お金の専門家FP監修/知って得するカードローン情報サイト

カードローンで50万円を借りると利息や返済額はいくら?

50万円のまとまったお金を借りるなら、カードローンを利用すると何かと便利ですよ。

カードローンは資金使途が原則自由な個人向けの無担保ローンです。審査で決められた限度額の範囲内で繰り返し自由に利用できます。好きなときに必要な分だけお金を借りられるので、突発的な想定外の出費にもすぐに対応できるのがカードローンの特徴です。

この記事では、カードローンで50万円を借りると利息や返済額がいくらになるのかを解説します。

大手カードローンの金利を比較しながら検証してみました。50万円を借りたいけれど、どのカードローンを選んだらいいのかわからない!とお悩みの方はぜひ参考にしてください。

カードローンで50万円を借りる

50万円のまとまったお金を借りたいのであれば、やはり大手のカードローンから選びたいですね。

金利の低さや審査の甘さを売りにしている業者は、違法性の高い闇金業者の可能性があります。

50万円という大金を借りるのであれば、安全性の高いものを選ぶべきです。

人気や知名度、審査の早さから選んだカードローンのラインナップは以下のとおりです。

50万円を借りたい人向けのカードローン
カードローン 金利(年率) 借入限度額(契約極度額)
銀行 楽天銀行カードローン「スーパーローン」 年1.9%〜14.5% 10万円~800万円
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 10万円~800万円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 1.8%~14.6% 10万円~500万円
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 10万円~800万円
りそな銀行カードローン
「りそなプレミアムカードローン」
3.5%~12.475% 30万円~800万円
auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」 通常:1.48%〜17.5%
<au限定割>
誰でもコース:1.38%〜17.4%
借り換えコース:0.98%〜12.5%
通常:10万円~800万円
<au限定割>
誰でもコース:10万円~800万円
借り換えコース:100万円〜800万円
住信SBIネット銀行カードローン 1.59%~14.79% 10万円~1,200万円
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 最高800万円
PayPay銀行カードローン 2.5%~18.0% 10万円~1,000万円
ソニー銀行カードローン 2.5%~13.8% 10万円~800万円
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 10万円〜800万円
セブン銀行カードローン 14.0%~15.0% 10万円〜100万円
消費者金融 プロミス 4.5%~17.8% 1万円~500万円
アコム 3.0%~18.0% 1万円~800万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% 1万円~800万円
レイクALSA 4.5%~18.0% 1万円~500万円
J.Score(ジャイスコア) 0.8%~15.0% 10万円~1,000万円
アイフル 3.0%~18.0% 最大800万円

カードローンで50万円借りると返済額と利息はいくら?

カードローンで50万円借りると利息がいくらになるのか比較しました。

シミュレーションするにあたって、毎月の返済額は各カードローン所定の最低返済額を支払っていくと仮定します。

金利については、借入限度額100万円以下の場合、基本的に上限金利が適用されるので、各カードローンの最高金利を基に支払利息の総額を計算しました。

カードローンで50万円借りると利息はいくら?
カードローン 金利(年率) 最低返済額 返済回数 利息総額
消費者金融 プロミス 17.8% 1万3,000円 58回 24万6,160円
アコム 18.0% 1万5,000円 47回 19万8,327円
アイフル 18.0% 1万3,000円 58回 25万1,057円
SMBCモビット 18.0% 1万3,000円 58回 25万1,057円
銀行 三井住友銀行カードローン 14.5% 1万円 78回 27万1,542円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 14.6% 1万円 78回 27万5,050円
みずほ銀行カードローン 14.0% 1万円 76回 25万4,720円
楽天銀行カードローン「スーパーローン」 14.5% 1万円 78回 27万1,542円
オリックス銀行カードローン 17.8% 1万1,000円(*1) 77回 33万7,845円
auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」
※通常金利
17.5% 1万1,000円(*2) 76回 32万6,054円
住信SBIネット銀行カードローン 14.79% 1万円(*3) 79回 28万1,814円
PayPay銀行カードローン 18.0% 1万1,000円(*4) 77回 34万5,991円
イオン銀行カードローン 13.8% 1万円 75回 24万8,277円

(*1)オリックス銀行カードローンは返済回数が80回を超えたため最低返済額1万円→1万1,000円に変更
(*2)auじぶん銀行カードローンは返済回数が80回を超えたため最低返済額1万円→1万1,000円に変更
(*3)住信SBIネット銀行カードローンは返済回数が80回を超えたため最低返済額8,000円→1万円に変更
(*4)PayPay銀行カードローンは返済回数が80回を超えたため返済額1万円→1万1,000円に変更

