新生銀行スマートカードローン プラスの審査と比較

新生銀行のカードローン「新生銀行スマートカードローン プラス」は、新生総合口座「パワーフレックス」で便利に使えるカードローンです。

新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)からのお申し込みなら、平日18時まで最短即日振込みOK!原則 本人確認書類不要で深夜でも借り入れ・返済が可能です!※所定の審査があります

新生総合口座「パワーフレックス」をお持ちでない方や、新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)を利用されていない方でもお申し込みが可能です。

申し込み完了後の面倒な口座開設も必要ありません!そのため、他行のカードローンと比べて借り入れまでがとってもスピーディー。

今回は新生銀行スマートカードローンプラスの審査やメリット・デメリットについて解説いたします。

新生銀行スマートカードローンプラス

新生銀行スマートカードローンプラス

新生銀行スマートカードローン プラスのスペックは次の通りです。

■新生銀行スマートカードローンプラス商品概要
新生銀行スマートカードローン プラス
商品名 新生銀行スマートカードローンプラス
資金の使い道 原則自由(事業性資金には利用できません)
対象年齢 年齢が満20歳以上70歳以下の方
申込条件 ・国内に居住する個人
・保証会社(新生フィナンシャル(株))の保証を受けられる方
・原則安定した収入がある方
・現在、新生銀行に他のカードローンの契約がない方
※外国人の方は永住許可を受けてる方が対象
金利 4.5~14.8%(実質年率)
借入限度額 1~500万円以内(1万円単位)
※利用される申込書の種類に応じて次の通りとなります。
(1)金額固定方式(借入申込書兼保証委託申込書):契約額10万円、50 万円、のいずれかから希望される金額を選択
(2)金額記入方式(審査申込書):契約額として希望される金額(1万円以上500万円以内)を自身で記入
審査時間 最短即日
即日融資 最短即日
無利息サービス なし
遅延利率 20.0%(年率)
契約期間 5年間(1年毎の自動更新)
最低借入金額 1,000円
返済方式 原則、残高スライドリボルビング方式
※希望の場合には、元利定額リボルビング方式も選択可能。具体的な返済額は契約内容に応じて設定されます
毎月返済額 3,000円(金利14.8%かつ借入残高10万円以下の場合)
返済日 (1)ATMにて返済の場合:都合に合わせて返済日の指定が可能
(2)口座引落による返済の場合:指定先金融機関によって異なる
・新生総合口座パワーフレックス:毎月の返済日を指定可能
・新生銀行以外の銀行口座:毎月14日または27日のいずれかから選択
返済期間・返済回数 最長5年間・60回(自動更新後は1年間・12回)
収入証明書 借入額や審査に応じて必要
担保・保証人 不要
保証会社 新生フィナンシャル(株)
入会金・年会費 不要

(最終更新日:2017年12月現在)
※申し込み時間帯や審査状況によっては審査の連絡が翌営業日以降となる場合があります

新生銀行スマートカードローンプラスは資金使途が原則自由であり、契約額の範囲内で何度でも繰り返し借り入れ・返済ができる担保・保証人不要のローンです。

新生銀行の普通預金口座をお持ちでない方でもスマートカードローンプラスの申し込みOK。入会金や年会費といった維持費は一切かからないので、いざという時の備えとして1枚持っておくと便利ですよ。

新生銀行スマートカードローン プラスのメリット

新生銀行スマートカードローンプラスのメリットは次の通りです。

  1. 来店不要・ネット完結
  2. 審査・振込融資は最短即日
  3. 提携ATM利用手数料0円
  4. 新規申込と所定の条件クリアでTポイント1,000ポイントプレゼント
  5. 利用限度額1万円単位で希望可能
  6. 返済日前や増額可能時にメールでお知らせ(要登録)
  7. 新生パワーダイレクトご利用の方は本人確認書類の提出が原則不要
  8. 新生パワーダイレクトご利用の方は平日18時まで即日振込みが可能
  9. 新生総合口座パワーフレックスをお持ちなら24時間365日 借入・返済OK

新生銀行スマートカードローンプラスは、新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)の利用と、新生総合口座パワーフレックスをお持ちの方に便利にお使いいただけるカードローンです。

