お金の専門家FP監修/知って得するカードローン情報サイト

ソニー銀行カードローンのメリット・デメリットをFPが解説

ソニー銀行が提供する金融サービスにおいて高い人気を誇っている「ソニー銀行カードローン」は、金利で選びたい方必見のカードローンです。

ソニー銀行カードローンは業界最低水準の金利年2.5%~13.8%。借り入れ限度額10万円~800万円のハイスペックが最大の特徴。

ソニー銀行に口座をお持ちでない方でもソニー銀行カードローンと口座開設の同時申込みが可能です。

また、セブン銀行ATMやローソン銀行ATM、ゆうちょ銀行ATMが利用手数料0円。融資をお急ぎの方は「初回お借入れ振込サービス」が利用可能です。※ソニー銀行カードローンと口座開設の同時申込みをされる方が対象

ソニー銀行(ソニーバンク)は「ソニーフィナンシャルホールディングス」傘下のネット銀行で、2001年4月1日にソニーと三井住友銀行などの出資により設立されました。

2017年8月にはオリコン日本顧客満足度ランキングの「ネット銀行」部門で1位を獲得。

住信SBIネット銀行やPayPay銀行など競合他社を抑えての受賞です。「住宅ローン」部門でも1位の評価を得るなど、金融サービスにも定評があります。

この記事では、ソニー銀行カードローンのメリット・デメリットについて詳しく解説いたします。

ソニー銀行カードローンの強み・弱みを知りたい方はぜひ参考にしてください。

口座開設は不要!お申し込みまではWeb完結

ソニー銀行カードローン

2009年3月からサービスを開始したソニー銀行カードローンは、2011年7月から2015年7月までの4年間新規申し込みの受付を停止していました。

理由は、当時のソニー銀行カードローンの保証会社でもある「株式会社ソニーファイナンスインターナショナル」の業務停止によるもので、その後あたらしい保証会社が見つからないままやむを得ず新規の申込受付を中断したそうです。

しかし、2015年7月に新たにアコム株式会社が保証会社となりサービス内容を大幅にバージョンアップして新規申込みの受け付けを再開しました。

中断以前のソニー銀行カードローンのスペックは最大限度額300万円、下限金利(最低金利)は年6.5%。現在のスペックは最大限度額800万円、下限金利(最低金利)は年2.5%まで拡大しています。

サービス再開後には申込者が殺到して審査だけで数日待ちになっていたことがソニー銀行カードローンの人気を物語っています。

ソニー銀行カードローンの商品概要

ソニー銀行カードローンの商品スペックです。

ソニー銀行カードローン
カードローン商品概要
商品名 ソニー銀行 カードローン
資金の使い道 原則自由(事業資金は除く)
対象年齢 申込時の年齢が満20歳以上65歳未満の方
申込条件 ・ソニー銀行に円普通預金口座をお持ちの方(同時申込み可能)
・原則、安定した収入がある方
・日本国籍の方、もしくは、外国籍の方で永住権をお持ちである方
・保証会社(アコム株式会社)の保証を受けられる方
※既にソニー銀行でカードローンを契約中の方は申し込みができません
金利 年2.5%〜13.8%(変動金利)
借入限度額 10万円〜800万円(18種類のコース)
審査時間
即日融資
無利息サービス なし
遅延利率 年14.6%(約定返済日の翌日から計算されます)
返済方式 残高スライドリボルビング返済
毎月返済額 2,000円(前月約定返済日の利用残高10万円以下の場合)
返済日 2日、7日、12日、22日、27日の6つの日のいずれかから指定可能
契約期間 1年(原則として、審査のうえ自動更新)
担保・保証人 不要
保証会社 アコム株式会社
入会金・年会費 不要

ソニー銀行カードローンのメリット

ソニー銀行カードローンのメリットは次のとおりです。

ソニー銀行カードローンのデメリット

ソニー銀行カードローンのデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • 口座開設必須
  • 融資は最短翌日以降(カードローンと口座開設の同時申込みの場合)
  • キャッシュカードにローン機能を付帯できない(一体型にできない)
  • 約定返済は口座引き落としのみ(*2)
  • 土日祝日の当日融資は不可能