■利息総額が少ないTOP5

  1. 楽天銀行カードローン スーパーローン:9万7,055円
  2. アコム:19万8,327円
  3. プロミス:24万6,160円
  4. イオン銀行カードローン:24万8,277円
  5. アイフル:25万1,057円

■利息総額が多いTOP5

  1. PayPay銀行カードローン:34万5,991円
  2. オリックス銀行カードローン:33万7,845円
  3. auじぶん銀行カードローン じぶんローン:32万6,054円
  4. 住信SBIネット銀行カードローン:28万1,814円
  5. 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」:27万5,050円

銀行カードローンは、毎月支払う最低返済額の設定が小さいため、結果として返済期間が長期化し、利息の支払い総額が消費者金融を上回ります。

50万円をすぐに完済することは難しいかもしれませんが、だからといって5年(60回)も6年(72回)もかけて返済するなら、利息総額が高額になるのは当然のことです。

カードローンで借金がなかなか減らないといわれる多くの理由は、毎月支払っている返済額が少ないからです。いくら金利が低くても、借りている期間が長ければそのぶん利息は膨らみます。

銀行カードローンのメリット(金利)を活かすためにも、返済プランをしっかり立てることが重要です。

返済が進まないのは毎月の返済額が少ないから

カードローンの返済方法は主に「残高スライドリボルビング返済方式」です。

「残高スライドリボルビング返済方式」は借入金額(残高)に応じて、最低返済額が変動(スライド)するというその特性上、借金が減りにくいシステムになっています。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックを例に見てみましょう。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイックの返済額
借入残高 返済額
利率 年15%未満 利率 年15%以上
利率 年8.1%以下 利率 年8.1%超
10万円以下 1,000円 2,000円 3,000円
10万円超20万円以下 2,000円 4,000円 6,000円
20万円超30万円以下 3,000円 6,000円 9,000円
30万円超40万円以下 4,000円 8,000円 1万2,000円
40万円超 借入残高が10万円増すごとに
1,000円を追加 2,000円を追加 3,000円を追加

残高スライドリボルビング返済方式は、このように残高が減るにつれて最小返済額も少なくなります。そのため、ちゃんと返済しているにもかかわらず実際にはあまり借金が減っていないということになります。

例えば借入金額10万円、金利14.6%、返済額2,000円という条件で返済を行うと利息総額は以下のようになります。

利息シミュレーション
借入残高 金利(年率) 返済額 返済回数 利息総額 返済総額
10万円 14.6% 2,000円 78回 5万4,963円 15万4,963円
10万円 18.0% 3,000円 47回 3万9,639円 13万9,639円

※シミュレーターツールを使用していますが実際の金額とは異なる場合もあります

残高10万円を毎月2,000円ずつ返済していくと、完済まで6年以上もかかります。

10万円の返済に、そこまで期間をかける方はあまりいないかと思いますが、最小返済額だけ支払っていても借金が減らないという一例です。

シミュレーションした結果、1回目で支払った返済額2,000円の内訳は、元金792円・利息1,208円となります。

借金の返済に充てられる元金は、21回目(約1年9ヵ月)にしてようやく利息の割合を超えることになります。

上記を見ても分かる通り、毎月の返済額に1,000円追加するだけで利息の支払総額は大幅に減らせます。

最低返済額は毎月必ず支払わないといけない最少の返済額です。カードローンの返済は、最低返済額以上であればいくらでも自由に決めることができるのです。

毎月の返済に加え、随時返済(追加返済または任意返済)を行えば、その返済額はすべて元本に充てられるので完済までの期間が短くなり利息を節約することができます。また、最低返済額を支払いつつ、ボーナスや臨時収入が入ったときに残りの分を一括返済(全額返済)するというような返済方法も可能です。