新生銀行との取引が初めての方でも、「新生銀行の口座不要」「ATM利用手数料0円」「Tポイント1,000Pプレゼント」に魅力を感じる方におすすめですよ。

新生銀行スマートカードローンプラスのデメリット

新生銀行スマートカードローン プラスのデメリットは次の通りです。

  1. 無利息サービス(無利息期間)がない
  2. 銀行カードローンの中では標準的な金利
  3. 他金融機関の引落口座登録は郵送での手続きが必要

新生銀行には無利息サービス(無利息期間)がありません。

無利息サービス(無利息期間)とは、所定の条件を満たす場合に限り、一定期間の借り入れ利息が0円になるお得なサービスのことです。所定の条件と言っても難易度はそう高くありません。

無利息サービスは一般的なサービスではなく、限られたカードローンでしか受けることができません。無利息サービス実施中のカードローンは次の通りです。

■無利息カードローン一覧
商品名 金利(年率) 期間 開始日 利用条件
プロミス 4.5~17.8% 30日間 初回出金日の翌日から ・はじめてご利用の方
・メールアドレス登録
・Web明細利用
アコム 3.0~18.0% 30日間 契約日の翌日から ・はじめてご利用の方
・返済期日を「35日ごと」で契約する
アイフル 4.5~18.0% 30日間 契約日の翌日から ・はじめてご利用の方
ノーローン 4.9~18.0% 7日間 初回借入日の翌日から 特になし
(完済日の翌月以降も適用)
ジャパンネット銀行カードローンネットキャッシング 2.5~18.0% 30日間 初回借入日から ・はじめてご利用の方
静岡銀行カードローンセレカ 4.0~14.5% 45日間 契約日から ・初めてご契約いただいた方のみ

※静岡銀行カードローンセレカは最大45日分の利息「キャッシュバック」です

ご覧の通り、「初めて利用の方」であればぼぼ条件クリアとなります。

また、新生銀行スマートカードローン プラス金利は年4.5~14.8%に設定されており、消費者金融と比べると金利は低いですが、銀行カードローン全体で比べると標準的な金利スペックなんですよね。

新生銀行スマートカードローン プラスの審査

新生銀行スマートカードローンプラスの審査は、新生銀行と保証会社の新生フィナンシャル(株)の2社でおこないます。

審査結果は最短即日回答であり、新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)からの申し込みなら平日18時まで即日融資に対応しています。

新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)が未登録の方や、新生総合口座パワーフレックスをお持ちでない方でも、平日14時までに契約手続き完了で、即日審査・即日振込み融資も可能です。

ただし、申し込み時間帯や審査状況によっては、審査の連絡が翌営業日以降となる場合もあります。

審査の流れ

新生銀行スマートカードローン プラスの審査と申し込みの流れです。

■新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)を利用している

  1. 新生銀行公式サイトへアクセス
  2. 専用フォームから申し込み
  3. 審査
  4. 審査結果の連絡
  5. 契約手続き(契約額や返済日に関する情報を入力)
  6. 新生総合口座パワーフレックスへ振込み

新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)ご利用の方は、入力項目が少なく、本人確認書類の提出も原則不要です。

平日18時までに契約手続き完了で、最短即日融資が可能。

また、スマートフォンやパソコンから365日新生総合口座パワーフレックスに振込み融資が可能です。

■新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)を利用していない

  1. 新生銀行公式サイトへアクセス
  2. 専用フォームから申し込み
  3. 審査
  4. 審査結果の連絡
  5. 本人確認書類の提出
  6. 契約手続き(契約額や返済日に関する情報と、振込する先の金融機関情報などを入力)
  7. 指定する金融機関口座へ振込み

新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)を利用していない場合は、本人確認書類の提出が必要となります。

