常陽銀行カードローン(キャッシュピット)

常陽銀行カードローン「キャッシュピット(CASHPIT)」は金利年2.5%~14.8%、契約までWeb完結、プライバシー徹底対応と地方銀行の中でも高いスペックを誇るカードローンです。

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)は大手消費者金融であるアコムが保証会社となっており、無担保・保証人不要で申し込みが可能です。

常陽銀行キャッシュピットは資金の使いみちが原則自由なカードローンだから、急な出費に対応できて安心。ATM利用手数料や入会金・年会費も無料(0円)なのでカードローンの利用がなければ費用は一切かかりません。

本記事では、常陽銀行カードローン(キャッシュピット)のメリット・デメリットや審査方法、在籍確認、借入や返済方法までを詳しく解説していきます。

数あるカードローンから常陽銀行キャッシュピットが選ばれるポイントは?常陽銀行カードローンはこんな方におすすすめ!といったことまで紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)とは?

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)を販売する常陽銀行は、茨城県水戸市に本店を置く地方銀行です。

2016年に足利ホールディングスと経営統合を実施し、地銀界第3位の銀行グループとなりました。預金・貸出金残高・メインバンク社数全国都道府県シェアは北関東の3県のうちトップを誇っています。

イメージキャラクターに茨城県のご当地ヒーローであるイバライガーを採用しており、認知向上に一役買っています。

「時空戦士イバライガー:サポーター企業」とは、イバライガーの活動にご賛同いただき、各種支援・寄付、広告協賛、ショーやイベントの開催など、様々な形でご協力いただいている企業の皆様です。
サポーター企業の皆様が託してくださった「力」は、イバライガーを通じて、どこかの誰かの笑顔や元気につながっています。
私たち「茨城元気計画」は、これからも多くの企業の皆様の善意を、イバライガーの活動として地域の皆様に還元していきたいと考えています。どうぞ、ご理解・ご支援をいただけますよう、お願い申し上げます。
素晴らしい世界を!日本を!茨城を!共に創っていきましょう!!
引用:イバライガーサポーター企業のご紹介

常陽銀行のサービスには、「カードローン」「住宅ローン」、「リフォームローン」「マイカーローン」「教育ローン」「フリーローン」「女性向けフリーローン」などの商品ラインナップがあり、用途別に利用するローン商品を選択することが可能です。

今回は常陽銀行の「カードローン(キャッシュピット)」の紹介をしていきます。

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)は借入金の使いみちが原則自由で、利用限度額の範囲内で繰り返し利用が可能です。冠婚葬祭・旅行費用・医療費・生活費(給料日前のやりくり)など、急な出費やまとまった出費にも利用できます。

常陽銀行カードローンのスペック
商品名 常陽銀行カードローン(キャッシュピット)
資金の使い道 原則自由(ただし、事業資金・投機資金は除きます)
対象年齢 契約時年齢が20歳以上75歳未満の方
申込条件 ・安定継続した収入のある方(パート・アルバイトの方もご利用いただけます)
・保証会社アコム株式会社の保証を受けられる方
・茨城県、宮城県、福島県、栃木県、千葉県、埼玉県、東京都に居住または勤務されている方
※外国人のお客さまは、永住許可を受けている方が対象
金利 年2.5~14.8%
借入限度額 300万円以内
審査時間 最短翌日
融資までの時間 通常1~2週間
申込み方法 ・インターネット
・電話
・FAX
・郵送
収入証明書 利用限度額50万円超の場合、収入証明資料が必要
保証会社 アコム株式会社
契約期間 3年毎の自動更新
遅延損害金 年率(ご利用限度額基準)
・1万円以上~100万円未満/18.0%
・100万円以上~300万円以下/15.0%
返済方式 借入金額スライドリボルビング方式
担保・保証人 不要
※アコム株式会社が保証します
入会金・年会費 0円

この表は左右にスクロールできます。

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)の資金用途は原則自由となっています。ただし事業資金・投資資金を目的に借りることはできません。