(*2)ATMからの返済は追加返済扱いとなります

ソニー銀行のサービスサイト「MONEY Kit(マネーキット)」には、キャッシュカード(カードローン一体型)が記載されていますが、現在はカードローン専用カードが必ず発行されます。

以前は、口座をお持ちの方であれば、カードローン一体型のキャッシュカードを発行できましたが、現在はキャッシュカード(カードローン一体型)に対応していません。

そのため、口座の有無にかかわらず、ソニー銀行カードローン専用のローンカードが必ず発行されて自宅に郵送されます。

ソニー銀行カードローンを他社と比較

ソニー銀行カードローンの金利と限度額を、他社のカードローンと比較しました。

ソニー銀行カードローンの比較表
カードローン 金利(年率) 借入限度額(契約極度額)
銀行 ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8% 10万円~800万円
楽天銀行スーパーローン(カードローン) 年1.9%〜14.5% 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 10万円~800万円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%~14.6% 10万円~500万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 10万円~800万円
りそな銀行カードローン
「りそなプレミアムカードローン」
3.5%~12.475% 30万円~800万円
auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」 通常:1.48%〜17.5%
<au限定割>
誰でもコース:1.38%〜17.4%
借り換えコース:0.98%〜12.5%
通常:10万円~800万円
<au限定割>
誰でもコース:10万円~800万円
借り換えコース:100万円〜800万円
住信SBIネット銀行カードローン 1.59%~14.79% 10万円~1,200万円
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 最高800万円
PayPay銀行カードローン 2.5%~18.0% 10万円~1,000万円
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 10万円〜800万円
セブン銀行カードローン 14.0%~15.0% 10万円〜100万円
消費者金融 プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 1万円~500万円
J.Score(ジャイスコア) 0.8%~15.0% 10万円~1,000万円
アイフル 3.0%~18.0% 最大800万円

ソニー銀行カードローンの金利と限度額

ソニー銀行カードローンの金利は年2.5%~13.8%です。基準金利があらかじめ設定されており、利用限度額に応じて金利が適用されます。

ソニー銀行カードローンの適用金利は次のとおりです。

ソニー銀行カードローン金利表
利用限度額 金利(年率)
10万円 13.8%
20万円
30万円
40万円
50万円
60万円 12.8%
70万円
80万円
90万円
100万円 9.8%
150万円 9.0%
200万円 8.0%
300万円 6.0%
400万円 5.0%
500万円 4.0%
600万円 3.5%
700万円 3.0%
800万円 2.5%

通常は申込時に希望限度額を入力できるのですが、ソニー銀行カードローンでは選択不可です。

新規契約時はソニー銀行所定の審査において融資可能な最大の利用限度額が提示されます。審査に応じて限度額が決まりますので、審査を受けてみてからでないと限度額がいくらになるかは分かりません。

ただし、契約手続きが完了したあとにソニー銀行のサービスサイト「MONEY Kit(マネーキット)」にて利用限度額の増額申込みが可能です。

ソニー銀行カードローンは変動金利のため、毎月1日に市場金利の動向に応じて決定します。情報が古い場合がありますので、最新の適用金利についてはサービスサイト「MONEY Kit(マネーキット)」にてご確認ください。

ソニー銀行カードローンを最短で借りる方法

ソニー銀行カードローンの申込方法は、インターネット申し込みだけです。そのため、電話や郵送申し込みには対応しておりません。

インターネット申し込みは24時間受け付け中です。ソニー銀行カードローンはスマートフォンやパソコンで契約まで完結します。

ソニー銀行カードローン申し込みの流れ

ソニー銀行カードローンの申し込みの流れです。

■円普通預金口座を持っている

  1. 「MONEY Kit(マネーキット)」にログイン
  2. 仮審査申し込み
  3. 仮審査結果の確認(メール)
  4. メールのURLから本審査手続き
  5. 勤務先に在籍確認の電話
  6. 必要書類の送付
  7. 本審査結果の確認(メール)
  8. 契約手続き完了
  9. カードローン専用カードをお届け(目安5日~10日程度)

