問題ない

無断キャンセルの場合には、主催者やチケット販売会社のブラックリストに載る可能性はありますが、あくまでもその情報はそこだけのリストです。

ローンやクレジットカードを延滞したときのように信用情報がブラックになるわけではありません。

無断キャンセルをしたからといって、今後一切お金が借りられなくなるというわけではありませんので、この点は安心してください。

なお、主催者やチケット販売会社が異なれば、他のアーティストのライブの当選確率が下がるようなこともありません。

チケットの転売行為には要注意

逆にチケットの抽選に当たらないからといって、転売行為に手を出すことにも注意してください。

高いお金を支払ったにもかかわらず、チケットが手に入らないというリスクもありますし、無断キャンセル時と同じようにブラックリストに記録されて二度とそのアーティストのライブに行けなくなる可能性があります。

入手困難なアーティストのライブをどうしても見たいからといって、ルールを破る方法でチケットを入手しようとするのは絶対に避けてください。

転売目的の詐欺も多い

まず、最初に注意しなければならないのは転売を騙った詐欺が多いということです。

「入手困難なチケットを譲ります」と高額な値段で販売するフリをして、お金を支払った後にチケットが手に入らないということは珍しくないようです。

特にTwitterなどのSNSでチケット転売のやりとりをした場合には、このような詐欺に騙される可能性があるので注意しましょう。

今は本人確認が非常に厳しい

詐欺ではなく、本当にチケットを転売で譲ってもらったとしてもライブを観ることができるかどうかは非常に不透明です。

今は、会場に入る前の本人確認が非常にうるさいので、チケット名義人の本人確認が取れない場合には、いくらチケットを持っていても会場内に入ることができないケースも少なくありません。

転売は、高額なチケットを買っても、ライブを実際に見ることができるかどうかが不透明なうえ、とてもリスクの高い行為なのです。

転売でのチケット入手は避けるべき

チケットの転売はアーティストに何も儲けはありません。正規の価格と転売価格の差額が転売屋の収入になるだけです。

また、転売屋は転売目的で多くのチケットを買い占めるので、転売屋が買い占めた分だけ本来であれば正規の価格でライブに来ることができた人が割高なチケット代を支払わされることになるのです。

アーティストはチケットの転売を防ごうとさまざまな努力をしていますので、そのアーティストのことが好きであるなら転売のチケットには手を出さないようにしましょう。

チケット代が払えない時の対処法

では抽選に当たったチケット代金を支払うお金が手元にないという場合にはどのように対処すべきなのでしょうか?

抽選に当たったからといってすぐにお金を支払う必要はなく、通常は抽選に当たってから数日程度の余裕がありますが、逆に言えば数日程度しか時間がありません。

今すぐ今日中にどうしてもお金を容易しなければならないというものではありませんが、あまり時間的な余裕がないのも事実です。

ライブのチケット代金を用意するために次の給料日を待つようなことはできません。数日間の時間の中でチケット代を用意することができる主な方法をいくつかご紹介していきたいと思います。

親や友人に借りる

親の庇護下にある学生であれば、チケット代として1万円程度のお金なら親におねだりしてみるのも選択肢のひとつです。

お金を借りるという行為ではなく「お小遣い」としてチケット代をもらうことができることもあるでしょう。

一方、いくら数万円でも友人から借りるのは避けた方がよいでしょう。友人という平等な関係性の中でお金を借りてしまうと、借りた方が下という関係性になってしまい人間関係が崩れてしまいます。

友人と一緒にライブに行くことになり、どうしても友人が「私が立て替えるから行こう」というケースであれば、友人からほんの一時的にお金を借りても問題ないかもしれませんが、それ以外の場合には、友人からお金を借りるのは避けた方がよいでしょう。

また、そのような場合であっても、必ず約束した期日にはお金を返済するようにしてください。

不要なものを売却する

自宅にある不用品を売却して、チケット代に充てるという方法もあります。

1万円程度のチケット代であれば、不要な衣服やブランド品やゲームを売却すれば、チケット代を調達することは可能です。

しかし、ライブのチケットの抽選に当たったら、数日以内にはお金を支払わなければなりません。

本来であれば、不用品の売却はネットオークションや、メルカリなどで売却した方が高くなりますが、そこまでの時間はないので、リサイクルショップなどに行ってすぐにお金に換えてもらわなければ、チケット代の支払期限に間に合わないという点に十分に注意してください。

即金バイトをする

即金バイトですぐにチケット代を稼ぐという方法もあります。

ただし、こちらも数日間の時間的猶予しかないチケット代の支払いに間に合うかどうかは不透明です。

チケットの支払期限とバイト代の支払日を確認して、チケットの支払期限に間に合うようであれば、活用することができる方法です。

クレジットカードを作成する

クレジットカードを作成し、クレジットカードでチケット代を支払ってしまうという方法もあります。

今は、即日で作成することができるクレジットカードも多数あり、例えばアコムのACマスターカードなどであれば、審査に通過できれば、日本全国に1,000箇所以上設置されている無人契約機から即日でクレジットカードの発行を受けることができます。