50万円の利息シミュレーション

50万円なんてすぐに返せない、返済に回せるお金が限られている、という方もいらっしゃるでしょう。

毎月いくらの金額を返済すればどのくらいの利息総額になるのか一覧表にまとめました。

返済額別カードローンの利息
カードローン 金利 返済額
3万円 4万円 5万円
利息 回数 利息 回数 利息 回数
イオン銀行カードローン 13.8% 5万8,928円 19回 4万2,947円 14回 3万4,269円 11回
みずほ銀行カードローン 14.0% 5万9,272円 19回 4万3,637円 14回 3万4,806円 11回
楽天銀行カードローン「スーパーローン」 14.5% 6万1,719円 19回 4万5,370円 14回 3万6,152円 11回
三井住友銀行カードローン 14.5% 6万1,719円 19回 4万5,370円 14回 3万6,152円 11回
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 14.6% 6万2,210円 19回 4万5,719円 14回 3万6,424円 11回
住信SBIネット銀行カードローン 14.79% 6万3,150円 19回 4万6,380円 14回 3万6,940円 11回
auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」
※通常金利
17.5% 7万7,037円 20回 5万6,032円 14回 4万4,403円 11回
オリックス銀行カードローン 17.8% 7万8,635円 20回 5万7,125円 14回 4万5,245円 11回
PayPay銀行カードローン 18.0% 7万9,706円 20回 5万7,856円 14回 4万5,806円 11回
プロミス 17.8% 7万8,635円 20回 5万7,125円 14回 4万5,245円 11回
アコム 18.0% 7万9,706円 20回 5万7,856円 14回 4万5,806円 11回
アイフル 18.0% 7万9,706円 20回 5万7,856円 14回 4万5,806円 11回
SMBCモビット 18.0% 7万9,706円 20回 5万7,856円 14回 4万5,806円 11回

毎月の返済額や返済回数(期間)を同じ条件にして比較しました。ご覧のとおり、金利が低いカードローンほど利息総額は小さいです。毎月の返済が最低額のみだったケースと比べて銀行カードローンのほうが利息総額がお得になりました。

参考カードローンの金利と利息の計算方法!返済総額を減らす裏技

ただし、これだけで判断するべきではありません。ここからさらに利息を減らせる方法をご紹介します。

無利息カードローンで50万円を借りる

消費者金融などの高金利カードローンでお金を借りると利息の負担が大きいように感じますが、「無利息サービス」を活用することで、銀行カードローンよりも利息総額を節約することができます。

「無利息サービス」とは、一定期間の利息が無料になるというもので、無利息が適用される期間内に完済すれば利息は0円です。

無利息カードローン一覧
カードローン 無利息期間 適用条件
消費者金融 レイクALSA <Web申込み限定>
Webで申込むと60日間特典あり
・初めてなら初回契約翌日から特典あり
・特典期間経過後は通常金利適用
・30日間特典、180日間特典と併用不可
・Webで申込いただき、ご契約額が1万円〜200万円の方
・ご契約額が200万超の方は30日特典のみになります
・Web以外で申込された方は60日間特典を選べません
お借入れ額5万円まで180日間特典あり ・初めてなら初回契約翌日から特典あり
・契約額1万円〜200万円まで
・特典期間経過後は通常金利適用
・30日間特典、60日間特典と併用不可
・ご契約額が200万超の方は30日特典のみになります
プロミス 初回出金日の翌日から30日間 ・はじめてご利用の方
・メールアドレス登録
・Web明細利用
アコム 契約日の翌日から30日間 ・はじめてご利用の方
アイフル 契約日の翌日から30日間 ・はじめてご利用の方
ノーローン 初回借入日の翌日から7日間 ・特になし(※完済日の翌月以降も適用)
銀行 PayPay銀行カードローン 初回借入日から30日間 ・はじめてご利用の方

無利息サービスの活用で一定期間金利0円

無利息サービスには適用期間が定められていましたね。

「30日間以内に50万円は完済できない」
「無利息が30日しかないなら金利条件がいい方を選ぶ」

このようなご意見は至極当然です。そこで、無利息サービスを活用した場合、利息をどのくらい抑えることができるのか検証しました。

比較対象として、無利息サービスがない「三井住友銀行カードローン」に登場してもらいましょう。

■条件
借入額:50万円
金利:各カードローンの上限金利

無利息カードローンで利息がどのくらいお得になるかシミュレーション
カードローン 金利(年率) 無利息期間 利息総額
1回 6回 12回 24回
三井住友銀行カードローン 14.5% なし 5,958円 2万1,354円 4万128円 7万8,982円
プロミス 17.8% 30日間 0円 1万8,375円 4万392円 8万6,679円
アコム 18.0% 30日間 0円 1万8,402円 4万452円 8万6,831円
アイフル 18.0% 30日間 0円 1万8,402円 4万452円 8万6,831円
PayPay銀行カードローン 18.0% 30日間 0円 1万8,402円 4万452円 8万6,831円