審査時間は新生パワーダイレクトご利用の方とほぼ同じでなんですが、本人確認書類の提出と新生銀行の確認作業が入るため、融資までに若干時間を要します。

平日14時までに必要書類の確認まで完了できたら、即日の振込融資が可能です。

尚、審査結果により、郵送での契約手続きが案内される場合がありますので、その場合は約1週間程時間がかかります。

審査結果の回答時間

新生銀行スマートカードローン プラスの審査は、次の時間帯にてメールまたは電話にてお知らせしてくれます。

■新生銀行スマートカードローンプラスの審査結果お知らせ時間
曜日 時間
平日 8:10~21:50
土曜日・日曜日・祝日
毎月第三日曜 8:10~19:00

※年末年始を除く
※審査結果のお知らせ時間外の申し込みは、翌日の8時からメールまたは電話にて連絡

審査の事前対策

新生銀行スマートカードローンプラスで審査落ちしない秘訣はありませんが、どうしても審査が不安な方は、新生銀行公式サイト内の「お借入診断」をするといいでしょう。

「お借入診断」とは、新生銀行スマートカードローンプラスへ申し込みする前に、借り入れが可能かどうかを事前に診断してくれる簡易審査ツールです。

入力項目は「生年月日」「本人年収」「他社からの借入れ件数」「他社からの借入れ金額」の4つを入力するだけです。

診断結果はスグに画面に表示され、「ご融資できる可能性がございます」または「ご入力いただいた情報ではお借入れ可能か判断できませんでした」が表示されます。

「お借入診断」は、審査通過を保証するものではありませんが、簡単な入力だけで簡易診断してくれるので、試しにやってみる価値は十分あります。

「新生銀行スマートカードローンプラス審査に落ちないかちょっと不安」という方は是非やってみてくださいね。

振込融資

新生銀行スマートカードローンプラスは、新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)をご利用の方に便利なカードローンです。

新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)をお持ちであれば、契約手続きと本人確認書類の確認が平日18時までに完了すれば即日の振込融資が可能です。

金利と限度額を比較

では、続いて新生銀行スマートカードローンプラスは他の銀行カードローンと比べて金利が低いのかを比較してみましょう。

■■新生銀行スマートカードローンプラス金利と限度額を比較
商品 金利(年率) 利用限度額(極度額)
消費者金融 プロミス 4.5~17.8% 500万円
アコム 3.0~18.0% 1~800万円
アイフル 4.5~18.0% 最高500万円
SMBCモビット 3.0~18.0% 1~800万円
ノーローン 4.9~18.0% 1~300万円
銀行 新生銀行スマートカードローンプラス 4.5~14.8% 1~500万円
みずほ銀行カードローン 2.0~14.0% 10~800万円
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5% 10~800万円
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8~14.6% 10~500万円
りそな銀行カードローン プレミアムカードローン 3.5~12.475% 30~800万円
ネット銀行 楽天銀行カードローン スーパーローン 1.9~14.5% 10~800万円
オリックス銀行カードローン 1.7~17.8% 最高800万円
じぶん銀行カードローン じぶんローン 1.7~17.5% 10~800万円
ソニー銀行カードローン 2.5~13.8% 10~800万円
住信SBIネット銀行カードローン ミスターカードローン 0.99~14.79% 10~1,200万円
ジャパンネット銀行カードローン ネットキャッシング 2.5~18.0% 10~1,000万円
流通系銀行 イオン銀行カードローン 3.8~13.8% 10~800万円
セブン銀行カードローン 14.0~15.0% 10~100万円
地方銀行 千葉銀行カードローン 1.7~14.8% 10~800万円
スルガ銀行カードローンリザードプラン 3.9~14.9% 10~800万円
静岡銀行カードローン セレカ 4.0~14.5% 10~500万円
横浜銀行カードローン 1.9~14.6% 10~1,000万円

一般的に金利設定が低いカードローンほど審査の難易度が高くなる傾向にあるので、審査の事を考えると必ずしも「カードローンは低金利のものを選びましょう!」とは言えません。

しかし、メガバンクの三井住友銀行カードローンと三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは、新生銀行スマートカードローンプラスと比べて金利が年0.2~0.3%低い程度です。

三井住友銀行カードローン、三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック、楽天銀行スーパーローンは金利帯がほぼ同じであり、口座不要で申し込みができる人気が高いカードローンです。

そのため、新生銀行と取引をされていない方の場合は、こちらを検討するのもありでしょう。

特に楽天銀行スーパーローンは、新規申込される方だけではなく、既存の楽天会員や楽天カードをご利用のユーザーにも積極的に貸付けをおこなっているカードローンです。

新生銀行スマートカードローンプラス(金利・限度額・借入・返済・申し込み)

新生銀行スマートカードローンプラスの金利・限度額・借入・返済・申し込み等を解説いたします。

金利

新生銀行スマートカードローンプラスの金利です。契約額に応じた金利が設定されています。

■新生銀行スマートカードローンプラスの金利表
契約額 金利(実質年率)
1万円~99万円 14.8%
100万円~199万円 12.0%
200万円~299万円 9.0%
300万円~399万円 7.0%
400万円~500万円 4.5%