クレジットカードであればリボ払いなどにも対応することができるので、一括で支払うことが厳しいという人でもチケット代金を用意することが可能です。

カードによっては発行までに数日かかるものもあるので、「いつカードが発行できるのか」という点だけには十分に注意してください。

カードローンから借りる

カードローンを利用してチケット代を借りるという方法もあります。

後述しますが、カードローンは即日融資で使い道自由ですので、チケット代のような少額かつすぐに用意しなければならない用途に適したローンということができます。

チケット代は消費者金融カードローンで借りられる

ご紹介したようにチケット代はさまざまな方法で用意することができますが、即金バイトや不用品売却以外の方法でお金を用意しようと思ったら知人に借りるかカードローンを利用するしかありません。

クレジットカードで使用することができるのはチケット代に限られてしまうためです。

しかし、できれば1万円~数万円程度のお金で友人や親などに迷惑をかけたくないのが本心ではないでしょうか。

また、ライブに行くとグッズの購入や飲食代など、ライブのチケット以外にもお金を使うものです。

この点、カードローンであれば誰にも迷惑をかけずにさまざまな用途に利用できるので、数万円程度の利用であれば最も活用することができる方法ということができるかもしれません。

即日融資

前述したように、チケットの抽選に当たったら、通常はチケット代金を当選から数日以内に支払わなければなりません。

銀行カードローンであれば、申込から融資までに1週間以上かかってしまうことも珍しくありませんが、これではチケット代の支払期限までには間に合いません。

しかし、アコムやプロミス、アイフルなどの大手消費者金融であれば、申込日当日に融資が受けられる即日融資に対応していますので、当選後にすぐに申込をおこなえば、支払期限までに余裕を持ってお金を借りられます。

参考即日融資カードローンおすすめ6選!最短当日に借りる

30日間無利息

ライブのチケット代が手元にないという人の多くが、「今は手元にお金がないけど、次の給料日であれば支払うことができる」などという人が多いのではないでしょうか?

この点、アコムやプロミスやアイフルなどの大手消費者金融には30日間の無利息期間が設定されています。

「支払期限までにはお金が手元にないけど、次の給料にはお金を用意できるのに」という人は、大手消費者金融のカードローンであれば、利息負担がゼロ円でチケット代を借りられるのです。

親や友人にお金を借りるよりも、精神的な負担はないので、短期間だけの利用で、必ず、無利息期間内に返済することができるのであれば、大手消費者金融を活用するという方法はかなりメリットがあります。

参考無利息カードローンおすすめ4選!無利息期間ありで金利0円

少額の借り入れなら利息も安い

ライブのチケット代は1万円程度です。

消費者金融の金利は約18%ですが、仮に2万円を金利18%で借りたとしても、1日あたりの利息負担は約9.9円と非常に安価です。

仮に100日間借りたとしても利息は1,000円程度の負担で済むので、低コストでチケット代を借りられるのです。

ただし、借りすぎてしまうと必然的に利息の負担は大きくなってしまうので、借入金額は必要最小限に留めるようにしてください。

物販などの購入資金にも使える

ライブに行くと必要になるお金はチケット代金だけではありません。

物販で買いたいものもあるでしょうし、友人との飲食代や交通費や宿泊費など一度ライブに行くとチケット代以上のさまざまなコストがかかるものです。

カードローンは使い道自由ですので、このようなライブに行くためにさまざまな費用をすべて借りられます。

また、会場の近くでお金が足りなくなっても、最寄りのコンビニATMからすぐに必要なお金を借りられます。

他のローンではお金を借りるための見積書などが必要になってしまいますので、食費や物販には借りたお金を使うことができませんが、カードローンは必要なお金をすべてATMや振込によってすぐに調達することが可能です。

まとめ

ライブのチケット代金を支払うことができないと、主催者やチケット販売会社のブラックリストに載ってしまい、以後のチケット当選確率が下がってしまいます。

このため、チケット代金は必ず支払わなければなりませんが、当選からチケットの支払いまでにはそれほど時間はありません。

親や友人を頼れずに、即金バイトや不用品の売却によってチケット代を用意することができないのであれば、即日融資に対応したカードローンを利用することで、期日までにチケット代金を用意することができます。

大手消費者金融のカードローンなら、無利息期間内だけの借入であれば利息負担ゼロ円でチケット代を調達することができます。

お急ぎならこのカードローン

\最短1時間!即日融資も可能/
アコムのキャッシング・カードローン
公式サイトへ

監修:手塚大輔/金融コンサルタント兼ライター