※シミュレーションの結果と実際の利息額が異なる場合がございます

三井住友銀行カードローンと比較すると分かりますが、借入期間が約11ヵ月以内であれば、無利息サービス付きのカードローンのほうが支払利息は少ないです。

ただし、返済方法の違いなどによって利息総額が異なる場合があります。

例えばアコムやアイフルで返済サイクルを「35日」とした場合などです。上記表の利息額はあくまで目安であることをご理解ください。

参考無利息カードローンおすすめ4選!無利息期間ありで金利0円

即日カードローンで今すぐ50万円を借りたい

とにかく急いでお金を借りたいという方は審査の回答が早く、融資スピードに優れた以下のカードローンがおすすめです。

即日カードローン一覧
消費者金融 審査時間 即日融資
アイフル 最短25分 最短25分
アコム 最短30分 最短30分
プロミス 最短30分 最短30分
SMBCモビット 10秒簡易審査 最短即日
レイクALSA(レイクアルサ) 最短15秒 Webで最短60分融資も可能
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、
当日中にお振込が可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
J.Score(ジェイスコア) 仮審査最短30秒 最短即日

※申し込みの曜日や時間帯によっては、翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

参考即日融資カードローンおすすめ6選!最短当日に借りる

公式サイトに「口座不要でお申込みが可能」と表記されていても、実際は口座開設の同時申込みが必要なところがあります。

以下の銀行カードローンは、申込先の金融機関の口座を持っていないと申し込みすることができませんが、口座をお持ちの方なら借入れまで比較的早いです。

  • みずほ銀行カードローン
  • 住信SBIネット銀行カードローン
  • PayPay銀行カードローン

(PayPay銀行カードローンは初回の借入に限り、他金融機関への振込が可能)

住信SBIネット銀行カードローンとPayPay銀行カードローンは、キャッシュカードにローン機能が付帯する形となるのでカードは発行されません。

auじぶん銀行カードローン「じぶんローン」は、口座開設不要で申込みが可能です。

自動契約機で即日カード発行

「最短でお金を借りたい」「ネット銀行の口座は持っていません」という方は、審査に通過した後に、カードローン専用のローンカードを自動契約機で発行・受取りすることにより、土日祝日含め夜21時までの借入れが可能です。

ローンカードを直接自分で受取りするので、郵送物としてカードが自宅に送られてくる心配もありません。

自動契約機があるカードローンの一覧は以下のとおりです。

自動契約機のあるカードローン一覧
消費者金融カードローン 自動契約機の種類
プロミス プロミス自動契約機
三井住友銀行ローン契約機(ACM)
アコム 自動契約機(むじんくん)
アイフル 無人契約ルーム(無人契約でんわBOX「てまいらず」)
SMBCモビット 三井住友銀行のローン契約機
レイクALSA 新生銀行カードローンの自動契約機

※店舗により営業時間が異なります。

■カードローンの一般的な申し込みの流れ

  1. Web(パソコン・スマートフォン)から申し込み
  2. 本人情報の入力
  3. 審査結果の連絡
  4. カード受取方法を「自動契約機」に指定
  5. 自動契約機にて契約&カード発行
  6. ATMでキャッシング

自動契約機でカードを受け取る際には、契約手続きも同時に行うので、運転免許証などの本人確認書類を忘れずに持っていきましょうね。

カードを受取ったら、店舗内のATMや最寄りのコンビニATMですぐに現金の引き出しが可能です。

50万円を借りられるカードローン

50万円を借りたい人向けのおすすめカードローンをご紹介します。

(※当社調べ)

50万を借りる1位:楽天銀行カードローン「スーパーローン」

50万円のお金を借りるなら楽天銀行カードローン「スーパーローン」がおすすめです。

50万円のまとまった資金なら、大手で有名な楽天銀行カードローン「スーパーローン」で決まり!

楽天銀行カードローン「スーパーローン」
公式サイトを見る
楽天銀行スーパーローンの商品内容
金利 年1.9%〜14.5%
借入限度額 最大800万円
審査時間 最短翌日
即日融資 最短翌日

50万を借りる2位:みずほ銀行カードローン

50万円のお金を借りるならみずほ銀行カードローンがおすすめです。

50万円のまとまった資金なら、大手で有名なみずほ銀行カードローンで決まり!

みずほ銀行カードローン
公式サイトを見る
みずほ銀行カードローンの商品内容
金利 年2.0%~14.0%
借入限度額 最大800万円
審査時間 翌営業日
即日融資
※ご利用は計画的に。

50万を借りる3位:J.Score(ジェイスコア)

50万円のお金を借りるならJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングがおすすめです。

50万円のまとまった資金なら、大手で有名なJ.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディングで決まり!