在籍確認

在籍確認とは、審査の一環としておこなわれる職場への電話確認のことです。

希望借入額や審査状況によっては、在籍確認がおこなわれない場合もありますが、在籍確認は審査でも重要とされているので基本的に避けることはできないと思っておいてください。

新生銀行スマートカードローンプラスでも在籍確認はおこなわれますが、担当者は個人名にて電話をかけてくれます。

在籍確認の電話連絡は、本人以外が出ても問題ありません。また、申込者本人以外の第三者にはカードローンの申し込みに関する情報は一切話しませんのでご安心ください。

新生銀行スマートカードローンプラスの在籍確認は、保証会社でもある新生フィナンシャル株式会社がおこないます。経験豊富なスタッフが在籍確認の電話をしてくれるので、誰にも知られないように十分配慮してくれますよ。

借入方法

新生銀行スマートカードローンプラスの借入方法は次の通りです。

  • 新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)による借入れ
  • 提携ATMによる借入れ

新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)をご利用なら、新生銀行スマートカードローンプラス専用会員ページから新生総合口座パワーフレックスへ、昼夜を問わず24時間365日振込みが可能です。

また、新生銀行スマートカードローンプラス契約後に発行される専用ローンカードを利用して、全国のコンビニなどに設置のATMで借り入れ・返済が可能です。

提携ATMの利用手数料は無料です。

  • セブン銀行ATM
  • ローソンATM
  • ミニストップATM(ミニストップ設置のイオン銀行ATM)
  • イオン銀行ATM(イオン、イオンモール、マックスバリュなど)
  • イーネットATM(ファミリーマート、ポプラ、サークルKサンクス、デイリーヤマザキなど)
  • ゆうちょ銀行ATM

提携ATMの利用時間は次の通りです。

■提携ATMの利用時間(ゆうちょ除く)
曜日 時間帯
月曜日 5:00~23:50
火曜日・水曜日 0:10~23:50
木曜日 1:30~23:50
金曜日・土曜日・日曜日 0:10~23:50

※メンテナンス等により使用できない時間帯があります
※第三日曜日は利用時間0:10~20:00まで
※ファミリーマートに設置されているゆうちょATMは、第三月曜日の利用時間が7:00から

ゆうちょ銀行ATMは利用時間が異なります。

■ゆうちょ銀行ATMは利用時間
曜日 借入/利用照会 返済
月曜日 7:00~23:50 7:00~21:00
火曜日・水曜日 0:10~23:50 7:00~21:00
木曜日 1:30~23:50 7:00~21:00
金曜日 0:10~23:50 7:00~21:00
土曜日 0:10~23:50 9:00~21:00
日曜日 0:10~21:00 9:00~21:00

※メンテナンス等により使用できない時間帯があります。
※祝日の翌日は7:00から
※第三日曜日は利用時間が0:10~20:00まで

返済方法

新生銀行スマートカードローンプラスの返済方法は次の通りです。

  • 提携ATM等への現金投入による返済
  • 指定金融機関口座からの口座引落とし
  • 新生銀行指定口座への振込による返済(インターネットバンキング含む)
  • 提携金融機関への現金の持参による返済

専用ローンカードを利用して提携ATMにて返済が可能です。利用時間については上記の【新生銀行スマートカードローンプラスの返済方法】欄をご覧ください。

口座引落は、新生銀行スマートカードローンプラスを新生パワーダイレクトから申し込みした場合は、自動的に新生総合口座パワーフレックスが自動引落し口座として登録されます。

新生パワーダイレクト以外から申し込み・契約された方で、新生総合口座パワーフレックスからの引落しを希望される場合は、「口座振替依頼書」に必要事項を記入のうえ郵送すると口座引落の登録ができます。

新生銀行の口座を持っていない方でも、「預金口座振替依頼書」にて、本人名義の金融機関口座を自動引落し口座として登録することができます。こちらも郵送での手続きが必要です。