事業性資金を調達されたい方は常陽ビジネスローン「クイック」をご利用ください。

カードローン専用お問合せ窓口
(0120-56-8160)
※12/31~1/3除く

申し込みができる人・できない人

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)に申し込みができる方は、下記の条件を満たしている方です。

あなたが申し込みできるかどうか、まずはチェックしてみましょう。

  • 契約時の年齢が20歳以上75歳未満の方
  • 継続安定した収入がある(パート・アルバイト・年金受給者も可)
  • 保証会社アコム株式会社の保証を受けられる方
  • 茨城県、宮城県、福島県、栃木県、千葉県、埼玉県、東京都に居住または勤務。
    ※外国人のユーザーは永住許可がおりている者が対象。

常陽銀行キャッシュピットと他社カードローン比較

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)の金利と限度額を、他社のカードローンと比較してみましょう。

常陽銀行カードローン金利比較
カードローン/キャッシング 金利(年率) 借入限度額(契約極度額)
地方銀行 常陽銀行カードローン(キャッシュピット) 2.5%~14.8% 1万~300万円
都市銀行 みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 10万~800万円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%~14.6% 10万~500万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 10万~800万円
りそな銀行カードローン「りそなカードローン」 3.5%~12.475% 10万~800万円
ネット銀行 楽天銀行カードローン「スーパーローン」 1.9%~14.5% 10万~800万円
住信SBIネット銀行MR.カードローン 0.99%~14.79% 10万~1,200万円
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 最高800万円
じぶん銀行カードローン「じぶんローン」 1.7%~17.5% 10万~800万円
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 2.5%~18.0% 10万~1,000万円
ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8% 10万~800万円
流通系銀行 イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 10万~800万円
セブン銀行カードローン 14.0%~15.0% 10万~100万円
消費者金融 アイフル 3.0%~18.0% 最大800万円
アコム 3.0%~18.0% 1万~800万円
プロミス 4.5%~17.8% 1万~500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万~800万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 1万~500万円
J.Score 0.8%~12.0% 10万~1,000万円

この表は左右にスクロールできます。

常陽銀行カードローンの金利は年2.5~14.8%と、一般的な銀行カードローンと比較してもほぼ変わらない水準となっています。

銀行カードローンならではの金利なので、消費者金融と比べて返済総額が少なく済むのでとてもお得です。

仮に常陽銀行カードローンで10万円借りた場合の1ヶ月の利息は約1,216円となっています。

借入利息の計算方法

借入残高×借入利率÷365日×各回の利用日数

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)のメリット・デメリット

続いて、常陽銀行カードローン(キャッシュピット)のメリットとデメリットを解説していきます。

常陽銀行カードローンのメリット

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)のメリットは以下のとおりです。

常陽銀行の口座を持っていなくても申込可能

地方銀行の多くでは、借入先の銀行口座が必須となるケースがほとんどです。キャッシングを利用するには銀行口座を新たに開設しなければなりません。

しかし、常陽銀行カードローン(キャッシュピット)なら茨城県、宮城県、福島県、栃木県、千葉県、埼玉県、東京都に居住または勤務している方であれば、申し込み後に口座を別途開設する必要はありません。

※口座開設をしていない場合は融資時間が2~3日遅くなることがあるのでご注意ください。

「インターネットWEBかんたん申込み」でラクラク申込が可能

キャッシングというと、手続きが複雑かつ手間がかかるイメージを持っている方も多いのでは無いでしょうか?