J.Score
公式サイトを見る
J.ScoreのAIスコア・レンディング
金利 年0.8%〜15.0%
借入限度額 最大1,000万円
審査時間 仮審査最短30秒
即日融資 最短即日
※貸付利率(年率)0.8%は、みずほ銀行、ソフトバンクまたはワイモバイル、およびYahoo! JAPANと情報連携をおこない、かつ一定の条件を満たす場合に限り適用いたします。

50万を借りる4位:プロミスのカードローン

50万円のお金を借りるならプロミスのカードローンがおすすめです。

50万円のまとまった資金なら、大手で有名なプロミスのカードローンで決まり!

プロミス
公式サイトを見る
プロミスのカードローン商品内容
金利 4.5%〜17.8%(実質年率)
借入限度額 最大500万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短1時間

50万を借りる5位:アコムのカードローン

50万円のお金を借りるならアコムのカードローンがおすすめです。

50万円のまとまった資金なら、大手で有名なアコムのカードローンで決まり!

アコム
公式サイトを見る
アコムのカードローン商品内容
金利 3.0%〜18.0%(実質年率)
借入限度額 最大800万円
審査時間 最短30分
即日融資 最短30分

50万を借りる6位:SMBCモビットのカードローン

50万円のお金を借りるならSMBCモビットのカードローンがおすすめです。

50万円のまとまった資金なら、大手で有名なSMBCモビットのカードローンで決まり!

smbcモビット
公式サイトを見る
SMBCモビットのカードローン商品内容
金利 3.0%〜18.0%(実質年率)
借入限度額 最大800万円
審査時間 10秒簡易審査
即日融資 最短即日
※申し込みの曜日や時間帯によっては翌日以降の取り扱いとなる場合があります。

50万を借りる7位:レイクALSAのカードローン

50万円のお金を借りるならレイクALSAのカードローンがおすすめです。

50万円のまとまった資金なら、大手で有名なレイクALSAのカードローンで決まり!

レイクALSA
公式サイトを見る
レイクALSAのカードローン商品内容
金利 4.5%〜18.0%(実質年率)
借入限度額 最大500万円
審査時間 最短15秒
即日融資 Webで最短60分融資も可能 ※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で当日中にお振込が可能です。一部金融機関およびメンテナンス時間等を除きます。
※初めてご利用のお客さまへの当日ご融資は8時〜22時(毎月第3日曜日は8時〜19時)となっております。ご融資時間は一部店舗によって異なります。年末年始を除きます。
<みずほ銀行カードローンについて> ※みずほ銀行の住宅ローンご利用で、みずほ銀行カードローンの金利が年0.5%引き下がります。引き下げ適用後の金利は年1.5%〜13.5%。<auじぶん銀行カードローンについて> 記載されている金利は通常お申込みでの借入利率です。通常:1.48%~17.5%、カードローンau限定割 誰でもコース:1.38%~17.4%、カードローンau限定割 借り換えコース:0.98%~12.5%※誰でもコース及び借り換えコースはau IDをお持ちの方が対象です。<SMBCモビットについて>申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。<レイクALSAの貸付条件について> 1.融資限度額:1万円~500万円 2.貸付利率:4.5%~18.0% 3.申込資格:「年齢が満20歳以上70歳以下」「国内に居住する方」「ご自分のメールアドレスをお持ちの方」「日本の永住権を取得されている方」 4.遅延損害金(年率で小数点1位まで記入):20.0% 5.返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング 6.返済回数・返済期間:最長5年、最大60回 7.必要書類:運転免許証※収入証明(契約額に応じて、新生銀行フィナンシャルが必要とする場合) 8.担保・保証人の有無:不要 9.商号並びに関東財務局番号:商号:新生フィナンシャル株式会社・貸金業登録番号:関東財務局長(10) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号 10.アルバイト・パート・派遣の方でも、一定の収入がある場合申込み可能。<ランキングについて>カードローンその他サービスに関するランキングの記事については、当サイト経由でのお申込件数などを基に知っ得!カードローン編集部がまとめ記事を作成しています。
  • あなたへの特別オファー

    \プロミスなら成約率40.7%*/

    はじめての人は30日間無利息0円

    *SMBCコンシューマーファイナンス月次営業指標「2022年3月期」より

目的別記事一覧