使ってない・使わないカードローンは解約したほうがいい?

カードローンを知る・学ぶ

Q.「使っていないカードローンは解約したほうがいいの?」
A.使わないカードローンは解約するべきです。今すぐに、一日でも早く!

今回は使っていないカードローンを今すぐにでも解約するべき3つの理由について説明します。

使わないカードローンを保有するリスクについてもお話します。

カードローンは使っても使わなくても借金

極度額(限度・ワク)を設定して、その範囲の中で借りたり返したり自由にできるのがカードローンです。

これを銀行では「貸越」といいます。融資の審査ではこの貸越も借金になります。

使っていたら満額、使っていなければ1割がカウントされる

カードローンなどの貸越は、

  • たとえ1万円でも使っていたら⇒フル(満額)に加算
  • まったく使っていなかったら⇒極度の1割が加算

住宅ローンの審査では、返済比率を「全ての借金÷年収」で計算します。

例えば「カードローン極度が50万円で1万円利用」していたら、極度50万円が満額加算されます。

上記したように、カードローンは範囲内で自由に借りることができるので、利用残高がある⇒いつでもフルに借りることができる⇒フルに借りている、という論法で返済比率に満額が加算されます。

カードローンを使っていない場合は、極度の1割が返済比率に加算されます。

これも上記と同じ論法で、いつでも満額借りることができるが、使っていないから1割だけ加算、という考え方です。

このように、使っていないのに借金していることになってしまいますので、使わないカードローンがあればすぐにでも解約したがいい、ということになります。

持ってるだけの使わないカードローンは他の審査にもマイナス

使っていないカードローンは、他のカードローン審査にもマイナスに影響します。

カードローンの極度はとにかく満額加算

逃亡、自己破産といったように借金が回収できなくなることを『貸倒れ』といいます。

保証会社付きなら代位弁済で回収できますが、ノンバンクなど保証なしのカードローンでは、貸倒れのリスクが高くなります。だからそのぶん金利も高いのです。

このため、ノンバンクなどの金融業者では貸越極度をとにかくフル加算します。

1万円使っていても、未使用でも、とにかく満額加算ということです。(これは、金融会社の社員から聞いたことです)

金融会社では貸倒れのリスクが高いので、銀行とは違うシビアな審査姿勢になります。

ですから未使用のカードローンは、他のカードローンを申込んだ場合、審査に大きくマイナス影響します。

時間が経つと最悪カードローンを解約できない

これまで説明してきたように、使っていないカードローンは持っているだけでマイナスなことが多いので、早く解約するべきです。

しかも、時が経つほど解約するのが難しくなり、最悪の場合には解約できなくなってしまうかもしれませんので注意が必要です。

カードローンの申込みは簡単・解約は困難

たとえばカードローン会社の名称が変わったり、どこかと合併したり、最悪の場合では、会社が倒産してしまって、どこに連絡していいのかわからなくなってしまうケースもあります。

住宅ローンの申込みや、他のカードローンを申込むと、未使用カードローンの解約が条件になる場合があります。このとき慌てて解約しようとしても連絡先がわからない、こうしたお客さんを何度も見てきました。

また私自身、銀行員という職業柄お付き合いでカードローンやクレジットカードを持っていましたが、自分が住宅ローンを借りるときに、やはり解約が必要になったのですが、付き合いで加入したカード会社に電話したところ不通。いろいろ手を尽くしてやっと連絡がついたという経験があります。

私の場合は、会社の合併なのでまだそれほど期間はかかりませんでしたが、会社が倒産して別会社が事業を引き継いだ場合などは時間がかかる場合があります。

使っていないカードローンは解約を、それもできるだけ早い解約をおすすめします。

この記事の執筆者情報

・加藤隆二/銀行員
地方銀行に30年間勤務する現役銀行員。FP技能士2級。融資渉外担当として事業資金調達の相談、個人住宅ローンやカードローンなど借入全般の相談、返済が困難な方からの相談にも対応。現在は融資契約書類の点検業務、不動産担保全般の書類点検などに従事。一人の銀行員として数多くのお客様と向き合い、お金にまつわるさまざまな相談に応えてきたことが自慢です。読者のために役に立つ文章を書いていきたいと思っています。