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)では、「簡単申し込みフォーム」を利用することで、約10分もあれば、審査申し込みができます。

インターネットと郵送で手続きを簡略化できるため、若い世代はもちろん、幅広い年代のユーザーに支持されています。

申込みまでの手順は、

  1. ご確認事項
  2. 申込内容入力
  3. 申込内容確認
  4. 申込完了

の4ステップのみとなっており、誰でも簡単に利用することができます。

※電話・FAX・郵送でも申し込みが可能です。

提携コンビニATMを手数料無料で活用できる

カードを発行すれば、常陽銀行の営業時間外である、土曜日・日曜日・深夜帯でも借入可能です。

常陽銀行ATMおよび提携するコンビニATMで24時間いつでもお金を引き出すことができます。

その際の手数料は0円ですので、何回でも手数料無料でお金を引き出せます。

借入・返済ができるATMの一覧は以下のとおりです。

  • 常陽銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • ローソン銀行ATM
  • E-net ATM

ユーザーのプライバシーに配慮

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)では、借入審査の際に在籍確認が必須で行われます。

本人確認のため、自宅や会社に電話がかかって来ますが、ユーザーのプライバシーを配慮し、会社名を出さずに担当者の個人名での連絡となります。

家族や同僚にバレたくない方でも、安心して申し込みすることができます。

また、カードのお受け取りや利用明細の確認の際も、常陽銀行の表示のみでカードローンの表示は無いため、もともと常陽銀行の口座を持っている方であれば、お金を借りている事が家族や同僚にバレる心配はほぼ無いと言っていいでしょう。

常陽銀行カードローンのデメリット

続いて、常陽銀行カードローン(キャッシュピット)のデメリットを解説していきます。

他の銀行カードローンと比較して金利が高め

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)の金利は年2.5~14.8%と、他社の銀行カードローンと比べて若干高めに設定されています。

利用限度額毎の金利一覧
利用限度額 基準金利
1万円以上~100万円未満 年14.8%
100万円以上~200万円以下 年12.0%
200万円超~300万円未満 年9.8%
300万円 年2.5%~8.8%

常陽銀行カードローンの最高金利(年14.8%)よりも低く借りられるキャッシングローンは多数あるので、しっかりと比較検討をしたうえでご自身に合ったカードローンを選んでください。

早さよりも金利で選びたい

楽天銀行カードローン「スーパーローン」
公式サイトへ

常陽銀行で定期預金を行っているユーザーであれば、それを担保に低金利で借入を行える「常陽ベストカードプレミア」を利用するのも一つの手段です。

利用限度額最大300万円は銀行カードローンの中でも低め

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)の利用限度額は最大300万円となっており、これは一般的な銀行カードローンと比較しても低めに設定されています。

初回から300万円以上の融資をしてくれる金融機関はほぼありませんが、将来的に利用限度額を引き上げて300万円以上の借入を希望するユーザーは、他社の銀行カードローンを利用することをおすすめします。

すぐにお金を借りたい人には不向き

アコムやプロミスなどの消費者金融が最短即日融資も可能であるのに対し、銀行カードローンは相次ぐ過剰貸付の問題による法律上の規制強化を危惧し、2018年1月より、即日審査・即日融資を自主的に停止しました。

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)も例外ではなく、現在では即日融資はできない状況です。

金利に優れ、消費者金融よりもスペックが高いと言われる銀行カードローンですが、すぐにお金を借りたい方には不向きなサービスとなっています。

お急ぎならこのカードローン

アコムのキャッシング・カードローン
公式サイトへ

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)の審査基準

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)の審査基準は公式には公開されておらず、仮に審査に落ちてしまった場合でも、その理由を教えてもらえません。

そこで今回は常陽銀行カードローンの審査基準や通過するコツについて、銀行カードローンの審査に関する口コミや評判などから総合的に分析してみました。

審査基準となる項目は以下となります。審査落ちしてしまう人はどんな人か、また審査に通りやすい人はどのような傾向があるのかをチェックしてみてください。

安定継続した収入があること

年収の額はもちろん、雇用形態・勤務形態・勤続期間に関しても、審査に影響があります。

パート・アルバイト・年金受給者でも審査に通る可能性がある一方、高収入の方でも勤続期間が短ければ、「収入が安定していない」と判断されてしまうこともあります。

借入と返済のバランス

年収に対して、借入金額に無理がなく、返済金額とのバランスがとれているかどうかも重要なポイントです。

仮に年収が低くても、返済額に無理が無いと判断されれば、借入ができる可能性は十分にあります。

申込者の信用情報に問題がないこと

個人信用情報機関に問い合せして、信用情報に問題が無いことも重要な指標の一つとなります。

クレジットカードやその他のカードローンで返済遅延や滞納を起こすなど、お金に関するトラブルを起こしていた場合、現在の支払い能力にかかわらず、審査落ちする可能性があります。