※申し込みの受付時間、審査状況によっては、仮審査結果の回答が翌営業日以降になる場合もあります

■円普通預金口座を持っていない

  1. 「MONEY Kit(マネーキット)」にログイン
  2. 仮審査申し込み
  3. 仮審査結果の確認(メール)
  4. メールのURLから本審査手続き
  5. 初回振込サービスをご希望の方は本審査手続きにて、初回振込サービスを「利用する」を選択
  6. 初回振込サービスの借り入れの振込先口座・振込金額を登録
  7. 勤務先に在籍確認の電話
  8. 必要書類の送付
  9. 本審査結果の確認(メール)
  10. 契約手続き完了
  11. 振込完了(契約手続きの完了時間により振込日が異なります)
  12. キャッシュカードとカードローン専用カードをお届け(目安7日~10日程度)

※申し込みの受付時間、審査状況によっては、仮審査結果の回答が翌営業日以降になる場合もあります

お急ぎの方向け「初回振込サービス」

「初回振込サービス」とは、キャッシュカードやカードローン専用カードの受け取り前に、本人名義の指定口座に振込で融資してくれるサービスです。

利用いただけるのは、「カードローン申込時にソニー銀行口座をお持ちでない方」。すなわちソニー銀行カードローンと口座開設の同時申込みをされる方となります。

申込方法は仮審査の結果を確認してから本審査へと進む前に画面で振込先口座と振込金額が指定できます。

「初回振込サービス」を利用するにあたって、振込先の口座確認資料と本人確認資料の提出をしなければいけません。

■「初回振込サービス」をご希望の方

  1. 振込指定口座の普通預金通帳またはキャッシュカード券面のコピー
  2. 本人確認資料のコピー

本人確認資料のコピーは、申し込みの際に登録した氏名・住所と一致確認ができる本人確認書類をソニー銀行に送付してください。必要書類は、郵送またはFAXにて送付ができます。

また、可能額には上限があり、利用限度額の半分の金額もしくは30万円までのいずれか小さい金額となります。

そして、初回振込サービスは、本審査結果確認の完了時点で振込が実行します。契約手続きを完了した時間により振込日が異なりますのでご注意ください。

初回振込サービスの振込日
契約手続きの完了日時 振込実行日
金融機関営業日(平日) 00:00~14:30 完了日当日(*1)
14:30以降 完了日の翌金融機関営業日
金融機関休業日(土・日・祝日・12月31日~1月3日) 00:00~24:00

(*1)振込は、通常10分~30分で完了しますが、振込先金融機関の手続き状況により時間がかかる場合があります

ちなみに初回振込サービスの振込手数料は無料ですので、融資をお急ぎの方はぜひ活用してくださいね。

Nextソニー銀行カードローンの審査の流れと審査基準

ネット銀行ならではの金利
いつもの口座で利用可能
楽天銀行カードローン「スーパーローン」
<みずほ銀行カードローンについて> ※みずほ銀行の住宅ローンご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%。<auじぶん銀行カードローンについて> 記載されている金利は通常お申込みでの借入利率です。通常:1.48%~17.5%、カードローンau限定割 誰でもコース:1.38%~17.4%、カードローンau限定割 借り換えコース:0.98%~12.5%※誰でもコース及び借り換えコースはau IDをお持ちの方が対象です。<SMBCモビットについて>申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。<レイクALSAの貸付条件について> 1.融資限度額:1万円~500万円 2.貸付利率:4.5%~18.0% 3.申込資格:「年齢が満20歳以上70歳以下」「国内に居住する方」「ご自分のメールアドレスをお持ちの方」「日本の永住権を取得されている方」 4.遅延損害金(年率で小数点1位まで記入):20.0% 5.返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング 6.返済回数・返済期間:最長5年、最大60回 7.必要書類:運転免許証※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合) 8.担保・保証人の有無:不要 9.商号並びに関東財務局番号:商号:新生フィナンシャル株式会社・貸金業登録番号:関東財務局長(10) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 10.アルバイト・パート・派遣の方でも、一定の収入がある場合申込み可能。<ランキングについて>カードローンその他サービスに関するランキングの記事については、当サイト経由でのお申込件数などを基に知っ得!カードローン編集部がまとめ記事を作成しています。
  • あなたへの特別オファー

    \プロミスなら成約率40.7%*/

    はじめての人は30日間無利息0円

    *SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標「2022年3月期」より

目的別記事一覧