毎月の返済額

新生銀行スマートカードローンプラスの返済方式は、原則として残高スライドリボルビング返済方式です。

残高スライドリボルビング返済方式とは、元金残高に応じて返済額が設定される方式のことで、残高に応じて返済額が変動(スライド)します。

新生銀行スマートカードローンプラスの毎月の返済額は次の通りです。

■新生銀行スマートカードローンプラスの返済額
返済日時点の借入残高 借入利率
12.0超~14.8% 12.0%以下
1円~100,000円 3,000円 2,000円
100,001円~200,000円 5,000円 4,000円
200,001円~300,000円 7,000円 5,000円
300,001円~400,000円 9,000円 7,000円
400,001円~500,000円 11,000円 9,000円
500,001円~600,000円 13,000円 10,000円
600,001円~700,000円 15,000円 12,000円
700,001円~800,000円 17,000円 14,000円
800,001円~900,000円 19,000円 15,000円
900,001円~1,000,000円 21,000円 17,000円
1,000,001円~1,200,000円 25,000円 20,000円
1,200,001円~1,400,000円 29,000円 24,000円
1,400,001円~1,600,000円 33,000円 27,000円
1,600,001円~1,800,000円 37,000円 30,000円
1,800,001円~2,000,000円 42,000円 33,000円
2,000,001円~2,500,000円 52,000円 42,000円
2,500,001円~3,000,000円 62,000円 50,000円
3,000,001円~3,500,000円 72,000円 55,000円
3,500,001円~4,000,000円 82,000円 60,000円
4,000,001円~5,000,000円 100,000円 70,000円

※希望の場合には元利定額リボルビング返済方式も選べます。具体的な返済額は契約内容に応じて設定されます
※元利定額リボルビング返済方式とは、契約額に応じて毎月の返済額が設定される方式のこと

新生銀行スマートカードローンプラスの返済日は、都合に合わせて毎月の返済日を指定することができます。

ただし、銀行口座からの引落しによる返済の場合は、返済日は当該銀行口座に応じて異なります。

  • 新生総合口座パワーフレックスの場合:毎月の返済日を指定可能
  • 新生銀行以外の銀行口座の場合:毎月14日または27日のいずれかから選択

当月の返済は、返済日当日の14日前から返済が可能です。

指定返済日から14日間の期間であれば、その月の返済となりますが、15日以上前に返済した場合には、前回の返済に対する追加返済となるので、当月返済日に所定の返済額の支払いが発生します。

審査申し込みの必要書類

新生銀行スマートカードローンプラスの審査申し込みの必要書類は、本人確認書類として運転免許証(ない場合は健康保険証等)の提出が必要です。

新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)経由で申し込みなら、原則本人確認書類は不要で契約することができます。

また、新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)経由か否かにかかわらず、契約額に応じて新生銀行が必要とする場合には収入証明の提出が必要となります。

申し込み方法

新生銀行スマートカードローンプラスの申し込み方法は次の通りです。

  • インターネット(パソコン・スマートフォン)
  • 電話
  • 郵送

新生銀行スマートカードローンプラスはパソコンやスマートフォンからインターネットを利用して24時間申し込みすることができます。

審査と申し込みの流れ

新生銀行スマートカードローンプラスの審査申し込みの流れは次の通りです。

■新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)を利用している

  1. 新生銀行公式サイトへアクセス
  2. 「新生パワーダイレクトをご利用の方」を選択
  3. 専用フォームから申し込み
  4. 審査
  5. 審査結果の連絡(メールまたは電話)
  6. 契約手続き(契約額や返済日に関する情報を入力)
  7. 新生総合口座パワーフレックスへ振込み
  8. ローンカードの郵送・自宅へ届く

※審査の結果によって、郵送での契約手続きとなる場合があります。

新生パワーダイレクトからの申し込みなら、入力項目や確認事項を減らすことができるので、申し込み手続きがスムーズです。

また、新生パワーダイレクト経由で申し込みされた方は、パワーフレックス総合口座に資金移動をさせてキャッシュカードにて現金の引出しが可能です。

■新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)を利用していない

  1. 新生銀行公式サイトへアクセス
  2. 「新生パワーダイレクトをご利用ではない方」を選択
  3. 専用フォームから申し込み
  4. 審査
  5. 審査結果の連絡(メールまたは電話)
  6. 本人確認書類の提出(メール)
  7. 契約手続き(契約額や返済日に関する情報と、振込する先の金融機関情報などを入力)
  8. 指定する金融機関口座へ振込み
  9. ローンカードの郵送・自宅へ届く

※審査の結果によって、郵送での契約手続きとなる場合があります。

2017年8月22日