過去に消費者金融などでの返済が遅れている場合、信用情報に問題があるケースがあるので、信用情報機関であるCICなどで信用状況を事前に確認しておきましょう。

在籍確認がとれる

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)では、申込者が本人かどうかを確かめるため、会社および自宅への在籍確認を電話で行っています。

本人確認ができなかった場合、申込者の身元が保証できずに、審査落ちすることは当然といえるでしょう。

ただし、あくまでも申込者が本当にその会社に所属しているのかを確認するためなので、それ以上の質問をされることはありません。

電話も銀行名でかけてくれてるし、プライバシーにも十分配慮されているので、借入が同僚や家族にバレてしまう心配もありません。

常陽銀行カードローンの審査の流れ

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)の審査の流れは下記の通りです。

  1. インターネットWEBかんたん申込み
    ※審査結果はメール及び電話にて回答。
  2. 必要書類のアップロード
    ※現住所記載のある書類を利用
    (例)運転免許証・健康保険証・住民基本台帳など。
    ※FAXまたは郵送での提出も可能。
    ※収入証明書類は、ご利用限度額50万円超で契約の場合必須。
  3. 利用開始
    ※契約完了後、通常1~2営業日以内でカードをお届け。
    ※お急ぎの方は、正式審査承認後に最短即日で振込も可能(常陽銀行の口座がある場合に限る)。

上記インターネットからの申込みの他、FAXや郵送にて申込書類を送付する形でも、審査は可能です。

※常陽銀行の窓口で申し込むことはできないため注意しましょう。

常陽銀行カードローンの審査時間

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)は最短で1週間~10日程度で借入が可能となっています。

仮審査結果は当日及び翌日には完了するため、すぐに自分が借入可能かどうかを判断することが可能です。

本審査の結果は、提出した書類の状況によって変わるものの通常は3~5日で共有されます。

審査通過後、通常1~2営業日以内でカードを届けられ、すぐに借入を行うとこが可能です。

※常陽銀行カードローンの口座を事前に持っていれば、2~3日の短縮が可能となっています。

常陽銀行カードローンは審査甘い?

一般的にカードローンの審査は金利が高いほど甘いと言われています。銀行カードローンは貸金業者のキャッシングよりも有利な金利で借りられるローンのため、消費者金融と比べて審査が厳しい傾向にあります。

しかし常陽銀行カードローン(キャッシュピット)の金利は年2.5~14.8%ですので、その他の大手銀行カードローンと比べて審査通過率はやや高いといえるかもしれません。

審査が不安な方は、まずは5秒診断を受けてみよう

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)では、申込者が借入可能かどうかをウェブ上で判断する、「簡易診断」を行っています。

簡易診断で結果が良好だったとしても、実際の審査で落とされる可能性もありますが、事前に自分が借入できるかどうかの目安が立てられるので、審査に通るか不安な方は一度「簡易診断」をやってみることをおすすめします。

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)|まとめ

常陽銀行カードローン(キャッシュピット)はメリットとデメリットの両面があるカードローンですが、常陽銀行の口座を持っている方は、新規ユーザーよりも早く借入ができるので、特におすすめです。

また常陽銀行カードローン(キャッシュピット)は利用限度額によって金利が決まるので、返済計画が立てやすいのもポイントの一つでしょう。

しかし、銀行系カードローンが即日融資を自主規制をしたことにより即日融資には対応しておりません。

今すぐ即日でお金を借りたい方はアコムやアイフル、プロミスなどの消費者金融を利用することをおすすめします。

電話連絡なし・郵送物なし!Web完結
smbcモビットのキャッシング・カードローン

公式サイトへ